患者さまからのお手紙

掲載お手紙数884通  毎週金曜日更新

2017年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月14日
子宮内膜症のため、自然妊娠は難しいと分かり、不妊治療を始めたのが32歳の頃でした。浅田レディースさんにお世話になる前の病院では、採卵2回、移植5回を行うも流産を一度経験し、その後妊娠には至りませんでした。AMHも過去に卵巣嚢腫を手術した影響もあり大変低く、採卵数も2~3個でした。高校教師という仕事と不妊治療を両立していくことの難しさもあり、前の病院での胚盤胞が無くなった時点で、子どもを持つことなど奇跡に近いな・・・と諦めかけていました。
そんな時、同じく不妊に悩む友人からの誘いで浅田院長の講演会に参加させていただきました。自信と誇りを持って高度医療を行われている院長先生のお考えに感銘を受け、迷わず転院を決めました。転院してからは、医療技術の高さに驚きの連続でした。超低AMHの私でも一度の採卵で11個、そのうち9つを胚盤胞として凍結保存できたこと、前病院では採卵の際、麻酔から覚めた時、嘔吐を繰り返しましたが、浅田さんの麻酔ではそれが一切無く、気持ちよく目覚めれたこと、自己注射の仕方も看護師さんが付き添い、励まして頂きながら練習できたので、スムーズに行え、通院回数が減ったことで、仕事との両立ができたこと・・・などなど挙げればきりがないくらいです。浅田レディースクリニックの先生方には大変お世話になりましたが、中でも羽柴先生のお陰で私達夫婦は子どもを授かることができました。問診の際に、前病院ではカテーテルが通りづらく移殖に時間がかかっていたことを話すと、それを踏まえた上で最善の移殖方法を丁寧に説明してくださいました。移殖当日も羽柴先生が担当してくださり、あっという間に移殖を終えてくださいました。技術の高さはもちろんですが、移殖後に先生が私の手を取ってくださり、「もう終わりましたよ、痛くなかったでしょ、よかったね。」と優しく声をかけてくださったことには、本当に感動しました。不妊治療は、精神的にも肉体的にも辛く心がすさんでいく自分を感じたこともありましたが、技術だけでなく心の優しい先生に出会えたことで、精神的に安らげ、心温まるような・・・そんな瞬間でした。その初めての移殖で妊娠することができ、現在生後5か月の娘が隣ですやすやと寝息をたてています。妊娠中の発育もよく、出産後も健康に育ってくれています。こんな日が来ることは私にとっては奇跡以外他ありません。育児は本当に大変ですが、苦労して授かった分、そして羽柴先生のような素晴らしい先生に助けていただいた分、より一層我が子を愛おしく感じ、大切に育てていこうと思います。私達夫婦に奇跡のような幸せを配達してくださり、本当にありがとうございました。
レター

2016年6月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月 7日
私は流産を繰り返し、他の病院で治療をしていたのですが成果がなく転院を考えた時に浅田クリニックさんを知りました。結婚してから10年目でした。それまでの私は、今思うととても疲れていました。いろんなジンクスを信じてみたり、試してみたり...この食品がいいと言われれば食べ、旅行の時には子授け神社に必ず寄ったりもしました。(旅行は旅行で気分転換にもなっていたのですが)子供をあきらめた時に妊娠したという話を聞けば、私は欲しい欲しいと思いすぎてるから授からないんじゃないかと思ったりもしました。でも、色々考えてしまうのは、今治療をされている方や迷っている方も同じなんじゃないかなと思います。私は浅田クリニックさんに出会って、子供を授かることが出来ました。大切なのはジンクスや思いではなく、適切な治療だったんだと改めて思います。そして、浅田クリニックさんはその適切は治療を受けることができる病院です。今は子育てに、忙しく楽しい日々を送っています。そんな幸せを得る機会を与えてくれた浅田クリニックさんにはとても感謝しています。本当に出会えてよかったです。ありがとうございました。
レター

2017年1月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月 7日
なかなか妊娠することができなくて悩んでいました。浅田レヂィースクリニックの前に2年近く通っていた病院で不妊検査、タイミング、人工授精、胚盤胞移植を二回行うも妊娠には至らず。主治医もなんでかぁ?と首をかしげるばかり・・・頑張っても頑張っても私は妊娠できないのか・・・と落ち込みながらも、この手に我が子を抱く日を夢見ていました。不妊治療で実績のある "浅田レディースクリニックでダメだったら、子どもは諦めよう"そう決めて説明会に参加しました。
そこで浅田先生の『不妊治療は長くするものではない』、『不妊で悩む時間を子育てに使って欲しい』中でも、『頑張らなくていい、真っ当に生きてきたんだから、あとは任せて』というようなことを言われ、頑張っても頑張っても結果が出なくて凝り固まっていた私の心がすーっと晴れていくのを感じました。一回目の凍結胚盤胞移植で陽性反応が出ましたが、胎嚢が確認できず、化学流産となり、ショックでしたが、私でも妊娠できるんだ!と嬉しい気持ちもありました。二回目の凍結胚盤胞移植で再び陽性反応が出て、その子が今5ヶ月になり、私の隣ですやすや眠っています。
妊娠中も切迫流産や切迫早産で自宅安静、入退院を繰り返し、思い描いていたマタニティライフとは程遠いものでしたが、やっと私のお腹にきてくれた我が子を絶対に手放したくないという思いで、ひたすら安静にしました。生まれたての我が子を抱いた時、不妊で悩んでいたこと、妊娠中の動けないストレス、一気に吹っ飛んで、生まれてきてくれてありがとうと涙が出ました。できない時期はすぐに妊娠できる人が羨ましく、どす黒い感情が湧きあがって、そんな自分に自己嫌悪していました。でもその期間があったから、自分と同じ様に見えないところで悩んで苦しんでいる人がいる、日常生活で配慮できる様になりました。でもそれは私が妊娠、出産を経験することができたからであって、まだ不妊治療を続けていたら、そんな気持ちにはなれていないと思います。だから、浅田レヂィースクリニックの先生やスタッフの方には本当に感謝しております。不妊に悩む一人でも多くの方に可愛い赤ちゃんが授かります様に・・・
レター

2017年1月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月 1日
38歳で不妊治療を始めましたが一向に妊娠にいたらず、体外受精ならここで行いたい!との思いから39歳にて浅田LCへ転院しました。こちらでは先生はもちろん、看護師さんや培養士さん、受付の方まで皆さん親切丁寧ですし、妊娠することを全力でサポートしようとして下さる気持ちの強さをとても感じることができたので、それだけでもかなりの安心感がありました。しかも体外受精を決めて転院したにもかかわらず、人工授精にもまだチャレンジしたい!という私の気持ちにも寄り添ってくださり、AMHの数値もよかったのでいきなり体外受精するのではなく私がきちんと納得してから体外への治療を開始して下さいました。
採卵では1回目で14個の受精卵を得ることができましたが胚盤胞になりにくい体質なのか8個培養するものの2個しか胚盤胞にはなってくれず、1回目の移植では胚盤胞を移植し妊娠判定が出るも化学流産となってしまいました。2回目の移植の前に私がナーバスになってしまった時には、先生に気持ちが一番大切だからとその周期は移植を見送ってくださったりと、とにかく私の気持ちを一番に優先して下さる心遣いがとてもありがたかったです。そのおかげもあってか2回目の移植では気持ちも落ち着いており初期胚2個移植により無事に妊娠し、大きなトラブルもなく40歳にて元気な赤ちゃんを出産することができました。高齢にもかかわらず転院してわずか8ヶ月で妊娠できたのも浅田LCの皆さまの高い技術力と知識、そして絶対に妊娠させてみせる!という強い想いから伝わってくる安心感のおかげだと思っております。もしいま体外受精へのステップアップに悩んでいらっしゃる方がいましたら、浅田LCの力を信じて少しでも早くその一歩を踏み出してみてください。きっとかけがえのない大切な宝物に出会えると思います。
レター

2017年1月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月 1日
私は結婚してすぐ妊娠したものの初期流産し、その後1年間妊娠することはありませんでした。始めは軽い気持ちで検査だけでも受けてみようかなと思い他院で検査を受けると、31歳でAMHが0.9と極端に低い事が分かり、自分はこのまま子供を授かれないのではないかと思い悩む日々でした。そんな時、インターネットで浅田レディースクリニックを知り、実際に浅田先生にお会いして、この先生のもとで治療をしたい!ここでダメなら納得が行くと考え、こちらの病院に転院しました。浅田レディースクリニックでの治療は採卵5回、移植7回目でやっと卒業でき、待望のわが子に出会う事が出来ました。途中何度もあきらめようかと考えましたが、先生方の言葉に救われ、何とか諦めず前を向いて頑張ることができました。先生方や看護師さんの励ましがあったからこそ、治療を続けこの子に出会うことができと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。浅田レディ―スクリニックで治療した2年間、本当に苦しい日々でしたが、その日々があったからころ命の尊さを実感し、何気ない毎日に感謝をして過ごす日々がおくれるようになったと感じます。今治療されている皆様にも、良い結果が訪れるよう願っています。
レター

2017年1月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月22日
私は浅田レディースクリニックで赤ちゃんを授かり、2017年1月に出産しました。今では育児に疲労困憊する慌ただしい毎日です。私が治療を始めたのは30歳の時でした。27歳で結婚し、数年は夫婦二人で旅行だったりを楽しみ、29歳頃から妊活を始めました。毎月きっちりある生理、その生理も、出血量も多すぎず少なすぎず、生理痛も我慢できる程度であり、ほぼ30日周期でズレることはありませんでした。基礎体温も高低差きちんとあり、排卵検査薬もしっかり反応。そのため、妊活をしたらすぐできるだろうと思っていました。ところがいつまで経っても妊娠する気配はなく、周りは妊娠、出産ラッシュ。精神的にものすごく辛かったです。そんな中、相談していた母にも勧められ、名古屋市内の他院にかかりました。ですがそこはペースがゆっくりで、早く結果を出したかった私にはもどかしい思いばかりでした。ただそこでわかったのは、フーナーテストの結果、主人の精子が少なく、元気もないということでした。結果がなかなか出ないその病院に不安を感じていた時、浅田レディースクリニックを知りました。こんなにプロがたくさんいるなら、全て任せてみようと思い、説明会に参加しました。
その後はトントン拍子で進んでいきました。人工授精でも結果は出ませんでしたが、ステップアップを希望し、顕微授精で子供を授かりました。移植は3回目でした。その後の経過は順調で、無事に元気な、元気すぎる男の子を出産しました。私は、仕事を辞めました。治療と仕事の両立は本当に大変でしたし、続けるストレスもあったからです。お金はかかりましたが、仕事を辞めたことも貯金が減ったことも後悔はしてません。人生の大事な選択をきちんとできたな、と思っています。主人と喧嘩することもありました。私は仕事を辞めたのに、あなたは何ひとつ犠牲にしていない、と。いつも頑張るのは私だ、とあたったことも数知れず。今治療をされている方も、これからされる方も、夫婦喧嘩や仕事のこと、治療のことで悩まれることもあるかと思います。夫婦喧嘩は思いっきりやって下さい。二人の将来のこと、大事なことです。仕事は、簡単に辞められないと思います。辞めて治療がうまくいく保証もありません。でも、子供が欲しいなら、一度どちらの人生が大事か考えてみるともいいと思います。治療は、浅田先生はじめスタッフの方にお任せしましょう。皆さんプロです。その道のプロの方が言うなら、それで間違いないと私は思います。治療は決して楽しいものではありません。ですが、浅田のスタッフは病院に行きたくなるような、素敵なスタッフばかりです。前向きに、先生方を信じて頑張ってください。
レター

2016年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月22日
続々と妊娠し出産していく友人たち。なかなか子供を授かることができないことに悩みながらも何もできずにいましたが、私の場合は職場に不妊治療を経験した先輩が何人かいたのでお話を聞かせてもらっている中で自身も治療を始めてみようかと決意しました。正直、周りはいとも簡単に妊娠するのになぜ私だけ...という思いがありました。治療を始めるときも始めてからも、その思いは消えることがなくどこか前向きになれない自分がいました。不妊治療は治療中においてゴールが見えないし、どう頑張ればいいということもありません。振り返ると治療開始からクリニック卒業まで私は前向きな時がなかった気がします。そんな私がそれでも通い続けることができたのは、熱心に治療してくださる先生方とスタッフの方々の支えがあったからだと思います。また、どんなに八つ当たりをしても受け止めてくれた主人や母のサポートもなくてはならないものでした。子どもを授かり、幸せなマタニティライフを送ることができて我が子を抱いた時、何もかも吹っ飛んで今まで辛かったこと苦しかったことは帳消しになっていました。授かりたいと望んでいるのになかなか授かれないと治療に対しても前向きになれなかったり、投げ出したくなることもあるかと思いますが、先生方はじめスタッフの方々はとても熱心に関わってくださいます。治療をしていらっしゃる方々が、どうか我が子を自分の手に抱ける感動を味わうことができますように祈るばかりです。
レター

2016年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月16日
2人目となる男児を出産致しました。この子は1人目を授かった時に凍結保存していた受精卵によって授かりました。2人目の治療をはじめる時、様々な葛藤がありました。1人目を授かるのが大変だった場合でも、2人目は授かりやすいとかそんなうわさや、まわりのママ友の妊娠、出産。今度こそ医療の手助けがなくても妊娠出来るかもしれないという期待。残念ながら期待通りにはいかず、今回も医療に手助けいただくことになりました。ここには記載できないぐらい悩みました。もしかしたらまだ心の底から悩みがなくなったとは言えないかもしれません。答えがでないから考えることをやめたと言った方がいいのかもしれません。でも今私の胸に抱いている2人の子供は本当にかわいいです。この子たちがいない人生なんて考えられません。それだけは自信を持って言えます。1人で悩みすぎるとよくないですね。私は通院中、キッズルームで出会ったお母さん方とお話しをする機会がありました。自分だけが悩んでいることかと思っていたことも、同じような感覚で考え、悩んでいる方がいらっしゃいました。それだけで救われました。「私だけじゃないんだ」と。先生でも、たまたま待合室で隣に座った方でも、心の内を話せる人がいると何か変わるかもしれませんよ。
レター

2016年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月16日
顕微授精しか方法がない。現実を知った時、落ち込みましたが、ALCで治療出来るのだから信じて頑張ろうと前向きに切り替えました。治療費、心身の疲労、仕事との両立は不安でした。通院のため、早退することが何度もありましたが、周囲の理解のおかげで仕事との両立は出来ました。また、一度の顕微授精と移植で授かることが出来たので、心身の疲労も小さかったのかなと思います。 ALCに通院するまでの悶々としていた日々が一番辛く、もっと早く行動(検査)すべきでした。妊娠中は、無事に産まないといけない。というプレッシャーを勝手に感じていました。不妊原因である夫や義父母の些細な発言を恨む気持ちは、産後もなかなか消えませんでしたが、育児に追われる毎日と生後5ヶ月ころからママ友が増えて育児相談等出来るようになると、ひねくれたくれた感情や「この子は特別な子なんだ」という意識は薄れてきました。育児は大変ですが、笑顔や寝顔が可愛くてたまりません。今だから言えますが、受精卵や移植の時の神秘的な感動は、治療したからこそ得られたものです。娘が理解出来るようになったら、この感動と望まれて生まれてきた事を伝えたいと思います。いつになるか分かりませんが、待っていてくれる兄弟達をお迎えに行きます。その時はよろしくお願いします!
レター

2016年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月 9日
結婚後自力で妊活していましたが、もともと生理不順だったので半年後から通院しました。通院後は排卵日もよくわかり、卵子が育ちにくいことや旦那の精子の数も不安定なことがわかったので良かったです。原因があるのなら、早めに発見してそれに対処するのが手っ取り早いと思います。毎日の服薬、自分で注射を打つこともありました。通院も月3~4回となかなか多いので、仕事はセーブしながらの通院となりました。これは予定が合わないからとダラダラ通うより、なんとか都合がつくなら割り切ってちゃんと通われた方が効率的だと思います。私は妊活に専念しようと思い、休みを取りながら通院しました。タイミング療法5回、人工授精5回目で授かりました。5回目でダメなら体外受精へのステップアップを言われていたので、ラストチャンスでできてほっとしました。こちらの病院は早めのステップアップが方針のようで、できれば自然に...と最初は思っていたので不安や苛立ちもありました。ですが、妊娠した今は早めにステップアップしたからこそ1年で卒院できたと思っています。2人目の妊娠で通院することになったら迷わず人工授精から始めたいと思います。少しでも不安なことがあるのなら、早めに通われることをお勧めします。
レター

最初へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴