患者さまからのお手紙

1000通を超えたため新しいページに移動しました。過去のページはこちら
掲載お手紙数96通  毎週金曜日更新

2020年2月に出産された患者さまから

掲載日:2020年12月 4日

[体験記]
39歳夫婦、品川クリニックでの体外受精(顕微授精)、凍結胚移植の治療結果の共有になります。AMH1.1という血液検査の結果が出た時、妊娠は無理なのでは・・・、諦めた方が良いのでは、この先不妊治療を続けるべきか、夫婦で真剣に悩みました。しかし、品川クリニックの先生方に、低AMHながらも採卵数を少しでも増やすための治療プランを提案いただき、3回の採卵(簡易刺激法)を経て、胚移植を実施、初回の胚移植で妊娠し、無事に出産に至ることができました。先生方、スタッフの方々に治療に尽力いただいた結果と考えています。
浅田レディースクリニックでの不妊治療ですが、結果を得るためのプロセス(戦略、技術等)を非常に大事にしていると感じました。治療の過程で何名かの先生方と話をしましたが、方針にブレが無く、妊娠・出産に至る確率を少しでも上げるために、最適なプロセス、選択は何か、といった視点での提案をいただけたと思っています。治療の中では上手くいかないことも多く、今後のプランの説明の際にドライな印象を受けることもままありましたが、治療の進め方でこちらも迷う中、質問や相談に対し、丁寧に応じていただけたと思っています。
不妊治療を続けていると心が折れてしまうようなことも何度もありますし、言ってしまえば運の要素も多分に絡んできます。私共は、病院の尽力と少しの幸運に恵まれた結果、妊娠・出産という結果を得ることができましたが、これから治療を受ける方にどうすべきか、ということを申し上げることは無責任なことなのでできません。ただ、上記は、浅田レディースクリニックで受けた治療の経過と印象と結果を率直に述べたものになります。
当体験が皆様の治療に向けて少しでも参考になれば幸いです。
-----------------------------------
以下病院スタッフの方々への御礼になります。
[御礼]
2019年5月に貴院品川クリニックで体外受精からの胚移植を実施し、妊娠、2020年2月に無事男児の出産に至ることができました。現在、子供は5ヶ月を過ぎたところで順調に成長しております。
初子ということで父親、母親とも試行錯誤かつ四苦八苦しながら育児をしておりますが、子供と過ごす時間に大きな幸せを感じております。浅田先生、高屋先生はじめ先生方、スタッフの皆様方のご尽力に大変感謝しております。ありがとうございました。
本来であれば子供を連れて御礼に伺いたいところですが、コロナ禍かつこちらも子育てで余裕が無い状況でありますので、当調査報告でのご挨拶とさせていただければと思います。

レター

2020年2月に出産された患者さまから

掲載日:2020年12月 4日

他のクリニックで何度か体外受精をしましたが、着床まではしたものの育たず流産していました。主人の転勤などもありしばらくはお休みしていましたが、今回主人から最後にもう一度だけチャレンジしてこれでダメなら諦めようと言われ、病院を探しました。
名古屋に土地勘無かったので、仕事場から近い場所で探していましこちらの病院にたどり着きました。説明会に参加して、とにかく先生のお話にとても心を揺さぶられました。今までは、これはダメ、あれもダメなど制限が多かったのですが、エビデンスがあるものはこれだけ、と、はっきりおっしゃっていただき、仕事も続けなさいと。目から鱗でした。初めてこんなにリラックスしながら妊活が出来たように思います。
こちらの医院では最初で最後の体外受精になるとお話ししたところ、採卵も心残り無いように二回にしましょうと相談にのってくださりました。採卵はとてもリラックスしてでき、その後の杯の分割を自分で携帯で見れるのでそれもとても良かったです。移植も受けている自分が画面を通して卵の入っていく様子が見れて、とても安心して受けることができました。
最初から最後までリラックスして通えたことが今回の妊娠、出産に繋がったのではと思っています。少し早くお腹きら出てきた我が子は私の心配をよそにスクスクと大きく成長し、既に5ヶ月で成長曲線は真ん中より上を推移しています。全てお話ししてから妊活ができ、色々な制限のストレスなく過ごせた事が今回の妊娠と出産に繋がったのではと思っています。

レター

2020年2月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月27日

39歳夫婦、品川クリニックでの体外受精(顕微授精)、凍結胚移植の治療結果の共有になります。AMH1.1という血液検査の結果が出た時、妊娠は無理なのでは・・・、諦めた方が良いのでは、この先不妊治療を続けるべきか、夫婦で真剣に悩みました。しかし、品川クリニックの先生方に、低AMHながらも採卵数を少しでも増やすための治療プランを提案いただき、3回の採卵(簡易刺激法)を経て、胚移植を実施、初回の胚移植で妊娠し、無事に出産に至ることができました。先生方、スタッフの方々に治療に尽力いただいた結果と考えています。
浅田レディースクリニックでの不妊治療ですが、結果を得るためのプロセス(戦略、技術等)を非常に大事にしていると感じました。治療の過程で何名かの先生方と話をしましたが、方針にブレが無く、妊娠・出産に至る確率を少しでも上げるために、最適なプロセス、選択は何か、といった視点での提案をいただけたと思っています。治療の中では上手くいかないことも多く、今後のプランの説明の際にドライな印象を受けることもままありましたが、治療の進め方でこちらも迷う中、質問や相談に対し、丁寧に応じていただけたと思っています。不妊治療を続けていると心が折れてしまうようなことも何度もありますし、言ってしまえば運の要素も多分に絡んできます。
私共は、病院の尽力と少しの幸運に恵まれた結果、妊娠・出産という結果を得ることができましたが、これから治療を受ける方にどうすべきか、ということを申し上げることは無責任なことなのでできません。ただ、上記は、浅田レディースクリニックで受けた治療の経過と印象と結果を率直に述べたものになります。当体験が皆様の治療に向けて少しでも参考になれば幸いです。

レター

2019年11月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月27日

私たちは体外受精にステップアップをするタイミングで、ALCに転院をしました。悲しかったり苦しかったり、そんな日々をとても懐かしく思います。私は、仕事も辞めたくないし不妊治療もしたいと思い、職場にも周りにも公表をして治療をしていました。
ありがたいことに、職場も周りの方もとても理解があり応援もしてくれていたので仕事をしながら治療をするということができました。でも、今の日本では不妊治療に寄り添ってくれる会社の方が少ないですよね。私はとてもラッキーだったのだと思います。それに、悪いことをしているわけではないのに、不妊治療をすることって何故か後ろめたい気持ちになりますよね。周りには公表せずに、治療を頑張っている方の方が多いと思います。本当に辛いし苦しい毎日ですよね。公表していた私も苦しかったのですから、もっともっと辛い毎日なのだと思います。私が公表しながら治療をしていた理由のひとつとして、不妊治療を知ってもらいたかったということが大きいです。私の性格上内緒にすることができないというのもありますが、こんなに精神的にも経済的にも苦しい治療があるということを何よりも知って欲しかったです。そのおかげか、私の周りの人は不妊治療についてどんな治療をするのかだとか躊躇わずに聞いてくれたり周りにも不妊治療をしている人がいるよ、こんなことがいいみたいだよ、と色々な情報を教えてくれることもありました。意外にも、不妊治療をしている方は多いんですよね。頑張っているのは、自分だけじゃないんだな~と思うこともできました。
中々誰かに相談することができない治療ですが、決して悪いことをしているわけではありません。何よりも、自分を大切に、自分の気持ちを大切にしてもらいたいです。そしてパートナーとの2人の時間も大切に過ごしてください。『親になればわかるよ』ということを少しずつ実感しています。たくさんの方がこの気持ちを味わえるようになるといいなと思います。最後に、ALCのスタッフの皆様、私たち夫婦に幸せを届けてくださって本当にありがとうございます。毎日慌ただしく過ぎていきますが、幸せな毎日です。

レター

2020年3月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月20日

5年ほど不妊治療の末、浅田先生に出会い、体外受精し、妊娠出産しました。はじめは不妊治療自体に抵抗があったくらいですがタイミング、人工授精と、さまざまなクリニックを転々としました。費用と精神的なダメージで、年齢もあってもうやめようと思っていた最後にたまたまamazonで浅田先生の本に出会い未知な部分が多かった体外受精のことを深く理解できました。そして、たまたま品川にクリニックをオープンされると知りこれが最後のチャンスと通わせていただきました。
クリニックは治療方針がとても明解で、納得の上、治療が続けられました。他のクリニックではエステのような雰囲気で高級感ばかりあって、治療については不透明な部分も多く、不妊治療自体に不信感も募っていたのですがこちらは必要最低限のことを最高の技術で行う、という方針でとても信頼して通えました。幸運なことに2度目の移植で着床し、以後の経過も順調でコロナの中、無事出産をすることができました。
迷われている方は、まず浅田先生の本を読まれることをオススメします。そしてご自分で何をするのか理解し、納得した上で費用や時期を決めてから治療に臨まれることをオススメします。
不妊治療は精神的なダメージが一番つらく、自分ではどうしようもないことも多いです。費用も気軽に手を出せるものではありません。でも浅田先生の理論に納得できるのであればぜひこちらのクリニックにかかられることをオススメしたいです。もしダメだったとしても、今の医療技術でできうる限りのことはやったんだ、という納得が得られると思います。
最後に、治療中に温かく丁寧に対応いただいた看護師のみなさん、毎回の治療でゆっくりと相談に乗って頂けた先生方、そして多少ぶっきらぼうだけど、じつはとても誠実で真剣で優しい(と感じました)浅田先生にこころより感謝を申し上げます。

レター

2020年2月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月20日

浅田レディースクリニックさんに半年ほどお世話になり、無事に女の子を出産することができました。説明会参加から卒業まで、こちらのクリニックの対応は本当に素晴らしく、何のストレスもなく前向きに通院することができました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。今でもクリニックの前を通るたび、心の中でありがとうと言っています。
浅田さんでお世話になる前、数年間別のクリニックに通っていました。タイミングから初め、一度自然妊娠しましたが流産し、その後人工受精を経て数回の採卵と移植を行いましたが、結果は出ませんでした。結果よりも医師を信頼できなくなっていくのが分かりました。そんなときに東京へ開院された浅田さんを知り、説明会参加を決めました。説明会では、素直にこのクリニックを信じようという気持ちを持ちました。浅田先生の説明にとても納得し共感したからだと思います。
治療を開始してからは、先生方はもちろん、受付の皆さん、看護師さん、全てのスタッフの方々の対応が素晴らしく、また、細かなところまでプライバシー保護を考えられた治療環境に、とても感謝するとともに、満足して納得して通院することができました。先生方は説明のあとに必ず毎回質問がないか聞いて下さり、質問すると詳しいところまでたくさん回答して下さいました。前のクリニックでは疑問が多いまま治療を進めていたので、疑問なく治療を受けられたことで、ストレスは全くありませんでした。
採卵数も前クリニックより格段に多かったので、個人的には非常に高い培養技術をお持ちなのだと感じています。採卵も移植もスキルの高い先生方が揃っていらっしゃるのだと思います。診察室も待合室も広く清潔で、快適に過ごすことができました。何度も通うクリニックなので、環境は大切だと思います。
無事に出産した今、不妊治療に対して思うことは、信頼できるクリニックに出会うこと、信じて治療を続けることが全てだということです。体力も時間も精神的労力も金銭もかかる治療なので、自分が納得できるクリニックに通い、後悔のない時間を過ごすことが重要です。治療中の方が前向きに楽しく治療できることを願っています。そして、結果が出ても出なくても後悔しないように祈っています。

レター

2019年11月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月13日

40歳まで妊娠しなかったので、もうこどもを生み育てることはないのだと半分諦めていました。でも、体外受精で授かった方が周りに何名かいて、その方たちは皆「浅田クリニック」の名を口にしていたのです。40歳になった時に、説明会を予約しました。説明会は人数も多く、浅田先生の厳しい言葉に少しひるみそうになりましたが、一度だけ、治療をしてみようと思いました。
それから4か月後、一回目の体外受精で子を授かることができました。採卵などは大変でしたが・・まさにこんなに早く結果が出るとは思ってもいなかったので、人生が180度変化しました。正直、子どもは苦手でしたが、自分の子ども、とても可愛いです。自分より大切に思える存在に出逢えることは、奇跡だったと思っています。浅田先生にお会いして、一度お礼をお伝えしたかったのですがそれは叶わなかったのでこの場を借りて、本当にありがとうございました。いつも親切に、迅速に対応してくださったスタッフの皆様にも本当に感謝しています。とても尊いお仕事をされていると思います。どうか皆さま、これからも妊娠を望む人たちの力になってください。(まだ凍結してある卵たちをこれからどうするか・・まだまだ悩んでいます。年齢的に、早く決めないといけませんが、体力的、経済的なことを考えると諦めざるえませんが今ある卵を破棄する決断がどうしてもできません。)

レター

2020年01月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月13日

結婚してから10年、子供ができなくても特に治療をしたりする訳でもなく40歳になり、子供がいない大人2人の人生を考えていました。ただ、40歳という年齢は私にとっては分岐点に感じ、このままでいるのか、不妊治療という道を最後に挑戦してみるのか夫婦で話し合い、挑戦することにしました。
年齢が年齢なので出来るだけ多く卵子を保存しておきたく、採卵は2回。先生方のアドバイスをいただき、2回は違う方法での卵子の育て方でした。そして1回目の移植で2個戻しましたが妊娠には至らず、2回目の移植で次は胚盤胞2個を戻し、1つが妊娠に至りました。わたしはアメリカに住んでいて、アメリカから一時帰国しながらの不妊治療でした。主人は頻繁には帰国できないので、精子は凍結させていました。不妊治療は身体ももちろん大変でしたが、アメリカと日本との往復とスケジュールの管理をする中でプレッシャーが大きくて、何よりも精神的に苦しかったです。
不妊治療してアメリカで出産して、そして今の子育ての中で感じることは、生命の尊さです。わたしは不妊治療をしたことで、卵を育てるところから愛情を注いで子供を育てたという思いがあります。勿論、妊娠出産に至ったことは喜びですが、もしもそうでなかったとしても、不妊治療をしたことへの後悔は1ミリもなかったと思います。採卵までの間、卵を育てていく中で、たくさんお腹に話しかけました。そして、凍結させている受精卵たちにも今でも心の中で話しかけています。
アメリカで無事に出産した女の子は今5ヶ月です。治療を経て、一緒に戦ってきた気持ちがあるからか、この子は生命力の強い逞しい子に思えます。不妊治療はみんなそれぞれ違うし同じように当てはまりませんが、涙することもあるし、楽しい将来をイメージすることもあるし、ネガティブとポジティブが入り混じって、心が苦しくなることは皆が経験することだと思います。身体の痛みは時間が解決するので忘れます。でも、辛かった心、涙した記憶は残ります。ただ、言えることは、この記憶は悪い記憶ではないと思うのです。それだけ頑張った証拠だし、それだけまだ見えぬ子供に感じた愛情だと思うのです。どうか、皆がどんな結果に至ろうとも、不妊治療の経験が、その時に感じた気持ちが宝物となりますように。

レター

2020年01月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月 6日

結婚してから10年、子供ができなくても特に治療をしたりする訳でもなく40歳になり、子供がいない大人2人の人生を考えていました。ただ、40歳という年齢は私にとっては分岐点に感じ、このままでいるのか、不妊治療という道を最後に挑戦してみるのか夫婦で話し合い、挑戦することにしました。
年齢が年齢なので出来るだけ多く卵子を保存しておきたく、採卵は2回。先生方のアドバイスをいただき、2回は違う方法での卵子の育て方でした。そして1回目の移植で2個戻しましたが妊娠には至らず、2回目の移植で次は胚盤胞2個を戻し、1つが妊娠に至りました。わたしはアメリカに住んでいて、アメリカから一時帰国しながらの不妊治療でした。主人は頻繁には帰国できないので、精子は凍結させていました。不妊治療は身体ももちろん大変でしたが、アメリカと日本との往復とスケジュールの管理をする中でプレッシャーが大きくて、何よりも精神的に苦しかったです。
不妊治療してアメリカで出産して、そして今の子育ての中で感じることは、生命の尊さです。わたしは不妊治療をしたことで、卵を育てるところから愛情を注いで子供を育てたという思いがあります。勿論、妊娠出産に至ったことは喜びですが、もしもそうでなかったとしても、不妊治療をしたことへの後悔は1ミリもなかったと思います。採卵までの間、卵を育てていく中で、たくさんお腹に話しかけました。そして、凍結させている受精卵たちにも今でも心の中で話しかけています。
アメリカで無事に出産した女の子は今5ヶ月です。治療を経て、一緒に戦ってきた気持ちがあるからか、この子は生命力の強い逞しい子に思えます。不妊治療はみんなそれぞれ違うし同じように当てはまりませんが、涙することもあるし、楽しい将来をイメージすることもあるし、ネガティブとポジティブが入り混じって、心が苦しくなることは皆が経験することだと思います。身体の痛みは時間が解決するので忘れます。でも、辛かった心、涙した記憶は残ります。ただ、言えることは、この記憶は悪い記憶ではないと思うのです。それだけ頑張った証拠だし、それだけまだ見えぬ子供に感じた愛情だと思うのです。
どうか、皆がどんな結果に至ろうとも、不妊治療の経験が、その時に感じた気持ちが宝物となりますように。

レター

2019年12月に出産された患者さまから

掲載日:2020年11月 6日

私ははじめ、別の病院で1年4ヶ月不妊治療をしていました。多嚢胞性卵巣症候群でしたが、その他に2人とも問題なく『妊娠できるはず!』と言われながら、2回目の人工授精でも子どもを授かることが出来ませんでした。次からは自己注射を行なっていくと言われ、自分はもうダメなんだなぁ...どこかに問題があるのでは?と気持ちがマイナスになっていきました。
その時、知人に、浅田レディースクリニックを教えてもらい、詳しい検査やAMHを調べてもらえるから一度行ってみてはどうだろうか、と勧められて通うことに決めました。 行ってみると、本当に細かく検査・説明をしてもらうことができ、今の自分がどうゆう状況なのかを知ることができとても安心することができました。また、先生がちょっとしたことでも『素晴らしい!』と褒めてくださり、私はまだダメじゃないんだ!希望がもてるんだ!と、心がとても楽になったのを覚えています。
そして、1回目の治療。クロミッドより弱いけれども私に合った薬を選んでもらいいい卵子が2つできたところで人工授精。私は可愛い双子を預かることができました。適切な治療もですが、リラックスして治療にのぞむことができたのもよかったのだと思います。小さい2人を見ていると、本当に頑張ってよかったな。浅田レディースクリニックに出会えてよかったな。と思います。本当に感謝しています。
今、迷っていられる方。私も不妊治療をしようか迷っていました。迷っていたというよりもし自分に原因があったら...妊娠できない体だったらどうしよう。と怖くてなかなか病院へ行くことができませんでした。でも、先生方は不安なことを一つ一つ解決できるように寄り添ってくださいます。ドキドキすると思いますが頑張ってください。
今、治療をされてる方。薬を飲まなくてはいけないし、たくさん注射はあるし、生理がくるたびに落ち込むし...心が折れそうな時がたくさんありますよね。たまには好きなことを思いっきりしてリフレッシュしてくださいね。納得のいく結果になりますように。

レター

最初へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴