患者さまからのお手紙

1000通を超えたため新しいページに移動しました。過去のページはこちら
掲載お手紙数114通  毎週金曜日更新

2020年03月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月19日

私は当初、検査や先生からの指導(タイミング法)が始まればすぐに妊娠できると思っていました。結果、軽い気持ちで行った最初の病院は最寄りの産婦人科医院でした。そこで約1年通い、人工授精を4回と体外受精を1回やりましたが良い結果には恵まれず、当時34歳だったので年齢のこともあり焦りだし、不妊治療専門の病院に転院を決めました。
私の中でとても悩んだ決断でした。その産婦人科で治療し、妊娠してそこで産むっていうストーリーを自分で決めてたから。。それに専門医院に行く事で不妊症と認めなければいけないんだ...と、勇気がいりました。2件目通った病院は車で30分位のところにある、割と有名なところでした。2年弱通いました。顕微授精を4回やりましたが全く良い結果が出る気配なく、その当時の私は精神的にも肉体的にもボロボロで何も楽しくなかったし、自分を責めて毎晩泣いてました。主人とも喧嘩が増えたり、治療に対する知識が無さすぎて責めたりもしました。大好きな主人に私のせいで辛い思いをさせてしまっていると落ち込み、離婚を考えたこともあります。
37歳までに赤ちゃんを授かれなければ離婚を主人に伝えようと思っていました。そうなる前に最後に悔いなくやろう!とことん周りのみんなに迷惑かけながら治療してやろう!と思い、今までの治療の経験からネットや本で調べて浅田レディースクリニックに辿り着きました。こちらの治療は私にとても相性が良かったと思います。前院では採卵をしても採れるたまごは1つか2つで受精卵になるのは1つ...ってのがお決まりでした。でもALCで初の採卵で4つ採れて受精卵になったのはなんと3つ!なんだか追い風が吹いてきたような感覚でした。そして1つを移植したんですが、なんと陽性だったんです。震えました。泣きました。主人と抱き合って喜びました。見える景色が変わりました。帰り道は浮き足だっててお腹をさすったりしてみたのを覚えています。しかし、その子はお空へ行ってしまいました。。女の子だったそうです。主人と泣けるだけ泣いて、落ち込むだけ落ち込みました。治療を休んだら?と主人は言ってくれましたが、私は休む方が怖かったです。止まらず続けました。
そして今5ヶ月になったばかりの息子がいます。2回目の移植でもたまごちゃんは頑張ってくれたんです。本当にALCに出会えて良かったです。家族や周りの人は早く東京の病院に行けば良かったんだと言う人もいます。でも、私は最初の病院も次の専門医院も意味はあったと思っていて、無駄ではなかったと思っています。全てのことがあったから今この子が生まれてきてくれたんです。全てが奇跡なんですね。不妊治療は周りの人達に迷惑をかけなければ進みません。迷惑かけてしまう人には治療の流れなどを解るように説明して理解してもらい悔いのないように頑張って欲しいです。
今私は浅田レディースクリニックのおかげでママになれました。

レター

2020年04月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月19日

クリニックに通院する前、3度の初期流産にボロボロになっていました。すがるような思いで、大学病院で診てもらっても原因は分からず、卵管造影検査の痛みや、病院の立ち会いの学生の不用意な言動に本当に傷つきました。もう自分たちの子どもは諦めるしかないのかと、養子縁組みまで考えましたが、講談社から刊行されていた浅田先生の著書と出会って、不妊治療を始めました。
30代半ばという年齢もあり、タイミング法1回から人工受精1回、体外受精へと早めにステップアップを行いました。体外受精の1度目は妊娠しましたが初期流産、2度目は妊娠反応なし、3度目で今の子どもを授かりました。妊娠後期に妊娠高血圧症になり、出産予定日よりも2週間程早く、帝王切開での出産となりましたが、母子共に健康に過ごしています。
治療を始められる方、迷っている方には、ぜひ著書を読まれる事をお勧めします。私は子どもを授かる事ができましたが、その可能性は決して高いものではありませんでした。通院や投薬、自己注射や手術などで、お金も時間も気力も体力も、いろんな代償を払う事になります。パートナーの理解や協力は必須です。
不妊治療への理解を共有するのに、著書がとても役に立ちました。夫婦共に、治療方針に納得してから始められた事に、感謝しています。そうでなければ、とても続かなかったと思います。

レター

2020年02月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月13日

今回は2人目の治療だったので、凍結していた卵の移植から始まりました。子育てをしながら復職し、治療に通うというのはハードルが高すぎた為、凍結している卵がなくなったら、治療は終了しようと主人と相談した上で治療に臨みました。
ですが、凍結していた卵が無くなってしまってからもあきらめることができず、1年と期間を決めて、再度採卵から始めました。上の子が姉弟と遊んでいる姿が見たい!もっとにぎやかな家庭にしたい、という一心でした。AMHの値も前回の妊娠の時より値が落ちていたので、低刺激での治療でしたが、なかなか卵が育たず、見えてきた1つを大切に育てる、という感じでした。採卵日に手術台に上がってからのエコーで排卵してしまっていることが判明、ということもあり、この歳で2人目は望みすぎなのかな、と精神的にも辛い時期がありましたが、先生方にも的確な判断をしていただき、励ましていただきながら治療を続けることができました。
1人いれば十分、とも思っていましたが、2人目を授かって、懐かしい新生児の感触、お姉さんになっていく娘の姿、とっても幸せな家族の時間が増えました。毎日バタバタで本当に大変ですが、「大変」より「楽しい」が断然勝っています。あきらめずに治療を続けて心からよかったと思います。
卒業までお世話になった勝川クリニックの皆様、本当にありがとうございました。

レター

2020年01月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月13日

晩婚だったため、私が不妊治療を始めたのは40歳の時でした。その時は他院で治療を始めました。
タイミング療法、人工授精、体外授精、顕微授精と約2年の歳月を費やしました。しかし、稽留流産をするなど望む結果には至らず途方にくれていました。もう自分は赤ちゃんを産めないのではと諦めかけてていた時知人よりこちらの浅田レディースクリニックについてお薦めいただきました。
年齢的なこともあり最後の望みを浅田レディースクリニックにかけました。タイミングよく浅田先生の説明会に参加でき、すぐに検査を経て治療を始めることができました。始めから顕微授精の治療をしましたが、受精卵を凍結できたのは2回分でした。一度目は受精卵が着床せず、やはり難しいのかと涙を流したのを覚えています。二度目の移植では運よく無事着床することができました。
以前に稽留流産を経験したので安定期に入るまで不安でしたが、無事に出産できたのは浅田レディースクリニックの先生方々やスタッフの方々の的確かつ高度な治療と患者の立場に立ってくださった応対があったからだと心から思い感謝しています。肉体的精神的に大変な不妊治療ですが、妊娠できる可能性が少しでもあるなら望みを捨てずに可能な限り納得がゆくまで治療をしてみてもいいのではないかと思います。
新型コロナウイルスなど体調管理に大変かと思いますが、無理せずにお過ごしいただけたらと思います。そして可愛い赤ちゃんに出会えますように願っています。

レター

2020年03月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月 5日

貴施設のおかげで二人の子供を授かることができました。ありがとうございます。
人工授精から治療を開始したもののうまくいかず、割とすぐに体外受精にステップアップしました。第一子(37歳)の時は一度の採卵、一度目の移植で無事に出産することができました。第二子もその調子でいけるかと思いましたが、凍結していた卵を全て移植するもうまくいかず...再度、採卵からスタートしましたが全くうまくいかず、これが最後になるんだろうなと思っていた判定日の通院で、服部先生に「年齢(当時、40歳)的にはまだ可能性があるのでは?」「(採卵周期がつら過ぎる。と言ったような覚えがあります。)低刺激でチャレンジしてみては?」と提案され、最後の採卵に挑むことになりました。
無事に採卵できたものの、一度心の中で区切りをつけてしまっていたのでなかなか移植周期に踏み出せずにいました。そうこうしているうちに卵の凍結期限のお知らせが来たのをきっかけに再度通院することに。これまた全くうまくいかず、「低刺激の卵もやっぱりダメ?」と思った矢先、本当にこれで最後の最後だと思っていた移植で妊娠することが出来ました。一体、何度目の移植か自分でも忘れるくらいだったので妊娠判定日にドクター(奇しくも服部先生)に確認したところ、11回目の移植だったそうです。もうダメだろうと諦め、これが本当に最後の通院になるんだと覚悟を決めていたので薬も書類も入らないような小さな鞄で通院したので、診察室でビニール袋を頂戴しました。(何度も頂いていたので、「妊娠しなかった人へ」のお手紙は診察室で返却してました)本当にあの服部先生の一言で採卵を諦めずによかったと思います。ありがとうございます!
第二子が全前置癒着胎盤で出産時に子宮を全摘してしまったので、もう次はないですがもう一人欲しいと思うくらい愛おしい赤ちゃんです。

レター

2020年04月に出産された患者さまから

掲載日:2021年2月 5日

体外受精・顕微受精の末、待望の第一子を授かることができました。浅田LCに通院して半年でした。(3回目の胚移植です。)不妊治療は長年行っており、5年目にしてようやくでした。
浅田LCを受診する前は、別のクリニックで不妊治療をしていたのですが、妊活をはじめて5年が経ち、一度も陽性反応すらでず、年齢的にも焦りを感じ始め、体外受精・顕微受精を決意し、実績のある浅田LCへ転院しました。病院を変えることに躊躇してしまう気持ちも正直ありました。長年通い続けていて、また一から検査となると時間がもったいないんじゃないか...と。不妊治療を始めて一度も結果が出ておらず、同じ病院で体外受精をして授かれるイメージももてず、いろいろと葛藤していました。夫婦で話し合い、一度説明会に参加してみようということで参加させてもらって不安が安心に変わりました。
私達夫婦が求めていた「スピード感」を大事にしてくれるクリニックだとすぐに感じました。卵子の質、数、一分一秒が大事ということを知り、すぐにでも始めなきゃ!と再び気持ちが前向きになりました。行動をすることで選択肢も広がりました。今まで通っていた病院もとても優しく良い先生ではあったのですが、「なるべく自然な形で」ということを方針にしていて、治療のステップアップも遅かったです。人工授精へステップアップする際も病院側ではなくこちら側の申し出でした。その後も7回人工授精するも結果が出ず...また次頑張りましょう!と言われ、まだステップアップしないで大丈夫なのか?一度も陽性反応出ていないしもうダメなんじゃないか?とたくさん疑問、不安を感じていました。
個人的な意見になりますが、今振り返って思うことは..病院選びとても大事です!!!!!もっと早く浅田LCを受診していればよかったなと思います!今までゆっくりだった治療も、転院して想像以上にスピード感のあるスケジュールだったので病院によってこんなにも違うんだなと感じました。人工授精も2、3回やってダメならすぐにでもステップアップすればよかったなと。卵子の数も日ごとに減っていきますし、質も悪くなってしまうので一日でも早く良い卵子を残しておくことは大事だと思います。一回の月経の周期に約1000個が減少して、1日にすると30~40個も減り続けているなんて知らず、もっともっと早く知りたかったです。知っていれば選択肢も変わっただろうなと改めて思います。
不妊治療をこれから始められる方、迷っている方、是非色々な選択肢を見つけてください。

レター

2020年02月に出産された患者さまから

掲載日:2021年1月29日

31歳で結婚し、すぐに子供が欲しいと考えていました。主人が転勤族のため、いつ引っ越すことになるかわからない状況で病院選びを戸惑ってしまったことと焦らなくてもそのうち望めるのかなと安易に考えていたこともあって基礎体温をつけるだけのタイミング法で2年ほど過ごしました。その後引越しを3回経験し、不妊治療3件目として浅田レディースクリニックと出会えたのは39歳のときです。
顕微受精のためのスケジュールをすぐに組んでいただきました。そのスピードの早さは、残された時間の無さを表しているように感じました。他院でも何度も顕微受精、移植を繰り返してきましたが、なかなか着床せず、年齢的に最後の通院になると覚悟はしていたのですがやはりこちらでも一筋縄ではいかず、諦める思いも強まるなかで、40歳でようやく授かることができました。
妊娠判定をいただいたときも、嬉しさよりも疑いの気持ちが勝っていましたし、長年の治療生活から何が起こるかわからないという考えが強く、安定期まで主人以外の誰にも妊娠を伝えることがてきませんでした。それでも、大事に、ゆっくりと時間を過ごすなかでエコーの写真で順調に育っていると確認できたり、胎動を感じられたときは本当に嬉しく、幸せで、何度も何度もお腹をさすり、この子を絶対守り抜く!という思いが強まっていきました。
無事にうまれてきてくれた今、新型コロナウィルスの猛威でお出かけもほとんどできていませんが、子供の笑顔を見るだけで本当に毎日幸せです。不妊治療は先が見えないとはよく言いますが、本当にその通りで、進むも辞めるも自分次第、確約も保証もなく、予算もかかることから辛いことが多かったように思います。それでも、どこかに通っていれば何とかなるということではなく、しっかり実績をつんでおられる浅田レディースクリニックで、安心して、納得して続けてこれたおかげで実を結んだと思っています。
もし迷っておられる方がいて、何かお伝えできるとすれば不妊治療は早ければ早いだけ良いということと、病院えらびは大事だということです。私の場合、欲をいえばもっと早く浅田レディースに通えたらよかったと思っていますが、出会えたことを大変嬉しく思っています。先生方はもちろん、スタッフさん皆様に感謝しています。楽しんで子育てをしていこうと思います。本当にありがとうございました。

レター

2019年11月に出産された患者さまから

掲載日:2021年1月29日

二人目不妊のため、浅田クリニックに通院し、妊娠・出産しました。
浅田クリニックでの不妊治療を始めたきっかけは、一人目の出産ののち、二度の流産・手術を経験したためです。特に一度目は心拍確認後の流産であり、非常に辛い思いをしました。一度目の流産前に子宮内膜ポリープの切除も行っていたため、合計3回の子宮手術は心身共に辛く、何か原因があるのではないかと思い、本格的に治療を開始しました。
最初は通院のしやすさで自宅に近い病院を選びましたが、まずは検査が必要とされ、排卵誘発剤をもらうことはできませんでした。以前住んでいた海外でも一度受診したことがあったのですが、希望したらすぐに薬をくれる雰囲気で、ハードルの高さに驚きました。並行して情報収集する中で、浅田先生と河合蘭さんの書籍を読み、浅田クリニックを知りました。
体外受精を視野に入れていたため、できるだけ早く、レベルの高い治療を受けられそうだと感じ、転院・受診しました。動画閲覧や、説明会に参加しないといけないなどの大変さがありますが、患者自身が治療内容を把握しておくことは大切だと思い、実際参加して院長先生自身より説明してもらい、覚悟が決まりました。
浅田クリニックで受診してよかったと思うことは、まずスピードが速く、患者の苦痛をできるだけ和らげようという姿勢があったことです、卵管造影など、前のクリニックでは痛みが怖くて結局受けずに転院しました。浅田クリニックでは超音波で特に痛みはなかったと記憶しています。初診の周期から薬を出してくれたり、個人的には希望通りの進み方でした。私の流産原因についても、偶発的なものであることなど、遺伝的な観点からも説明してくれました。また、親子待合室の存在も大きかったです。
一人目の子供が幼稚園ということもあり、長期休暇中の預け先がなく困っておりました。親切なスタッフさんが子供をみてくれたので、安心して受診できました。この場を借りてお礼申し上げます。治療に関しては、タイミング法、人工受精まで進みました。夫の精子の数・運動率の問題で、人工授精できなかった周期でタイミング法に切り替えたところ、結果、妊娠しました。体外受精を視野に入れ、通院をいったんお休みしている間に妊娠が分かりました。
治療期間中は、どうしても通院が負担になるので、浅田クリニックで最短の治療ができたことは私にとって良かったと思っています。品川クリニックが開院し、東京で治療・受診できたことに心から感謝しています。大変お世話になり、本当にありがとうございました。

レター

2020年03月に出産された患者さまから

掲載日:2021年1月22日

二人目の不妊でお世話になりました。一人目がすぐ授かることができたので、また欲しいと思ったらすぐに授かると思っていました。でもなかなか授からず6年が経ち不妊治療で有名な浅田レディースクリニックに通院しました。
通院当初は仕事もしていたため仕事終わりや仕事を休んで通院する日々。仕事をして、上の子の育児をしながらの治療は精神的にも大変でした。夫婦共々検査では異常がなく、タイミングの治療から始まりましたが授からず、何に原因があるのかわからなくなり、環境が変われば何か変化があるかもしれないと思い思い切って仕事を辞めました。この思い切りが良かったのかどうなのかはわかりませんが、人工受精に切り替わってから2回目で授かることができました。
治療だけでなく、自分の精神的余裕も大切だったのかな~っと思いました。授かってから妊娠中も順調に進み、無事に出産しました。上の子とは7年差になってしまいましたが、また1からの育児を楽しんでいます。年齢が開いた分上の子も育児を手伝ってくれて毎日助けられている日々。夜中の授乳で眠れない日が続きますが、我が子は本当に愛おしく、治療をしていなかったらこの子に会えなかったかもしれないと思うと治療をして本当に良かったと思いました。
治療を受けるか迷っていたら絶対に受けるべきです。なかなか一歩が踏み出せない気持ちとてもよくわかります。私もそうでした。でも一歩踏み出すことで未来は開けると私は思います。いつかかわいい我が子に会えると信じて治療頑張って下さい。

レター

2020年03月に出産された患者さまから

掲載日:2021年1月22日

年齢が40代と言うことで2人目不妊でお世話になりました。1人目の時は38歳での出産でしたが自然に妊娠出来たので不妊治療さえすればすぐに授かれると思っていましたが着床しても初期の段階で流産することが何度もあり精神的にかなり辛かったです。
約2年間お世話になりましたが、1回目の顕微授精で妊娠される方が多いと伺って何度も諦めた方が良いのかと言う考えが頭をよぎりました。精神的にも身体的にも辛くて、今回採取したたまごがなくなったら諦めた方が良いのかなと漠然と思っていた時に2人目を授かることが出来ました。妊娠反応があっても今までの経験からすぐに流産してしまうのではないかと思うと中々喜べずにいましたので、無事に浅田LCを卒業し他の産婦人科に通あるようになった時は本当に嬉しかったです。
妊娠中も切迫早産になったりしましたが無事に元気な女の子を出産することが出来ました。今は4人家族になり大変なことも沢山ありますが幸せな時間を過ごすことが出来ています。私は浅田LCに通っていなかったらきっと2人目は授かれていなかったと思っていますので先生並びに看護師さんには感謝しかありません。
これから治療を始められる方並びに現在治療をされている方、治療中は本当に身体的にも精神的にも辛いことが沢山あると思います。そしてその中で色々な選択をしなくてはいけないことも出てくると思います。ただ1つ言えるのはどんな結果になっても浅田LCの先生方にお任せして後悔はしないと思います。
これからの治療でたくさん涙を流しても最後は笑顔で卒業出来ることを願っています。

レター

最初へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴