患者さまからのお手紙

1000通を超えたため新しいページに移動しました。過去のページはこちら
掲載お手紙数42通  毎週金曜日更新

2019年08月に出産された患者さまから

掲載日:2020年8月 7日

浅田LCにかかる以前は不妊の原因はPCOSだけだと思っていました。初診の検査で、それだけではなく抗精子抗体の値がものすごく高いことが分かりました。すぐに原因にそった治療法を提示してもらえてよかったと思います。
通院開始時は希望いっぱいでした。まだ20代、治療すればすぐ妊娠できると思っていました。その後、胚移植しても流産、陰性を繰り返すことになります。そのうちベルトコンベアの上に乗ったような気持ちで通院するようになりました。
流れに身を任せて薬を飲み、受診感情をマヒさせておかないと結果が出ない現実に身が持たなかったのだと思います。5回目の移植の時これでダメだったら採卵方法を見直してもらおうか転院しようか本気で迷っていました。迷いなく突き進める段階は終わっていました。
結果として妊娠、出産に至ることができたがあの6Aの卵に出逢わなければ今も治療の身だったかもしれません。もしくはあきらめて治療をやめていたかもしれない奇跡に奇跡が重なって私たちは命を授かることができました。
クリニックまで通って、待ち時間の過ごし方に慣れて体に負担をかけて日常生活でも色々と我慢をして、親族間で肩身狭い思いをしてお金の心配をして、終わりがくるか分からない治療に望みをかけてそうやって頑張っても結果が出ないかもしれないそんな中、私、よく頑張ってるな...って治療中思っていました。
希望に満ちたことは言えませんが治療中の方の心身の負担が少しでも軽くなりますようにどうか願いがかないますように

レター

2019年07月に出産された患者さまから

掲載日:2020年8月 7日

はじめまして。私は当時39歳で子どもを亡くし、もう一度赤ちゃんをこの腕に抱きたいという想いから治療を始めました。
年齢のことを考慮してタイミングや人工授精をることはなしで初めから体外受精を希望しました。浅田さんの予約がだいぶ先だったので、その前に低刺激系のクリニックに通いましたが空包...正直とても驚いて年齢の壁を感じました。36で妊娠→流産、37と39で出産しているので変な自信があったと思います。そんな時に浅田さんの説明会への順番が回ってきて、これは運命だなと思いました。結果、ギリギリ1年半で妊娠がわかりそのまま出産できました。その間は、ほぼ胚盤胞にならずで初期胚ばかり移植していましたがかすりもせずで...最後の卵だったのでこれでダメなら治療のやめ時かな?と考えていた所、初めて着床しました。
年齢の壁を認識していたので諦めることも頭においていましたが、浅田先生の1年半で結果を出すという言葉を信じて良かったです!子どもは無事に産まれ、すくすく順調に育っています。不妊治療は本当に1回1回の結果に一喜一憂してしまい、心へのダメージが大きいです。なので、自分が信頼出来る先生やクリニックでやるだけやってみる精神でいる事が大事かなと思いました。今ある時間を無駄にしないよう頑張ってくださいね。
最後に、私たち家族に希望を与えてくれた浅田クリニックの皆さんにはとても感謝しています。本当に本当にありがとうございました。

レター

2019年08月に出産された患者さまから

掲載日:2020年8月 1日

私は2回の採卵、6回目の移植で男児を出産することが出来ました。原因不明の不妊に悩み、採卵して移植しても陰性が続いてしまい、本当に毎日泣いていた日々でした。結果を聞いて泣き、不安定にもなる私に浅田レディースクリニックの先生方は優しく励ましてくださいました。浅田レディースクリニックの先生方を信じて本当に良かったと思っています。浅田レディースクリニックの皆さんのおかげで母親になることが出来ました。治療中は本当に精神不安定になり泣き崩れる日々でしたが、それを救ってくださったのは浅田レディースクリニックの皆さんでした。本当にありがとうございました。
これから治療を受ける方々には、お辛い気持ち痛いほどよくわかりますが、先生方やスタッフの皆さんを信じて、淡々と治療を続けてみてください。私は途中からあれこれ考えたり手を出すことをやめて、淡々と日々を過ごし淡々と治療を続けました。なんで私は何度も採卵して何度も移植しても出来なくて、原因もわからないのかと悩むのをやめた時に授かりました。
生まれるまで信じられなくて、生まれてからも自分の息子だという感覚には中々なれませんでした。それくらい奇跡だと思いましたし、それをくださったのは浅田レディースクリニックのみなさんでした。本当にありがとうございました。2人目もお世話になりたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

レター

2019年06月に出産された患者さまから

掲載日:2020年8月 1日

私が浅田レディースクリニックで治療を受けることにした一番のきっかけは、浅田先生の「不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」」という本を読んだことでした。当時は別の産婦人科でタイミングをみてもらっていましたが、その本の中でAMHのことを知り、私にあとどれくらいの猶予が残されているのか、治療を急ぐ必要があるのかを知っておきたくて、クリニックの雰囲気の偵察を兼ねて(笑)、AMH検査を受けました。
すると、私は30代前半でしたが、いつ閉経してもおかしくないような数値が出て、体外受精を受ける決心がつきました。 やはり年齢の割に1回に採れる卵子の数は少なめで3回採卵しましたが、採れた卵はいずれもよく育ち、私に合った卵巣刺激の方法で上手に卵を育てていただいたのだと感じました。1度流産し、3回目に移植した卵で出産することができました。
仕事との調整は正直大変だったし、何より精神的にきつかったですが、子を持つことについて夫と考えを深められ、妊娠出産は奇跡であることを実感したこの治療期間は無駄ではなかったと感じています。
もし治療を受けるか迷っている方は、今のご自身の状態を把握するということも判断の一助になるのではないでしょうか。不妊に悩む方のもとに、1日にもはやく赤ちゃんがやってきますよう、祈っています。

レター

2019年06月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月25日

2017年4月に長女を、2019年6月に次女を出産し、二児の母親になることができました。2人とも顕微授精で授かり、浅田レディースクリニックさんに、特に羽柴副院長には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
長女を妊娠する際は、採卵を経ての胚移植ということと、全てが初めての事ばかりでとにかく不安な毎日でした。でも、温かい雰囲気のクリニックとスタッフの皆さんのおかげで通院も頑張ることができました。次女を妊娠する際は、凍結保存されていた胚を移植するのみということもあり、体力的にも精神的にもまだ余裕がありました。勝川クリニックはキッズルームもあり、長女を連れての通院ができて大変助かりました。妊娠そして無事に出産するまでには悪阻などの体調不良や不安などがありました。
出産後は、慣れない育児で寝不足の日々が続いたり、自分の時間がとれない毎日で、正直辛いと思うことも多々あります。でも、2人の子どもたちは多くの喜びや感動を与えてくれて、本当に愛おしく大切な存在です。こんなにも愛おしく大切な子どもを2人も授かることができたのも、浅田レディースクリニックさんのおかげで本当に感謝しています。
不妊治療を迷われてる方、辛い方などいらっしゃるかもしれませんが、少しでも多くの方が赤ちゃんを授かることができることを願っています。

レター

2019年04月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月25日

浅田レディースクリニックで治療して、一人目二人目からお世話になり、この度第三子を出産しました。多嚢胞性卵巣症候群のため、28歳から治療開始。他院にて採卵2回、移植4回でも授かれず、このまま治療を続けても良いけど、採卵しても卵の質が悪いし、次の採卵で採れる保証もないから良い結果は出ないと言われ、目の前が真っ暗になりました。このまま自分は赤ちゃんは出来ないかもしれないんだと...一旦治療を辞め、漢方薬局で浅田レディースクリニックに行ってみたらと勧められ、ここで駄目なら...という気持ちで転院しました。
初診説明会では院長と個別面談も出来、これまでのことを話すと、「(赤ちゃん)出来ますよ、刺激の仕方が悪い」と、言って下さり、気持ちが前向きになれました。結果、院記録行くくらい採卵できたと言われ、三回目の移植で第一子を、二回目の移植で第二子を、一回目の移植で第三子を妊娠、出産できました。今、三人ものこどもたちに囲まれて過ごせていられるのも、浅田レディースクリニックに通ったおかげです。
こんなに人生が変わるなんて...目の前が真っ暗になって号泣した日のことを忘れることはないですが、今そういう状態にある人、本当に辛いですが、数年後には全く違う日々を送っているかもしれませんね。休みながらでも、気持ちは少しだけでいいから前を向いて、治療を続けて欲しいと思います。

レター

2019年06月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月17日

結婚後1年の間に妊娠しなかったため、まずは総合病院の婦人科を受診し人工授精から始めました。約1年間通いましたが結果が出ず、ステップアップを考えたほうがいいとアドバイスをもらい、不妊治療専門クリニックを探すことにしました。
通い始めて約1年半で妊娠することができました。不妊治療は「治療」とはいうものの、不妊の原因ははっきりせず、とにかく採卵と移植を着床するまで繰り返すことだと思います。周りの人は自然に妊娠しているのにどうして私はできないのか、何がいけないのか、などなど、治療中は色々考えて落ち込みがちですが、『どうして・・』を考えても答えはなく、『やるしかない』と覚悟を決めて通院していました。稽留流産も経験し、「いつやめるのか」も考えなくちゃいけないと思っていた頃に妊娠することができました。
無事に出産し、現在子育て奮闘中です。自然妊娠はできなかったけど、受精卵になって凍結されて、溶かされてお腹に戻された状態から無事に育ってくれた我が子は生まれる前から過酷な環境下を生き抜いてきたわけだし、かなり強い子だと思います。
不妊治療と聞くと少し暗いイメージや人に話しにくいイメージがありますが、生まれる子は間違いなく強い子だと思うのでこれから治療を始める方には後ろめたさや劣等感を持つことなく治療に向かって欲しいなと思います。

レター

2019年07月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月17日

浅田レディスクリニックに通い7ヶ月目、AIH4回の後にIVFで1回目の移植で妊娠をしました。初めての不妊治療のクリニックを探す上で重視したのが実績でした。そしてスピードです。治療時に34歳だったため1日でも早く結果が出したかった。欲をいえば将来的には2人目が欲しかったこともありAIHの回数に限度を設けていて、結果を重視しているクリニック、それが決め手でした。私たち夫婦のように不妊の原因が不明なケースが多い事も診察前に説明会で聞けた事も決断を後押ししてくれました。
治療中はもちろんAIHで結果が出ない事に落ち込んだり、焦ったり、高額なIVFをする先の見えない不安もありました。主治医の服部先生は常に的確な判断で治療をしてくださったおかげで採卵や受精結果も今回だけでなく次の妊娠にも繋げていける結果になりました。治療中は自分の気持ちを整えるのでいっぱいいっぱいで気づけない事もたくさんありましたが、とても真摯に、結果を出す事に注力してくださり、移植の時、服部先生を見てとても安心することができました。
今は無事に出産し、妊娠がゴールではなく、出産して育児がスタートして、、時間もお金もその先の方が長くて大変なことだと実感しています。治療に時間をかけていたらもっとお金と時間がかかっていたかもしれません。不妊治療は十人十色だと思いますが、もし同じような原因で不妊に悩んでいる方がいるのであれば自分の結果が励みになればと思います。

レター

2019年05月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月10日

私は結婚後3年ほど経過しても、なかなか妊娠に至らなかったため、妊活を始めることにしました。初めは近くの産婦人科に通い、タイミング法を試みましたが、変化がなく、次に勤務先近くのクリニックに通い、人工授精を2回ほどチャレンジしましたが、特に変化がない状態が続きました。今後どうしようかなと考えていた頃に、夫が海外出張の多い部署へ異動となった為、これからなかなか一緒に過ごす時間が少なくなりそうだと思い、この際に思い切って体外受精へのステップしてみようと考え始めました。その時に出会ったのが、こちらの浅田クリニックです。
ちょうと品川クリニックが開院するタイミングだったので、こちらで頑張ってみようと思い、通い始めました。初めての採卵、肺移植を経験し、1回目の体外受精で妊娠、そして無事に出産することが出来ました。私たちの場合、妊娠出来ない原因は特に見当たらず、ただ妊娠しないという状態が続き、周りの友人は次々と妊娠出来ているのに、なぜ自分だけ妊娠出来ないのだろうと思い悩んだ時期が続きました。しかしこちらの浅田クリニックで思い切ってチャレンジしたことで、このように自分の子どもと幸せな日々を送ることが出来るようになり、大変嬉しく思います。浅田先生を始め、クリニックの皆様に大変感謝しております。また第二子でお世話になる際は宜しくお願いします。そして、もしチャレンジすることに悩まれている方がいらしたら、まずはクリニックに訪れてみることをお勧めしたいです。

レター

2019年05月に出産された患者さまから

掲載日:2020年7月10日

私は職場に浅田CLにて治療している人が何人もいたので、とても心強く、あまり気負わずに治療を決意することができました。その後も周りにカミングアウトした際も「私も治療してる」と仰る人がとても多く、今ではメジャーな方法なのだと感じました。差別の強いと思ってた身内にも「それも一つの方法だ」と認めていただいたのも大きかったです。
私は年齢的にも早く授かりたかったのと、精神的に強いほうではなかったので、検査や段階を一切踏まずに最初から体外受精にしました。最短で最高の確率の高い方法をお願いしますと言った時、「そうしましょう!それがいい!」と力強くステキな笑顔で主治医の先生に言われたのは心の支えになりました。体調や薬のプレッシャーで辛いときもありましたが、念願通りの最短のタイミングで二人も可愛い可愛い子供を授かり、夫婦ともに育休を取りながら幸せな日々を過ごしています。お金は稼げばいい。時間は戻ることはない。前だけをみてとにかく信じて(変な民間療法は全て無視して)過ごしたらいつか得るものがあると思います。
今治療しているかた、お疲れ様です。頑張らなくていいので、オシャレしてカフェに行ったり、好きなことをして過ごしていてください。身体は温めて。迷ってるかた、後悔しないように何が1番大切かを考えて決めてください。お金なのでしたらやめたほうがいいかもしれませんが、時間なのでしたら今すぐ始めてください。全ての方に幸せが訪れますように願っております。

レター

1  2  3  4  5 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴