患者さまからのお手紙

掲載お手紙数884通  毎週金曜日更新

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年9月21日
30歳で結婚し1年間は夫婦の時間をと思い避妊をしていた私たち夫婦は、その後自分達が不妊で悩むなんて思ってもいませんでした。しかし結婚して2年が過ぎた頃もしかして不妊なのかなと思いそこから地元の婦人科に通い始めました。そこでは最低限の検査とタイミング指導をしていただいていたのですが生理不順でないのに、このままタイミングをやっている時間はないと思い、不妊専門病院を調べ口コミで妊娠までの期間が短いこちらにお世話になりたいなと説明会の予約をしました。人気があることはわかっていましたが説明会に参加するまでの2ヶ月。その間も周りからの妊娠報告などがあり、なんで私は...どうして私だけと凹んでいたのですが説明会に参加し浅田先生の自信に満ちあふれたお話を聞き任せてみようと決めました。
その日のうちに初診の予約をし,ドキドキしながら初診に向かった日を今でもはっきりと覚えています。血液検査の結果年齢よりAMHが低く2をきっていた私は確率の低いAIHよりIVFをするべきが悩みましたが、心の準備もかねて2回AIHをお願いしました。確率は低いけれど0ではないから信じようと思い過ごしていたところ2回目のAIHで妊娠、3ヶ月で卒業することができました。AMHが低いから諦めようと思っている方がおみえでしたら、一度浅田レディースの皆さまを信じて通ってみてください。不妊治療は辛いことが多いと思います。しかし結果が出たとき先生方を信じ頑張ってよかったと思えると思います。最後になりましたが浅田先生をはじめスタッフの皆さまありがとうございました。
レター

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年9月14日
私は1年間の自己流妊活の末に30歳で自然妊娠しましたが、残念ながら初期流産してしまいました。その後も1年間妊娠できなかったので、友人の紹介で浅田LCに通い始めました。浅田LCでも人工授精(2回)では妊娠に至りませんでしたが、1回目の体外受精で妊娠し、元気な女の子を出産することができました。不妊の原因によるのでしょうが、やはり体外受精や顕微授精のほうが妊娠出産に至る確率は高いのだなと実感しました。
ですから、自己流妊活を長く続けてこられた末に治療を始められる方、そしてある程度年齢が高い方は、早めに体外受精にステップアップすることをお勧めしたいです。もちろん人工授精に比べて費用は高くなりますし、お薬の副作用も辛かったですが、それだけの価値がありました。最後に、治療中や治療を始める方は、赤ちゃんができないことについて、まわりからのプレッシャーで辛い思いをしたり、自己嫌悪に陥ったすることもあるでしょう。不妊は決して珍しくないし恥ずかしいことでもないのに、私は、何だか落ちこぼれてるような気がすることもありました。同級生から届いた子どもの写真入りの年賀状を破きたくなったり、同僚の妊娠報告に素直におめでとうと言えなかったり、そんな自分が嫌になったり、こんなにひねくれた自分だから赤ちゃんが来てくれないのかと落ち込んだり。治療経験者の友人でもいいし、SNSでもいいし、そういう辛い思いを共有できる相手を見つけて相談したり愚痴を言いあったりすると、少しは気が楽になりますよ。治療は辛いことが多いので、ひとりで鬱々と考えていると、クリニックに行くのも嫌になってしまいます。気晴らし方法を編み出して乗り切ってください。
レター

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年9月14日
夫の転勤で春日井市に来て、たまたま浅田クリニックに出会うことが出来、結婚4年目で待望の赤ちゃんを授かることが出来ました。自分たちで1年間の妊活を経て、私の年齢(当時34歳)のことを考え早めに病院に行くことにしました。不妊治療について無知だったので、事前説明会での話は大変勉強になりました。
検査の結果、私たち夫婦には2人に問題があることがわかり、自然妊娠は無理だということが分かりました。2回ほどタイミング療法を行った後、人工授精にステップアップしました。そして、1回目の人工授精で妊娠しました。検査や薬、注射などいろいろしましたが、我慢できるほどの痛みだったので、全く苦になりませんでした。浅田クリニックに出会っていなければ、まだ赤ちゃんと出会えていなかったんじゃないかと思います。
治療をしようか迷っている方、赤ちゃんが本当に欲しいのであれば、一日でも早く治療をするべきです。私の場合、AMH値が0.65とかなり低く、もう時間がありません。2人目を望んでいるので、娘が1歳を迎えたらまた浅田クリニックにお世話になる予定にしています。このように、検査してみて初めて自分の体の状態がわかり、ショックを受けることもあります。しかし、検査をしたからこそ自分の残された時間が分かるので、怖がらず手遅れになる前に検査をするべきです。卵がなくなってからでは本当の手遅れです。治療をもう十分がんばっているあなたへ早くかわいい赤ちゃんがやってきますように、、、
レター

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月17日
2016年11月に無事元気な男の子を出産することはできました。不妊治療としては浅田LCは2院目でした。前の病院では治療に関して疑問に思う点などもあり、体外授精へのステップアップを迷っていました。そこでいろいろ自分なりに調べ貴院なら信じて体外授精へのステップアップが出来ると思い、通院を決めました。
しかし、仕事をしながらの通院は職場の理解が絶対不可欠で職場の方には突然の休みなどが増える旨を話、理解を得ながら通院することが出来ました。私は有難いことに、周りの協力を得ることができましたが、まだまだ不妊治療での離職が多いのが現実なので、社会が不妊治療にもっと理解を示し、通院しやすい環境になることを望みます。治療中は、他人の妊娠を羨み、真っ黒い自分がすごくイヤになり自己嫌悪に陥ることもありました。しかし貴院を信頼して治療に進み、無事男の子を授かることができました。今、すごく充実した毎日を過ごしています。たった1つ言えることは、治療を始めるのに迷っている時間はすごくもったいないと言うことです。不妊治療は本当に年齢との戦いなので、若いからと治療を足踏みするのではなく、少しでも思うことがあれば、必ず病院に通院した方が良いです。妊娠とは奇跡です。決して当たり前のことではありません。
レター

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月17日
他院で人工授精で第一子を妊娠、出産しました。二人目も人工授精ですぐできると思っていましたが、なかなかできず、体外受精にステップアップするのもお金のこと、仕事のこと、体への負担と色々と考えてしまって時間がかかり、第二子の不妊治療を始めてからすでに3年近く経ってしまっていました。精神的にも辛くなってきて、ストレスからか排卵もなかなかできなくなってきてしまって、不妊治療やめようかと思いましたが、最後の砦と言われたこのクリニックを知り、幸運にも早い時期から通院できるようになりました。採卵では、とてもたくさん卵が取れて胚盤胞まで育つ卵も多く、びっくりしました。他院での採卵では取れた数も少なく、ひとつも育たなかったので、やはり卵を育てるスケジュール管理や採卵、培養技術が素晴らしいものなのだと思いました。
胚移植では、何度か妊娠には至らず、涙した時もありましたが、ドクターが、何かできることはないですかと質問したら、どんどん胚移植していくしかないです、いい卵はいますから!と淡々と次のスケジュールを決めていくので、そのスピード感に流されるようによーし次いこうと気持ちを切り替えることができました。それでもやはり不妊治療の長いトンネルの中、気持ちが折れそうになってフライングすらしなかった胚移植で妊娠しました。ドクターに、妊娠してますよ!と言われた時には、実感が全くありませんでした。でも、嬉しそうに話をするドクターを見て、ようやく私も嬉しくなりました。2年で結果を出しますと院長が言われ藁にもすがる思いでしたが、1年で妊娠できました。第二子も無事に出産でき、頑張ってきて本当によかったと感じています。
レター

2015年7月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月10日
浅田先生、そしてクリニックの皆さま、このたびは大変お世話になりました。毎日忙しく、連絡が遅くなってしまい、申し訳ありません。2人も授けていただき、とても感謝しています。1人目は1度の採卵1度の移植で授かり、2度目は凍結してあった胚盤胞の1度の移植で出産にいたりました。1度の採卵で2人を授かることができるのはなかなかないと聞きましたが、奇跡的に授かり、今こうして2人の子育てをしていると、大変なことも多いですが、幸せだなぁと思います。
妊娠が判明した時や、出産のことを思い出すと、今でも涙がでます。2人目の受診の際、久しぶりにクリニックを訪れたところ、受付の方を始め、浅田先生以外の先生がみんな変わっており、とても不安になりました。が、どなたも親切で通ううちに心穏やかに過ごすことができました。移植当日は、浅田先生と1人目の時の移植でもお世話になった看護師さんがいらっしゃたので、とてもリラックスでき、妊娠できそうだ!と根拠のない自信でいっぱいになりました。初期に出血があって心配したものの、妊娠に至りました。たまに名古屋駅に行き、ビルを見ると、今日もたくさんの方が通院しているかなと思ったりします。1人目の時は仕事をしながらで、通院が大変でした。2人目の時は上の子を育児しながらの治療で大変でした。でも、頑張って通って本当によかったです。不安なことがあったら、どんなことでも皆さんとても親身になってくださいます。治療を迷っている方は先生方やスタッフの皆さんを信じて、ぜひ一歩進んでください。私はこの4月から2人の育休を終えて復職しました。ますます大変ですが、家族みんなで頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
レター

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月10日
36歳で結婚をしてから2年なかなか子宝に恵まれず、まずは検査からと家から近い病院で検査を受けました。主人も私も特に異常もなく年齢のこともありすぐ治療をはじめました。タイミング法ですぐ妊娠しましたが8週目で流産になってしまいました。その後、同じ病院に通うこと3年,、採卵はできるものの移植当日に凍結した受精卵が上手く融解出来なかったとキャンセルになることが多くなり、このまま同じ病院でよいのか?と疑問をもつようになりました。そんな時、浅田先生のことを知り迷わず病院の門をたたきました。
初診受診前説明会では色々不妊治療について色々お話をききましたが、僕のところに来たら2年で妊娠出来るよう頑張ります!と言われたことがとても印象的でした。それだけ治療に対して自信がおありなんだ!と強く伝わってきました。それからコツコツと通い、言葉通り1年4か月で妊娠することができました!!不妊治療を始めて5年.人工受精7回、採卵10回、顕微受精8回、流産1回42歳で妊娠、43歳で無事出産することが出来ました。今、可愛い我が子を抱きながら思うことはただ1つ。『諦めなくてよかった』これに尽きます!!たくさん、沢山泣きました。23年勤めていた仕事も辞めました。痛い、辛い思いも沢山経験しました。身体も心も疲れていました。がどうしても子供ほしいと強い気持ちが夫婦で頑張る力になり、あと1回、あと1回と背中を押してくれました。諦めなくてよかった。と思う瞬間を治療をしている皆様が迎えられるよう心からお祈りしています。
レター

2016年4月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月 3日
28歳で不妊治療を始めました。まだ年齢も大きくないので、体外受精をすれば授かるものだと思っていました。甘かったです・・・。
三河にある不妊治療専門の病院で、採卵を3回(無麻酔)採卵数は1回あたり、15個程度。移植は数えきれないほどしました。すでに年齢は31歳。半ば諦め気味で休憩をしようと思い治療を中断しました。今までの自分の人生、努力は色々惜しみなくしてきたつもりでした。だからきっと諦めなければ努力をすれば何とかなる!と思っていたのです。それがどーにもならなかったときの心の対処の仕方に何度泣いたことか。32歳、これが最後だと思い、浅田レディースクリニックに受診しました。私の気持ちとしては、病院の方針、先生の見立てにすべて従い、自分では何かを考えることを辞めました。与えられた薬等を忘れず時間通りに服薬する、ただそれだけです。病院の設備、先生方のノウハウ、どれをとっても、自分がネットなんかでしか入ってこない情報とは比べ物にならないからすべて病院を信じました。
結果、初めての採卵で初めての移植で授かることができました。この投稿を見られた方の中には、まだ年もそんなに多くないので!と思った方もいるかもしれません。ですが、逆に私は20代で体外受精をスタートしたので、この年齢でダメなら一生ダメなのかもと思っていました。息子は五体満足で、間もなく1歳を迎えます。ハイハイを4か月で始め、8か月から一人で歩いています。(培養士さんが一番優秀な胚盤胞を選んでくれたから?と主人と笑って話してます)闇雲に努力をしても、すべて結果が出るわけではなく、正しい方向を向いて努力しなければいけないんだなぁと思いました。(努力といっても、治療はクリニックにお任せ。私と主人は、ただただ、いろんな治療の選択肢があった際にそれを選べれるように頑張って稼ぐこと!!(笑))本当に、ありがとうございました。
レター

2016年10月に出産された患者様から

掲載日:2018年8月 3日
浅田レディースクリニックの先生方、スタッフの皆様、ご無沙汰しております。昨年39歳で無事女児を出産することができました。その節はお世話になり、ありがとうございました。
私は、2014年、37歳でクリニックに通い始めました。1回の採卵、1回目の移植で一度妊娠しましたが、9週で稽留流産となりました。その後、凍結卵が最後になる6回目の移植で、前核期胚を2個移植し、そのうちの1つの受精卵にて無事妊娠する事ができました。妊娠できた時は、38歳、2016年でした。
貴院は2つ目のクリニックでしたが、まずは採卵刺激の注射によるお腹の痛みが私には全くなかったことが、驚きで大変助かりました。また、採卵時、移植時、流産手術の際も、全て事前説明をきちんとして頂いたので、不安なく治療を進めることが出来ました。浅田クリニックでの治療は、わかりやすく、スムーズで無駄がない治療でした。流産の手術をした後、4回続けての移植で4回とも陰性。途中精神的にめげそうになった時期もありましたが、2年で結果を出すという先生の言葉を信じて治療を続けました。仕事をしながらの通院は大変でしたが、1回の採卵、最後の凍結卵で妊娠する事ができて、本当に良かったです。今娘は5か月になりますが、未だに信じられないくらい毎日が幸せです。貴院で治療をし、こんなにかわいい我が子を授けて頂く事ができ、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。今通われている方も、先の見えない辛い時期があるかとは思いますが、すばらしい先生方やスタッフの方を信じで頑張ってみてください。一日も早く赤ちゃんが授かれますよう、お祈りしております。
レター

2016年9月に出産された患者様から

掲載日:2018年7月28日
約3年ほどの他院での不妊治療を経て、浅田レディースクリニックに転院しました。運が良いことに、自宅から近く、実際に浅田レディースクリニックで子供を授かった知人からを聞くことができたこともあり、転院するならこちらへと考えていました。 ただ、最初の説明会では、院長先生からのお話が思った以上に厳しく、自分の心構えの未熟さを感じたり、仕事との折り合いを付けて治療に専念できるだろうかと、初診の予約をその場で決断できませんでした。ですが、最終的には、その厳しいお言葉は、先生やスタッフのみなさんが真摯に治療に向き合っているからこそのものだと思い、お任せすることを決めました。
通院中は、先生方やスタッフのみなさんが、こちらに寄り添うような温かさを持って、常にベストな選択を示し、よい結果に導いてくださることが、大変心強く励みになりました。不妊治療では名の知れたクリニックゆえ、冷たい対応や緊張感に張りつめた雰囲気を覚悟していましたが、先生方が「がんばりましょう」「この調子でいきましょう」「大丈夫」などと声をかけてくださるなど、通院するたびに安心感が増しました。説明会のときの印象とは違い、みなさんの温かさを感じることができました。私の場合、通院当初は、すでに不妊治療を経験していたため、最終的に子どもができなくてもしょうがないという気持ちが、常にどこかにありました。どんな結果になっても傷ついていいように、心の準備をしていたのだと思います。ところが、浅田レディースクリニックのみなさんは、私以上に最後まで良い結果を信じて、二人三脚、伴走してくださっているようでした。そのおかげで、つらいことも多い不妊治療に、楽しく有意義にさえ思える瞬間がたくさんありました。この体験談が少しでもみなさんの心を軽くすることに役立つことができれば幸いです。
レター

最初へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴