患者さまからのお手紙

掲載お手紙数999通  毎週金曜日更新
1000通を超えたため新しいページに移動しました。

2018年6月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月21日

治療を始めてから1年以内で、幸いにも第2子をもうけることができました。第1子の育休中にも、兄弟が欲しいと願っていました。復職して40歳になり、焦りから、ヨガ、サプリメント、お茶などネットにある妊活に関する民間療法をいろいろ試してみましたが、当然自然妊娠には至りませんでした。今思えば、そのような情報は、総じて、不妊治療するよりも、費用、時間がかからず、誰でも自然に妊娠できると真偽不明の体験談が紹介されていました。
民間療法には、ポジティブなメッセージ、不妊治療には、ネガティブなメッセージが記載されていることが多いように思いました。そのため、よく知りもしないのに、クリニックへの敷居を高くしてしまい、それほど安価ではない妊活をして無意味な時間を過ごしてしまっていました。主人の海外での単身赴任が決まり、自然妊娠が不可能\な状況になり、それでも第2子を諦められなかったので、クリニックでの治療を始めることにしました。実家が春日井で、育休中にテレビで紹介され、その時なぜかスマホのブックマークにしていたので、治療するなら浅田さんにしようと決めました。
時短で働いており、保育園のお迎え後、子連れで高速を飛ばし、遅い時間帯でしたが、仕事をそれほど休まずに、通院できました。AMHの値は良くありませんでしたが、赤ちゃんになる卵がひとつでもあれば良いと考えていたので、あまり気にしませんでした。初めは、適切な治療を受けさえすれば、まもなく妊娠できるだろうと甘く考えていたので、判定日には、予\想以上に落ち込むこともありました。何年も治療し、この落ち込みを何度も経験することを、私は耐えられるだろうかと思いました。幸い3回目の移植で、着床し、その後妊娠中のトラブルもなく、42歳、正期産で無事に出産しました。
治療費は確かにかかりましたが、県、市、会社の補助金を申\請し、随分軽減できました。不妊治療しなかったら、出会わなかったであろう家族を迎え、ずっと足りなかったピースをやっと得ることができ、心から私は、幸せ者だと思います。本当にありがとうございました。

レター

2018年5月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月21日

私は結婚前から多嚢胞性卵巣症候群であることが分かっていたので、不妊治療が必須でした。他院で腹腔鏡手術を受けたり、タイミング、人工授精と治療してきましたが化学流産があったぐらいで子供を授かることはできませんでした。そこで、家から近くてとても有名な浅田レディースクリニックの門をたたきました。まだ20代だったのと、多嚢胞性卵巣症候群以外に原因が見つからなかったので体外授精は視野に入れていませんでした。しかしこちらでもなかなか授かることはなかったため、いよいよ体外受精を検討してはどうかと提案がありとても悩みました。
年齢的にも、精神的にも、そして経済的にもとても悩みました。恥ずかしながら金銭的に全く余裕がなかったので、多嚢胞性卵巣症候群でたくさん卵子が取れてしまう私は浅田さんの料金はさすがに払えないと思い、他院での体外受精を行いました。しかし結果は出ず。取れた受精卵はとても少なく、とても移植できるグレードではありませんでした。そして化学流産。そこから気持ちを取り戻すのに1年かかりました。そしてまた色々な病院の説明会に参加し、夫婦でたくさん考えて、今度はきちんと納得した上でやはり最後は浅田さんでやってみようということになり、また戻ってまいりました。
そこからは怒涛の日々でしたが、無事に2回目の移植で陽性判定を頂き、この度無事に元気な息子を出産することができました。再初診から、4ヶ月での卒業となりました。前病院では散々だった受精卵は、浅田さんではとても沢山、そしてかなり良いグレードのものがたくさんできました。ここまで病院によって違うのかと本当に驚きました。採卵もあっという間ですし採卵後のOHSSもなく、移植もあっという間でした。こんな事なら初めから浅田さんで体外受精をすれば、もう一年早く子供を授かることができたのかもしれないなと思ったこともありましたが、やはり他と比べて納得して、信頼してお任せできたので遠回りでしたが私達にはこれが最善だったのかなと思います。
正直、金銭的にはとても大変でした。結果が出るまではこれでダメだったらどうしようかと本当に苦しかったです。けれど息子が産まれて、こんなにも幸せな毎日を過ごさせてもらえるなんて...払う価値は十分すぎるくらいありました。幸せな日々への投資だったと思ったら、また頑張る活力になります。結婚して四年半、治療期間は3年弱でしたが、同じ時期に結婚した友人、親戚などが次々に妊娠出産したり、心無い言葉をかけられたり結果が出ないのに目減りしていく貯金など...本当に出口の見えないトンネルで毎日毎日苦しかったです。不妊治療は頑張れば結果が出るものではないし、たった1ヶ月の中でも気持ちの上がり下がりが本当にすごくて自分を保つのも精一杯でした。大袈裟かもしれませんが。ただこの辛かった毎日も、息子に会うためにあったのだと思うと今は大切な思い出に変わりました。辛かったけれど、病院で沢山の頑張っている方たちを見て自分も頑張ろうと思えたし看護師さんも、先生方も的確にお話をしてくださるので迷う事なく進めました。そして、一緒に乗り越えてくれた主人とはまたとても固い絆で繋がれたと感じております。
まだ沢山凍結している受精卵があるので、第二子...と考えたりしますが正直、やっと抜け出せた辛い治療の日々に戻るのが怖くて踏み出せずにいます。ただやはり子供は本当に愛おしい存在ですね。もう一人、二人...頑張りたいなと思ってしまいます。治療中は他人のお子さんを見るのが本当に辛かったですが今は全く違う気持ちでいられます。こんな幸せな日々を送る手助けをしてくださった浅田先生をはじめ浅田レディースクリニックのみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございました。
幸せ配達人...まさにその通りだと思います。赤ちゃんが産まれたことで私達夫婦はもちろん、両親、祖父母、兄弟にまで幸せが届きました。悩んでいる方みんなに可愛いお子さんが授かりますように。また第二子を。。と決意が固まりましたら、よろしくお願いいたします。

レター

2018年4月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月21日

私の場合、幸運なことに2015年に第1子を、2018年に第2子を授かりました。しかも第1子は体外授精(顕微授精)1回目、第2子は凍結胚移植からで1回目で見事に妊娠に至りました。これ以上ない程に感謝していますし、こちらに転院して良かったと本当に思います。
以前はクリニックや大学病院で治療していましたが、結果が出ずになんとなく3年以上経過してしまいました。無知からのスタートと言うこともあり、のんびりと治療を進めていたせいもありますが、タイミング法で半年、人工授精を9回しました。大学病院では担当医が変わる度に同じ話しをしたり、見解が統一していなかったり、新人医師が担当になり頼りなく感じたりしていました。時間が経つにつれ焦りが生じるもののステップアップにも踏み切れず、治療のストレスともどかしさばかり募っていきました。主人の転勤・引越しのタイミングで新たな気持ちで治療を開始しようと、まず病院選びから始めました。友人の産婦人科医に相談したところ、東海地区で唯一信用出来る医師を知っているとのことで浅田レディースクリニックを教えてもらい、さっそく通院を決めました。
高齢出産に当たる私は、説明会での院長のお話の中でも特に、妊娠<出産<育児の順に大変なのだということ、医療は進歩しても人間の体は100年前とほとんど変わらないのだという事、あまり他院では聞かされなかった技師の技術の重要性について、が心に響きました。言われてみれば当たり前な事ですが、不妊治療に囚われてばかりでその先の出産育児の事など考えもしませんでしたし、その他にも不妊治療の実情現状をハッキリとした表現で説明していただき、不妊治療は結果が全てです、と言い切ってらっしゃいました。これらのお話を聞いて、とても信頼できると感じました。それ以降、治療の進め方や内容は安心して任せて治療を進めていくことができました。
現在3歳の娘ともうすぐ6カ月の息子を授かり充実した毎日を過ごしているのも、当浅田院長はじめ浅田レディースクリニックの皆さんのおかげです。私達夫婦にかけがえのない宝物を2度も授けて頂き、心から感謝します。

レター

2017年11月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月14日

結婚してから5年。子供はとちらでもいいかな?とのんびりしていた私ですが、今思えば不妊治療を始めたら不妊の原因が実は自分であり、自分にバツがついてしまうのが嫌だったのかもしれません。けれども35歳になり、40歳までにやり残したことはないかと考えた時に頭をよぎったのは子供のこと。注射大嫌いな私にとって、痛いことだらけの不妊治療を始めるのは本当に勇気のいる決断でした。しかし説明会で先生のお話を聞いて、「この人を信じてついていこう」と思い、治療を始めました。正直言って、早口の先生のお話はめちゃくちゃ集中していないと、え??何の話だっけ?となってしまうので、ついていくのが精一杯で、自分の思考は停止していたように思いますが、、、。こうして怖がりな私の治療がスタートしました。採血、注射のたびに、高島屋でパンを買って帰りました。私のモチベーションは、高島屋のパンでした。採血の時は、毎回横にならせていただきました。看護師さんは、毎回すごく優しくしてくださいました。自己注射も当然出来るわけもなく、2週間毎日通院して、注射していただきました。※その節は本当にありがとうございました。※通院中は一喜一憂しないこと。とにかく、無。をモットーに、長い待ち時間は語学検定の勉強をして過ごしました。
性格的に時間があると物事をマイナスに考えてしまうので、とにかくこれが終わったら、次はこれとやることを決め、ネガティブなことを考える時間がないように忙しく過ごしていました。何度も移植して、ダメで、、、。(回数を数えることもしないようにしていたので、何度移植したのかわかりません。。。)ダメだった時は、もともとダメだったんだよ。と落ち込まないように、ケセラセラ、、と考えました。妊娠判定を頂いてからも、継続してたらラッキーくらいに考えて過ごしてました。つわりも始まり通院も大変だったのですが、待合室のの椅子に妊娠菌をなすりつけるつもりでいろんな椅子に座り、一緒に頑張っているみんなにこの菌が移りますようにと、、、謎の行動をしていました。(この話は、非科学的なので浅田先生に怒られそうですが、、、。)今思うのは、原因が自分だとわかるのが嫌だったという理由や痛いのが嫌だという理由で貴重な時間を無駄にしていたなということです。早ければ早いほどいい。迷っている暇があれば、まずは説明会の予約をして先生のお話を聞くことをお勧めします。目が覚めますヨ。痛がりで、ネガティブで、泣き虫で、ヘタレな私ができたんだから、きっとこれを読んでいるあなたもできるはずです。

レター

2018年5月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月14日

体外(顕微)受精を3年半続けてきました。出産できた今でも思い返すととても辛い思い出です。私のように治療が長年に渡り苦しむ人が一人でも減ることを願っています。浅田レディースクリニックに転院するまでは10回近い採卵と移植そして流産を繰り返し心身ともに限界を感じていました。正直もう諦めているような気持ちで通院を始めました。ですが採卵後の診察で院長に「今までたくさん採卵をしてきたようだけど、今回が人生で最後の採卵になると思うよ。一人目だけじゃなく二人目だっていけると思うよ」と言ってもらい、それ以降この言葉を信じ、励みに、うまくいくんじゃないかという気持ちで通院を頑張ることができました。
そして初診からわずか1年で卒業、たった1回の採卵と2回の移植でした。今までの治療は何だったんだろう・・と、転院してきて本当に良かったと思いました。また、凍結卵も残っており、二人目の治療を始めたいときには移植からスタートできるなんて採卵を繰り返していたころからすると夢のようです。しばらく治療をしていても結果が出ないときには転院することをお勧めします。時間がもったいないないです。転院すれば結果が出るとは限りませんが、自分に合った病院を見つけること、技術のある病院に通うことが近道だと経験して思いました。特に私のように多嚢胞でAMHが高い人は高刺激をしっかり行って採卵出来る技術のある病院を選ぶことが大事だったように感じます。治療は本当にキリがなく、やめどきも分からず、苦しいことばかりです。頑張っても頑張っても結果はついてきません。ですが、もしかすると次の採卵で、次の移植でもしくは流産してしまってもこの次で我が子に会えるかもしれない・・私は流産が2回続き治療をあきらめようと決めたこともありましたがもしそのまま本当にやめていたら娘には会えませんでした。どうか諦めず過ごしてください。そしてありきたりですが頑張り過ぎず病院を信じてついていってください。追記こちらに書くべきではないのですが・・本当にお世話になりました。感謝しかありません。現在引っ越して東京に住んでおりますので、次は品川院にてお世話になりたいと思っています。本当にありがとうございました。

レター

2018年5月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月 7日

結婚してから6年目で授かった我が子は、本当に愛おしいです。浅田レディースクリニックには2年ほど通いました。人工授精では結果が得られませんでしたが、体外受精で一回目にすぐ妊娠判定が出て、順調に成長し、無事出産することができました。息子は現在4ヶ月で、非常に元気です。病気や障害もなく、すくすく育っています。
不妊治療を受けたのは、浅田レディースクリニックさんが初めてでした。主人の知り合いの方が、浅田LCに通いお子さんを授かったということを知り、また、不妊治療において有名なクリニックであることが分かったので、通うことに決めました。一般的に不妊治療は、精神的にも身体的にも辛いイメージですが、実際に浅田LCに通ってみると、診察の待ち時間がなかなか長いということ以外は、全く苦痛ではありませんでした。結果が出なかったときは、残念な気持ちになりましたが、治療自体は、苦痛を伴うものではなかったです。
妊娠判定が出て出産するまでは、何か障害をもっていないだろうか、無事に成長してくれるだろうかと不安な気持ちもありました。けれど、人はみんな、いつ何時、どんな病気にかかるか、あるいは発症するのかわかりません。今、健康な方でも、発症した病気によっては、どんな障害を負うのかはわかりません。だから、たとえ何らかの障害があったとしても、私たち夫婦を選んでくれたのだから私はこの子を産みたいと思って、出産までは過ごしました。今、息子は寝返りをうったり、たくさん声を発して、かわいい表情やしぐさを日々見せてくれています。自然に授かった子と何ら変わりません。私は、浅田LCに通って本当によかったと思っています。私たち夫婦の場合、通わらなければ、絶対に授かることはありませんでした。医学の進歩に感謝しています。とはいえ、妊娠に関して、女性の年齢が大きくかかわっていることは確かです。迷われている方は、本当にお子さんがほしいと思うのならば、少しでも早く治療に臨まれますようにと思います。これから治療を始められる方、現在治療をされている方は、不安なこともあるかと思いますが、先生方を信じて、お任せして、ご自分が納得できるよう治療を受けられますようにと思います。

レター

2017年5月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月 7日

長女に続いて次女・三女(双子)も授けて頂き、本当にありがとうございました。浅田LCは、上に子供がいる場合は原則1つずつ胚移植するという方針でしたがいつも胚のグレードが悪く、早く結果を出したい私は、長女の治療中と同じ様に2つずつ移植して頂くようにお願いしました。
長女の治療時から約2年。37歳での治療再開は、採卵前の注射の反応が以前より悪くなりました。卵があまり採れなくなり、卵巣機能の低下を指摘され、35歳過ぎると妊娠し辛くなる事を身をもって感じる事となりました。結局次は採卵方法を変えて、3個出来た受精卵のうち2つを移植。それがまさかの2つとも着床。双子を妊娠していると聞いた時は人生最大のサプライズでした。双子はかわいいけど大変そう。これぐらいの知識しかなかった私は一から勉強し、双子の妊娠・出産は大変なだけではなく、とてもリスクが高いと知り、安易な気持ちで2つ移植をお願いしていたことを反省しました。しかし後悔はありませんでした。双子妊娠は私の場合つわりも倍増、生むまで本当に色々な不快症状に悩まされましたが、幸い管理入院もなく、2人とも無事に、しかも大きく生まれてくれて一緒に退院する事が出来ました。
今は1歳3か月に成長し、2人でよちよち歩く姿は本当にかわいいです。3歳8か月の長女も可愛がってくれています。もし治療を迷っている方、すぐにでも開始した方がいいです。そして患者一人一人の状況に合わせて治療プランを作ってくれる浅田LCはとても信頼出来ます。私は浅田LCに出会えて人生が変わりました。かわいい我が子3人と出会えたんですから。治療中は終わりが見えず、落ち込む事もあると思います。ご自分の納得するまでやってみて下さい。あなたにも、素敵な人生が訪れますように、お祈りしております。

レター

2018年4月に出産された患者さまから

掲載日:2020年1月31日

私は違うクリニックで人工授精を10回行い妊娠に至らなかったため、ステップアップをする際友人から勧められ浅田レディースクリニックに通うことに決めました。 自宅からクリニックまでは車で二時間近くでしたが、早く子供を授かりたいと思い浅田レディースクリニックを選択したことに後悔はありませんでした。 
治療方針を決める際、早く子供が欲しい、人工授精はもう自分が納得するまでやったから体外受精に進みたいと話し、最短で妊娠出来るよう頑張りましょうと治療が始まりました。 人気のクリニックな為毎回待ち時間はとてもあったし、毎回血液検査もあるし...と思うこともありましたがホルモンの値を見て薬の調節をしたり時期を確認したりする事で闇雲な治療ではない、これは最短で我が子に会える!と安心感がありました。
あとお話することはありませんでしたが、通っている他の方に勝手に仲間意識が芽生えみんながんばろうね!!と思ったりもしていました(笑) 治療結果はすぐ現れ卵がたくさん大きく育ち、採卵も一発で終わり二桁の受精卵を得ることができました。またとても幸いな事に受精卵をおなかに戻した一回目で妊娠することができ、診察室で先生とハイタッチをしたのはとても良い思い出です! 
その後つわりが酷く入院することになり、産むときも緊急帝王切開になったりとハラハラする妊娠生活を経て我が子に会えたあの瞬間、涙がポロポロ溢れなんとも表現しがたい味わった事のない幸福感がそこにはありました。 
今我が子は5ヶ月になる手前、寝返りができるようになり初めて会う方にもニコニコして周りからとても可愛がられています。また、浅田で治療中義父が癌と判明し治療をしていましたがすぐ妊娠することが出来、孫に会える楽しみで義父も治療に前向きに取り組めました。 孫に会えた義父の嬉しそうな顔を見て、なかなか子供に恵まれない辛い時期がありましたが諦めず頑張ってきてよかったと思いました。  
自分が直ぐに結果が出たことや、きちんとした治療を受けている安心感から、同じく不妊で悩んでいる友人にも浅田レディースクリニックを勧め、実際友人も妊娠出産することが出来、子供たちは同級生というとても幸せな結果も得られました。  
通うことを悩んでいる方、きっと通わない選択をした事を後々後悔します。私は後悔をしたくなかった、このクリニックでダメならもう諦めようという気持ちで仕事も退職し治療に専念しました。 お金はなくなれば働けばいい。だけど子供は1日でも早く少しでも若いうちに治療しなければタイムリミットがきます。事前説明会で院長先生の話を聞いて不妊治療への考え方自分の取り組み方が変わって良かったと感じています。 

レター

2018年3月に出産された患者さまから

掲載日:2020年1月31日

2018年3月に、38歳で長女を出産いたしました。他院で不妊治療を行うも進展なく、加齢や今後の育児費用を考慮して「治療はあと2年まで」「その間は手の届く最良の治療を受けたい」と夫婦で決めて、浅田LCに転院しました。
浅田LCのやり方は「どうしてそうなるのか」が明確であったため、夫婦で一々納得しながら治療を受けることができたのがよかったです。期限を決めていたので、結果が出ないときは少し焦る気持ちも出てきましたが、「今できることをしているのだから」と、自己注射すらも人生経験の一つと考え比較的フラットな気持ちで治療に臨み続けるようにしていました。おかしいかもしれませんが、治療を楽しんでもいました。幸いなことに妊娠・出産に至ることができて、浅田LCの皆様に大変感謝しています。
治療中の皆様、妊娠は自分の努力に治療のサポートを受けても、それでも必ず結果につながると限らないので辛いと思いますが、浅田LCに通って、治療に誠実に取り組んでいること自体が、世間から見てかなり不妊治療をがんばっている方に入ると思います。体験記を読んでる時間も、心を整える治療の一つですし、妊娠する・しないだけでなく「長い人生の一部で不妊治療という活動をしている」と考え、疲れすぎて生活まで壊してしまわないように気をつけていただけたらと思います。
なお、受診前説明会にて「不妊治療に日常生活は関係ない」という趣旨の話があります。妊娠だけ見たらその通りだと思いますが、妊娠後に制約が出るもの(特にお酒・タバコ)は少しだけ意識されたほうがいいかもしれません。私は浅田LCに通っている途中で、毎日の習慣だったコーヒーを、たまに飲むくらいに減らしました。おかげで妊娠後にコーヒーを問題なく控えることができましたが、浅田LCを卒業する前からつわりが始まってしまったので、もしコーヒーの習慣があったままだったら、つわりで日常生活すらきつい中で習慣まで変えることになって精神的に辛かっただろうな・・と思うためです。

レター

2018年1月に出産された患者さまから

掲載日:2020年1月31日

私は40歳で結婚し、すぐに妊活を始めました。40代での妊娠の難しさはわかっていましたが、やはり子供を授かりたい気持ちが強く、不妊治療を続けてきました。
44歳まで他の病院で治療していまいしたが、思い切って片道約3時間かかる名古屋の浅田レディース勝川クリニックへ転院しました。最初の説明会で、先生のお話を聞いて勇気をもらい、1年通った結果45歳で授かることができました。ほとんど諦めていたので、本当に奇跡だと思いました。先生方を信じて治療を受けてよかったです。そして、何を聞いても親切に対応してくださり、治療の際も優しくしてくださいました。看護師さんやコーディネーターさんも、とても親切で、説明も丁寧で素敵な方ばかりでした。あの時、最後のチャンスと思い、浅田レディース勝川クリニックで治療をしてよかったです。
現在、6ヶ月になる娘を育てながら、約5年に渡る不妊治療の経験を活かして、不妊に悩む地域の女性にお話する活動をしています。授かった命をこれからも大切に、大切に育てていきます。本当にありがとうございました。
現在治療を受けておられる未来のママへ・・・・
不妊治療は精神的、身体的、金銭的ストレスがあり、時として大変苦しい思いもすると思います。しかし、頼れる先生方、プロフェッショナルな看護師を始めとするスタッフさんが、浅田レディース勝川クリニックにはいます。焦らないで治療を続けてください。いつか、自分にも授かる時が来ると信じてください。
奥様が治療を受けておられるご主人へ・・・・
奥様の体の痛みや不安を全て知ることはできないかもしれません。時には喧嘩もするかもしれません。でも、奥様を支えるご主人も辛い時があることを知っています。それでも、やはりご主人の支えは奥様にとってかけがいのないものです。どうか、静かに奥様を見守り、寄り添ってあげてください。

レター

最初へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴