患者さまからのお手紙

1000通を超えたため新しいページに移動しました。過去のページはこちら
掲載お手紙数22通  毎週金曜日更新

2019年04月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月24日

今回、2人目の子供を浅田レディースクリニックで授かりました。ありがとうございました。
1人目も体外受精で、まだ顕微受精した受精卵が6個ほど残っている状態からのスタートでした。1人目が幸運にも移植一度目で成功していたので、保存してある受精卵で大丈夫だろうとたかをくくっていました。でも実際にはなかなか受精せず、再度の採卵も覚悟したところでやっと授かりました。あの生理前の期待と生理が来るたびにやってくる悲しみ。薬がちゃんと飲めてなかったのか、生活が忙しいからダメなのか、と、答えのないところに原因を求めて悩んでしまう時間。治療の間はいつもおちつかないですよね。でも、そんな日々を過ごしても、今子供の笑顔を見るたびに感じる幸福感が得られるなら、やっぱり治療して良かったなと思います。
誰も望んで不妊治療をするわけではないかもしれませんが、それを乗り越えた過程があったからこそ、子供がいることの幸せを強く感じるのかなと思います。今回授かった子は、妊娠中に先天性奇形が見つかりました。振り返ると色々なことが後悔できてしまって、原因なんてわからないとわかっていても、あれこれと、これがだめだったんじゃないか、と悩みました。生まれて2ヶ月間のNICU生活、2回の手術とまだまだ続く通院と手術の予定。でも今5ヶ月の月誕生日を迎えて一番強く感じるのは、この子を迎えられた喜びです。私の不妊治療の辛い日々は報われました。
子供を産むことを人に勧めるなんて、その人その人の考え方があるんだからナンセンスだと思っていましたが、今は子供を作ることを勧めてしまう気持ちがよくわかります。そして、治療の中で色々葛藤があっても、乗り越えて来られたのは、浅田レディースクリニックさんの方針や治療を信じることができたからだと思います。受診前の説明や、HP、培養室の見学などで感じる方針や治療に対する真摯な姿を見て、治療方針や治療内容には不安なく治療に臨めました。本当にありがとうございました。
私がお勧めする、なんて言うのもおこがましい感じがしてしまいますが、もし不妊に悩む人がいたら、ぜひ受診を勧めたいです。

レター

2018年10月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月24日

2年で妊娠させる、方針に納得出来なければALCを選ばなくていい、という自信があるこそ発言出来る院長先生の話を説明会で聞き、治療をしようか迷っていたけどここまで言い切れるならお任せしてみようと治療を即決しました。
フルタイム、不規則な休日で都合がつかない時もあったけど、絶対に赤ちゃんに会えるということを信じて楽しんで通院することが出来ました。どの先生も質問に丁寧に答えて下さり、不安になることはありませんでした。年齢的にゆっくりしていられないと言われ、タイミング2回、人工3回しましたが上手くいかず、それでも院長先生の自信ある話を信じていたので、全く諦めたり落ち込んだりすることなく体外へと進み2回目で妊娠することが出来ました。
治療2年目を迎えることなく妊娠出来、説明会で聞いた話を信じてやってきて良かったと思えました。友人2人も別の病院で治療をしていますが、私より随分前に始めましたがなかなか妊娠に至らず、話を聞くとタイミングや人工を何度もしていました。ALCに通っていた私からしたら、こんなに結果が出ないのに何でその病院はこんなにゆっくり治療をしているのかわかりませんでした。説明会に行くまでは、不安しかなかったけど説明会に行くと私と同じように悩みを持つ人がホールいっぱいにいてそれを見た時に、悩んでいるのは自分だけじゃなかったと不安や迷いが消えたのも鮮明に覚えています。早目の出産になってしまったけど、順調に成長し毎日ニコニコしてくれる子供を見ると本当に幸せな気持ちになります。
治療をして良かった、ALCを選んで良かったと心底思います。治療にはお金もかかるけど、子供はプライスレスです。始める前からお金が気になるなら、治療はしない方がいいと思っています。通院中は、今回の周期はダメでもまた次があるとか、ALCなら大丈夫という気持ちで楽しく通院した方が気は楽です。迷っているならとにかく院長の言葉を信じてALCにお任せしてみるべきだと思います。
培養室の見学もして、自分達の卵はどう管理されているかということも知ると、ますます治療に前向きになれると思います。疑問に思ったことは、遠慮せずどんどん先生に聞いて、自分の中で不安を解消し、納得して治療を進めていくことも大切だと思います。どの先生もどんな疑問にも丁寧に答えてくれました。

レター

2019年04月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月17日

2017年に第1子、2019年に第2子を授けて頂きました。結婚自体が36歳と遅かったため、二児の母になれるなんて本当に夢のようです。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
クリニックに通い始めた頃、「自然妊娠は難しいです」と言われたときは、精神的にとても辛かったですが、先生・スタッフの皆さまに常に支えて頂き、厳しい治療も乗り越えられました。私は、治療を開始する時点で1つ自分の中で決意しました。「浅田レディースクリニックさんで治療して、妊娠できないなら仕方ない。日本で一番のクリニックで治療しても妊娠できないならあきらめよう」という決意です。6個の卵を移植しました。その過程で、主人や両親と対立することもありました。
また、身近な人の妊娠を心から祝福できない自分に嫌悪感を抱くことも多々ありました。でもうまくいかない時はいつも、最初の自分の決意を思い出し、「ダメでも仕方ないかっ!!」と楽観的になると、不思議と前向きな気持ちが芽生えました。本来、自分を責める必要なんて無いですもんね。
いま治療を頑張っている方には、これだけはお伝えしたいです。自分を責めないでください。あなたは何も悪くないです!!大阪からの通院は経済的・時間的な面からも大変でしたが、本当の意味で「納得の治療」が受けられました。何度も移植に失敗しましたが、その状況下でも私は「このまま妊娠に至らなかったら、それはもちろん悲しく辛く、とても悔しいけれども、自分の中では納得できるな」と思っていました。それほど、浅田レディースクリニックさんを信頼していたのです。
皆さんには、「浅田レディースクリニック」という何よりも強い援軍がついています。ですから、明るく、そして時には楽観的に乗り切ってください。皆様の幸せを心より心より祈念いたします。

レター

2019年03月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月17日

2度目の人工授精にて38歳で妊娠し、39歳で男の子を出産しました。近所のクリニックで1年ほどタイミング指導を受けましたがなかなか授かることができず、ステップアップを勧められたこともあり、それ以前から気になっていた浅田レディースクリニックでお世話になることを決めました。
人工授精から始めたいという夫と私の考えを受け入れていただき、2度目で妊娠することができました。通院して4か月のことでした。人工授精1度目で妊娠が叶わなかった際には、年齢のこともあり、すぐに体外受精に切り替えたほうがよいのでは、という焦りや不安がわきましたが、先生からの「3回までは続けてみませんか」というアドバイスで背中を押していただき、目標が見え、安心した気持ちで治療を受けることができました。
妊娠がわかったときも同じ先生の診察で、「がんばって続けて良かったですね!」と言っていただき、おなかの中に来てくれた小さな赤ちゃんが内診のモニターで見えたときには、感動というか不思議というか、こころの中がとてもしあわせであたたかくなったことをよく覚えています。
現在、息子は5か月になり、離乳食を始め、よく笑い、泣き、元気いっぱいに育っています。寝返り、ずり這い、おもちゃ遊びなど、日々できることが増えています。私の身体はあちこち痛いし、大変なこともたくさんありますが、息子とのふれあいはかけがえのないもので、治療を受けてよかったと日々感謝しています。
治療を受ける最初の一歩を踏み出すのには勇気が要りましたが、今では、もっと早く踏み出せたらよかった...と思っています。そして、2人目も授かることができたら...と、そろそろ考え始めています。

レター

2019年03月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月10日

今回二人目となる次女を無事出産しました。一人目もこちらで授かりました。一人目の時に採卵して凍結保存してあった卵を用いて、二度目の移植での妊娠でした。治療を再開する時に残っていた胚盤胞はひとつで、そちらを用いた一度目の移植は妊娠に至りませんでした。妊娠してないと判明して落ち込んでいた時に培養しているラボの見学をたまたましていたので、残ってる卵に会いに訪れました。その時に培養士の方に今回ダメだったこと、そして、もう胚盤胞はなく、次回からの治療は初期胚を使用することを伝えると丁寧に私の話に耳を傾けて初期胚の移植のことをわかりやすく親身に教えて下さりました。
初期胚の移植は初めてだったので心配もありましたが、培養士さんが丁寧に説明をして下さり、最後には私達も精一杯やります!頑張りましょうと力強く応援して下さりました。その言葉と対応はその時の私の背中を優しく、そして確実に押してくれました。私は培養士さんの優しい言葉に涙してしまいましたが、悲しい涙ではなく頑張ろうと気持ちを切り替える涙だったように思います。その励ましと、先生方、培養士の方、皆さまのお力添えもあり新しい命を授かることが出来、3月に新しい家族を迎えられたと感謝しておりますを駅前クリニックでは長女を連れての通院は出来なかったため、一人目の時とは違った苦労や悩みもありましたが、家族の協力もあり通院することが出来ました。
駅直結のビル内にある託児所はこちらの病院にも近いため利用しやすかったです。一人目の時もまた、今回も病院の雰囲気が良く、リラックスした気持ちで通院出来たことは何より妊娠することに繋がっている気がしています。高い技術と、素晴らしい環境を提供して下さる浅田LCに通院して本当に良かったと、夫婦共々感謝しています。どうもありがとうございました。
今は2歳と4ヶ月の娘たちの育児にバタバタした毎日を送っていますが、悩みながら楽しみながら、二人の命に感謝して、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。どうもありがとうございました!!

レター

2019年03月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月10日

私は比較的早い段階で不妊治療に踏み切りました。その理由は、赤ちゃんを授かりたいと思い、訪れた婦人科でブライダルチェックを行ったところ、AMHの結果が悪く、不安を覚えたからです。その後、自然妊娠を試みるが出来ず、検査を受けました。
最初に行った病院で、年齢も20代だった事もあり、とりあえずタイミングから。若いし大丈夫。きっとすぐ出来るよ。と言われていました。しかし自然妊娠も人工授精も惨敗で、そうこうしている間に何度も友人から妊娠報告を受け、落ち込んでいました。主人との意見も食い違うところがあり、なかなか次のステップに進む事が出来ませんでした。やっと主人が重い腰を上げ、体外受精へ踏み切る事が出来ました。
名古屋で一番有名だった貴院の評判を聞き、説明会の予約をしました。そこからは数回人工授精にトライしましたが結果は陰性。体外受精へステップアップしてからは通院回数も増え、仕事をしながらの通院は大変な事はありましたが、何が何でも自分の赤ちゃんを授かりたいという一心で治療に励みました。幸い初めての移植で妊娠、出産まで漕ぎ着ける事が出来ました。
不妊治療をしている間は、人生で一番辛く、一番涙を流した期間でした。しかし妊娠してからは不安もありましたが、幸せな事ばかりで、未来への希望に満ち溢れた日々を送る事ができました。出産後、最愛の我が子に私たち夫婦は勿論、両親や兄弟、祖母たちもメロメロで毎日癒されています。諦めず、挑戦し続けて良かった。若いから大丈夫ってゆう言葉に疑問を持って良かった。費用は高額でしたが、我が子と過ごす人生を授けてくださった対価だと思うと、安いくらいだと思いました。
不妊治療の研究を進めて下さった医療関係者の方々、実際に処置をして下さった医師や看護師の皆様には、いくら感謝をしても足りない程です。第二子を迎える準備が整ったら、またお世話になりたいと思います。本当に、ありがとうございました。

レター

2018年12月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月 3日

よく、不妊治療は大変だ、嫌だ、辛い、お金がかかる などと言われますが、私はあまりそうは思いませんでした。それよりも、毎月、生理がくるたびに、「あぁ...またダメだった...」 と思うことの方がどれだけ辛かったことか...不妊治療中は、自分でお腹に注射もしたし、お薬もたくさん飲んだし...でも、それが妊娠とゆう目標に近づいているのだと思うと、辛いとゆうよりは、嬉しい気持ちでした。
生理がきて、またダメだったと、ただ落ち込むだけの自分より、今の自分は妊娠に向けて前向きに頑張っているんだと思うと、不妊治療は正直、楽しかったです。私は名古屋支店での治療だったので、せっかく名古屋にきたのだから、病院の帰りはどこでランチしようかな とか、前にTVで紹介されてたお店に行ってみよう とか、そんな楽しみもあったので、楽しく通院できました。どおせ治療しなきゃいけないなら、楽しく通ったほうが、気が楽になるし、ひょっとしたら、良い結果もでやすくなるんじゃないかな なんて。
おかげさまで、今は二児の母になることができました。二人とも浅田クリニックで、ご縁を頂きました。高齢とゆうこともあり、自然では、ほぼ100%無理だったと思います。だから、ホントにホントに治療して良かったと思っています。何者にも代えがたい、大切な我が子を二人も授かることができました。
こちらのクリニックの先生、スタッフのみなさんには感謝の言葉しかありません。不妊治療を始めることは、大きな決断が必要かと思います。お金だって、正直安くはありません。治療しても妊娠できないかもしれない。そんな不安は私も当然ありました。でも女性が妊娠出産できる年齢は限られています。私はまだギリギリ妊娠出産できるこの時期にやるだけのことはやってみようと思い、治療を決断しました。後になって、後悔しないように。自分が納得いくまで、やってダメだったら、諦めもつくかなと思って。
人それぞれ、いろいろ環境は違うと思いますが、なるべく後で後悔しないような選択が出きれば、一番いいのかな なんて思います。

レター

2018年12月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月 3日

36歳で入籍し、1年経った頃もしかして不妊かと思い、その頃はまだこんな長く辛い不妊治療か始まるとは思ってもいなく、近所に不妊治療をしている個人病院に通う事にしました。
正直、20代前半中絶をした事もあります。。今思うと改めて自分自身の愚かな行動、子供が出来る奇跡、反省と後悔でした。それに加え、何処か子供は出来る身体なんだと漠然と考えてた浅はかさ、子供を授かる事が簡単ではないといろいろ教えられ学んで感じました。年齢による、無知だった卵子の老化。。AMH数値の低さから焦りしかありませんでした。タイミング法からの人口受精4回、体外受精から顕微授精は計9回。名古屋の有名病院を渡り歩く事4転院。数は少ないもの、採卵も出来、受精もするのに上手く分割せずとか、分割途中の未知な受精卵を移植とか、胚盤胞までいかず廃棄という病院。採卵までの通院と長時間の待ち時間~辛い薬や注射の繰り返し。どれだけ、帰りの電車、自宅、病院で涙したか。。
私、良い意味でも悪い意味でもメンタル強い方なんです。流石に出口のの無いトンネルってこの事かと何をしてても頭に治療の事があり、主人に当たり散らし喧嘩も沢山しました。何で、私だけこんな辛い思いしなきゃいけないのって。離婚の言葉も出ました(笑)4転院目が浅田さんでした。前々から、浅田さんの事は知ってましたし検討もしてました。ただ名古屋駅に通うと言う億劫さと、その頃は今のように初心前説明会の枠が多くなく、パソコンで予約開始時間と共に枠が埋まってしまうという時で、何度チャレンジしても説明会に参加出ずイライラしてた記憶があります。
大きなホールで説明会に移行し予約がとれ、初診できたのが40歳に突入してました。結果論ですが。。。最初から、浅田さんにしてたらもっと早く妊娠出来ていたのかも、いや、妊娠出来ていたと主人も私も思ってます。遠回りと無駄遣いだったかと。。今まで8回他の病院で、体外+顕微をしてきて、妊娠せず、移植も出来ずを繰り返して諦めてたのに、浅田さんで一回の顕微授精からの移植で妊娠しました。
その妊娠はたまたま受精卵の異常で継続出来ませんでしたが、同じ採卵で採れた分割胚で2回目また妊娠。本当に凄いと思いました。腕が良いと噂では聞いてたものまさか一度の採卵で妊娠出来るとは今までの経験上思ってなかったので驚きと感動でした。勿論、その時のコンディションやらタイミング等いろいろありますが、何よりも4転院回って感じた事。私には、浅田さんの通院ストレスが他の病院に比べてかなり少なかったことです。
個人の意見ですが、浅田さんに通院しはじめてから主人にも、気持ち的に楽だと言ってました。医院がキレイで立地も良かった事、予約システムや待ち時間も他より短い事、通院回数が他病院に比べて最小限でしたし、何よりも、毎回ドクターが違いましたが、どの先生にあたっても不快な気持ちにならず、本当に良い先生ばかりだった事。受付の方から培養の方、コーディネーターの方 どの方の印象も良かったです。(他病院受付の女性は特に淡々としてて冷たい印象)教育がきちんとされているんだなと感じました。浅田先生には直接の診察で一回しかお会い出来ませんでした、一見さらりとした冷たい?感じに説明会での印象がありましたが、凄いオーラと共に(笑)とても親身に質問にも返して下さり安心感がありました。
無事、卒業まで出来たもの、高齢出産というリスクから、1ヶ月半の緊急入院からの緊急帝王切開と言う大変な事態になってしまいましたが、今は可愛いすぎる5ヶ月の男の子の育児に追われながら楽しく過ごしています。最後の砦の病院と思わないで下さいと、説明会の時に浅田先生は言っておられました。でも私は、年齢的にも、経済的にもキツく最後にしようとこちらに駆け込みました。浅田さんに通院出来て良かったです。たまたま私に合っていたのかもしれません。
やっと!可愛い掛け替えの無い我が子、に会える大きな手助けをして下さった、浅田レディースクリニックさんに本当に感謝してます。有難うございました。

レター

2018年12月に出産された患者さまから

掲載日:2020年3月27日

私は結婚して9年、ようやく待望の赤ちゃんをこの腕に抱くことができました。浅田クリニックの皆様方には 本当に本当に感謝しています。
私達夫婦は 結婚して2~3年ごろ、浅田クリニックではない、別の不妊治療の門をたたきました。そこで何年もかけて、初歩の治療から体外受精までおこないました。しかし、1度は妊娠したものの流産(心拍確認前に)。その後も挑戦を続けた記憶ですが、最終的に医師から「うちでこれ以上やれることはない」と告げられ、新たに 浅田クリニックにお世話になることに決めました。
まだ30代、どうしてもどうしても、諦められなかったのです。浅田クリニック説明会での、とても合理的な考え方に納得したのを覚えています。そして、浅田クリニックで初の杯移植で 待望の妊娠。驚きました。浅田クリニックさんの技術のおかげだと、本当に有難く思っています。出産を経て現在。我が子がこんなに可愛いとは思ってもいませんでした。育児は大変なことも多いですが、浅田クリニックさんにお世話になり本当に良かったと思っています。
これから治療を始められる方々、現在治療をされている方々、いろいろな思いを抱えての治療かと思います。しかし、私のような例もあることを知っていただき、ご自身の決められた形の中で、前向きに歩んでいって頂きたいです。また、もし迷っている方がいらしたら、もしもほんの少しでも、子どもが欲しいという思いがあるのなら、ご自身で決められたところまでは、穏やかな希望を持って、進んでいって欲しいです。
何が正解かはわかりませんが、私達夫婦は、いろいろなことを会話し、でもそれぞれに日々忙しくしながら、治療を続け、今の日々を迎えました。授かった命を、心から 大切にしていきたいと思います。〆

レター

2019年01月に出産された患者さまから

掲載日:2020年3月27日

体は小さい頃から健康で、妊娠は当たり前にできるものだと思っていました。でも、待てど暮らせど、赤ちゃんは私のところに会いに来てくれなくて。早く子どもが欲しかった私は、とりあえず体に良いものを取り入れたり、排卵日とタイミングを合わせてみたりと、自分でできる範囲で最初のうちは取り組んでいました。
でも、やっぱりなかなか妊娠できず、周りの友達が妊娠するたび焦りだけ募って。ナイーブな問題だからか、不妊治療している友達もいなくて、調べはするものの、不妊治療を開始するまでには、かなり時間がかかりました。夫を説得したり両親へ相談したり。みんな、不妊治療なんかしなくてもできると言って、真剣にとりあってもくれず、気持ちがかなり落ち込みました。
時間だけ過ぎていき数年たったときに、夫が重い腰をあげてやっと病院にいくことができました。検査の結果、とくにふたりとも問題はないものの、妊娠ができないということで、段階をふんで治療を開始しました。半年くらいタイミング療法をして、効果がでないなぁ思っていたら、急に夫の転勤で名古屋に行くことになり途中で断念。またいちから病院探しから始まって、浅田レディースクリニックを見つけ、説明会を開いてるなんてすごいなぁと思いながら参加。とてもたくさんの方々がいて、子どもが授かれない人がこんなにもたくさんいるんだととても心強くなりました。それに、夫も周りにこれだけたくさんの人も自分と同じ状況なんだとわかってもらえて良い機会でした。
前に通っていた病院より、スピードを持って治療をしてくださり、妊娠することができました。通っている間辛いこともあったし、涙もたくさん流したし、気持ち的にも折れそうになったこともたくさんありましたが、今はとっても幸せです。もっと早く不妊治療を開始したら良かったと思っています。結果論かもしれませんが、タイミング療法で迷っていた時間がもったいなかったなと思いました。高齢出産手前ということで、体力の問題もありますが、私にとって1番大きな問題だったのは気持ちの問題でした。
34歳で子どもを生んで、はや4ヶ月。すでに、腱鞘炎で手が痛く腰も痛めていますが、これからもっと大きくなっていくので、体力作りに励んで頑張ります!

レター

最初へ 1  2  3 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴