患者さまからのお便り

2016年07月に出産された患者様から5

掲載日:2018年4月20日

27歳の時から妊活を始めたのですが、なかなか授からず、不妊なのかな?と産婦人科に行っても「あなたは若いからまだ大丈夫」と言われ、こちらからお願いしないと検査もあまりしてもらえない状況でした。
他院でクロミッドの簡易体外受精3回撃沈。そもそも体外受精どころか、空胞、変性卵、空胞と、卵すらとれない状況で、周りの方は卵が取れてるのに、自分は卵すらとれないなんて...とかなり落ち込みました。(採卵の時間帯がまとめてあり、流れで卵が取れた人、取れていない人がなんとなくわかる病院でした。)先生に頼み込んでAMHの検査をしたところ、高AMH、多嚢胞ということがやっとわかり、転院。2回目の転院だったので、もう転院は嫌だ、と思い、自分の中で、最後の砦、と感じていた浅田レディースクリニックに通うことにしました。浅田レディースクリニックで1番ありがたかったのは、これまでの病院で言われていた「あなたは若いから大丈夫」という言葉をどの先生も看護師さんも言わなかったこと。質問にもいつも丁寧にわかりやすく答えていただきました。曖昧な答えはあまりなく、はっきりとおっしゃっていただけるので、安心感もありました。私の体質に合わせた採卵方法で、多嚢胞でしたがOHSSになることなく、 卵もたくさんとれ、胚盤胞にもなり、2回目の移植で赤ちゃんを授かることができました。
今、かわいい我が子との時間は本当に幸せです。ぐずっても、泣いてもかわいいです。腕の中で眠る姿を見ていると幸せで胸がいっぱいになります。私にかわいい我が子を授けてくださった浅田先生、浅田レディースクリニックの皆様、本当にありがとうございました。またもう少し娘が大きくなったら凍結している卵ちゃんを迎えに行きたいと思います。まだ大丈夫だよね、とか若いから不妊治療は早いかな、と迷われている方には、少しでも早く我が子を抱きたかったら、一度病院へ行ってみることをおすすめします。私みたいに、生理周期は安定してて、毎月生理もある。内診では多嚢胞がわからなかった、そんなこともあるので...

レター

2016年07月に出産された患者様から4

掲載日:2018年4月20日

妊娠すること。それは結婚したら、当たり前に、自然にできるものだと思っていました。結婚当時は28歳、周りより少し早めの結婚だったこともあり、当初は何の焦りもありませんでした。
友人が結婚し、次々と妊娠報告を受ける中、不安に思い病院に通い始めたのが1年後。幸せだった新婚生活から一変、生活が急変しました。通い始めたのは自宅近くの病院。とても混んでいる病院で、診察まで4時間待ちは当たり前。最大6時間待った事もありました。先生方も忙しいからか、流れ作業で、こちらも気を遣ってしまい聞きたいこともきちんと聞けない状態でした。ただただ病院に通うのが苦痛で、毎日憂鬱で、結果も出ずに、生理が来る度に泣いて主人に当たる日々が過ぎていきました。
人工授精を3回行い、体外にステップアップすることになりましたが、このままこの病院で治療していいのだろうか、と疑問に思い、評判の良い浅田レディースに転院する事に決めました。友人もこちらの病院で妊娠することができ、その話を聞いていたことが大きな要因の1つでした。こちらへ通いはじめてからは、私の中の不妊治療のマイナスイメージが全て払拭されました。通院=不幸。長い待ち時間、先生の対応、結果が出ない、という以前の病院から不妊治療というものは精神的に辛いもの、と自分の中でなってしまっていましたが、浅田レディースへ通ってみると、待ち時間はとても短く、診察の流れもとてもスムーズ、スタッフの皆さんも丁寧で優しく、何より先生方がしっかり私の目を見て説明をし、親身になって、何か分からないことありますか、と向き合って聞いてくださるのです。それがとても嬉しく、不妊治療に対する不安がなくなり、通院が苦ではなくなりました。本当にこちらへ転院して良かったなぁと思います。
通い始めて1回の採卵、2回目の体外受精で妊娠する事ができました。技術や、実績は勿論ですが、人間味溢れ親身になって患者と向き合ってくださる病院だと思いました。私はそこに大変救われました。結果が出た時、はじめてエコーで赤ちゃんが動いた時、一緒になって嬉しそうにニコニコしてお話をしてくださりました。そんな先生方がたくさんいらっしゃる素敵な病院です。卒業する時は、少しさみしかったくらいです。あれから約1年が過ぎ、娘も5ヵ月になります。今でもこの子に会えたのはたくさんの方たちのお陰なんだなぁとふと思います。浅田レディースクリニックのスタッフの皆様、先生方、本当にありがとうございます。幸せな今があるのは皆様のお陰です。時期をみて2人目もお迎えに行けたらなぁと思っています。

レター

2016年06月に出産された患者様から6

掲載日:2018年4月13日

私はH25に第一子、H28に第二子を出産しました。夫婦共に早く子どもが欲しくて一年未満の交際を経て結婚しました。しかし中々赤ちゃんが出来ず、病院にも通いだしてようやくわかったのが旦那の無精子症でした。
そこで紹介されたのが浅田レディースクリニックです。最後の望みでした!まさか私たちが不妊治療?とはじめはいろんな事にとまどいましたが、自分で注射することも恐くて怖くて...でもこんなところでめげてたらダメだ!と思い始めてからは気持ちも変化しました。旦那に元気な精子がいなかったらどうしよう。うまく受精されなかったらどうしよう。初めての全身麻酔、初めての顕微鏡受精...いろんな治療を乗り越えました。チャンスをくれた先生方には本当に感謝しています!自分より後に結婚した友達に赤ちゃんが出来たと聞くと、正直複雑な気持ちになりました。仕事後に病院に通っていたのでいつも帰りは真っ暗。心身共に疲れる時もありました。お給料はほとんど治療費に。でも、少しの可能性が残っているなら諦めないでください!私の周りでも何年もかかって赤ちゃんが出来た方がたくさんいます!!!もっと日本が不妊治療の理解と補助に力を入れてくれますように。

レター

2016年07月に出産された患者様から3

掲載日:2018年4月13日

生理も毎月正しく来ており結婚したらすぐ妊娠出来ると思っていたがなかなか出来ず結婚して2年目で病院へ行きました。
初め通った病院でいろんな検査し異常は見つかりませんでした。原因不明のまま体外受精までしましたが採卵した卵子は全部未熟の卵子ばかりで受精卵が出来ずなぜ受精卵が出来ないのかも原因がわからないと言われました。もう無理かと思っていたが助産師の姉に浅田レデイースクリニックを教えてもらい思いきって通いました。説明会ではとてもわかりやすく質問にもしっかりと答えて頂き諦めていた気持ちがもしかしたら私も赤ちゃんが出来るかもと自信がつきました。でもいざ、採卵した卵子はやはり未熟卵子ばかりでした。でも卵子をしっかり調べてもらう事が出来き、院長先生から次は受精卵が出来ると思いますと言っていただき2回目の採卵で5個の受精卵が出来ましたと報告をもらったときは本当に嬉しかったです。そして二個目の胚移植で赤ちゃんを授かることが出来ました。
不妊治療、出産は大変でしたが我が子を抱いた時は本当に幸せで、諦めず不妊治療して良かったです。浅田レデイースクリニックに通って良かったと心から思います。本当に院長先生や副院長先生に感謝してます。

レター

2016年06月に出産された患者様から5

掲載日:2018年4月 6日

子宮腺筋症持ちで37才で結婚したので急いで子供をと思い1年タイミングで様子を見ましたが出来ず、人工受精6回、1度妊娠しましたが流産となってしまい体外受精へ。他院で2回、体外受精にチャレンジしましたが納得の出来ない治療でした。そして上手く行かずなかなか結果は出ない。出口の見えない不妊治療。ホルモン治療も影響して体調も悪く精神的にも辛い毎日でした。
39才になり、ずっと噂に聞いていた浅田レディースへ転院しました説明会で浅田先生と話して、ここでチャレンジしてみよう!と決めました結果は7月から通い始め、1度目の体外受精後、12月終わりに陽性反応が出て卒業できました!信頼できる先生、スタッフの方々のおかげで辛いはずの治療もがんばれました!こんなに早く結果がでるならもっと早く来ていたら(涙)と思いましたが、ここまでの時間は無駄な時間ではなかったはず。そして、早産となりましたが今年の6月に女児を出産しました。今はすくすくと元気に育ってくれています。子育てに追われる毎日ですがとても幸せです。本当に本当にありがとうございました!もうひとつ保存してある受精卵をいつ迎えに行こうかとワクワクしています。その際はまたよろしくお願いいたします

レター

2016年07月に出産された患者様から1

掲載日:2018年4月 6日

7月に無事出産を終え、現在生後4か月になりました。元気に成長し、寝返りもできるようになりました。
浅田先生のところで、不妊治療をして本当によかったです。結婚して5年目で、娘が我が家にやってきてくれました。浅田先生に出会うまで、3回病院を転院しましたが、最初から浅田レディースクリニックに行けばよかったな、と思うほどです。はじめて先生のセミナーを聞いた時「仕事が忙しくて、なかなか病院に通えないというくらいでしたら、他に赤ちゃんが欲しいと言う方のために私は時間を使いたい。赤ちゃんを持つということは、不妊治療の時間のやりくりなんて比にもならないくらい、生活が変わることです」とお話されていました。今は、先生がその言葉を言われた意味がよくわかります。また妊娠・出産の方が、身体はどんどん変化し大変でもありました。不妊治療の通院や注射なんてかわいいものです。3回目の胚移植で妊娠反応が出ましたがその後の診察で、胎嚢が見えない・心拍も確認できないという化学流産をしてしまったことがあります。その時、薬師先生が「次こそは頑張りましょう」と言われた後、少し間を置いてから「いえ、頑張りましょうではなくて、私が頑張ります」と先生が言われた時、本当に心強く感じました。4回目の胚移植で無事妊娠し、2016年7月に出産しました。妊娠中も順調な経過でした。
受付の方はじめ、看護師さん、培養士さん、みなさん本当に親切で、またプロとしての誇りを持ちこのお仕事に関わっていることにいつも感動を覚えました。私の場合、特に不妊の原因はありませんでした。しかし、ずっと赤ちゃんは授かりませんでした。不妊治療はゴールの見えないゴールを目指して走るマラソンのようです。それでも、浅田先生はじめクリニックの皆さんを信じて良かったです。出産する産院では、不妊治療の赤ちゃんは大きくて元気な子が多いと教えてもらいました。とても元気に成長しています。今は毎日赤ちゃんのお世話で、思うように睡眠もできず、どんどん重くなる娘に私の腕が悲鳴をあげてます。それでも、何とも言えない幸せな気持ちです。浅田先生に出会えて本当に良かったです。我が家に可愛い天使を迎えるサポートをしていただいた先生に感謝しております。また何年か後に、2人目でお世話になるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

レター

2016年07月に出産された患者様から

掲載日:2018年3月30日

私は20代で不妊治療を開始しました。一般的には、不妊治療を開始するには若い年齢だと思いましたが、私にとって年齢は関係ありませんでした。1年も2年も妊娠できない事実があったからです。周囲は、まだ若いから大丈夫。と言いますが、それはあくまでも他人の意見。その言葉に流されず自分がどうしたいのかを考えることが大切だと思います。
浅田LCに決めたのは、院長先生が『2年で必ず結果を出す』とおっしゃってくれたからです。自信に溢れた言葉に私は勇気付けられました。たとえ思うような結果が得られなかった場合でも私はここまでやったんだ。と納得できるのでは、とも思いました。違う病院にもかかっていましたが、同じことの繰り返しで疑問を感じていたので、浅田LCであとら2年頑張ってみよう。と力が湧いたのを思い出します。治療中は、辛いことももちろんありました。一喜一憂し、体調や気持ちに振り回される事もありましたが、先生方を信頼していたので充実してもいました。ステップアップすることにも躊躇いはなく、出来ることを最大限してみようという気持ちが大きかったです。明確な不妊原因がなかったからかもしれません。とにかくチャレンジしてみようと思っていました。
いま我が子を胸に抱き、治療をしていなければ出会えていない命なのだと思うと、とても感慨深いです。治療中は目の前のことで頭がいっぱいでしたが、出産後は1人の命を育てる責任の重さを感じています。それと同時に我が子と過ごせる毎日に言いようのない幸せな気持ちを味わっています。

レター

2016年08月に出産された患者様から

掲載日:2018年3月30日

おかげさまで、2016年8月に、元気な女の子を出産しました。
私は浅田レディースに通う前に、1つ別のクリニックに通っていました。あの頃の私は、仕事優先、その合間に通うだけ。治療について学ぼうともせず、基礎体温をつけ、タイミング法を何度か試すものの、できそうにないなあと感じていました。そんな時に、友達が体外受精で赤ちゃんを授かったと知りました。その時すでに37歳、このまま時が過ぎるのではないかと、不安になり、思い切ってクリニックを変えよう!と、浅田レディースの受診前説明会の予約をとりました。その説明会で、浅田先生のご講義を受け、雷が落ちたような衝撃を受けました。今まで、私は何していたのだろうと!卵子についてあまりにも無知でした。その日、興奮ぎみに夫に浅田先生の話をしたことを覚えています。
そこからは、先生方の言うことを信じて通いました。仕事も、理解のある上司にだけは打ち明けて、協力してもらえるようにお願いしました。とにかく、赤ちゃんを授かりたい。この手で赤ちゃんを抱きたい。夫と両親に子どもを抱っこさせてあげたい。そう思って治療しました。先生方はとても温かく、受診前説明会や本、イーラーニンクで学んだことをもとに、納得しながら基礎検査、排卵誘発を行い、人工受精はとばして、体外受精へと進めました。結果、スタートから、半年で妊娠することができました。私はAMHが高く、多嚢胞性卵巣だと思われ、たくさん卵が採れましたが、1回目はだめでした。その時も、薬師先生が、いつもと変わらない穏やかな口調で、話してくださり、前向きになれたことを覚えています。看護師の方々の何気ない言葉がけも、とても温かく嬉しかったです。そして、2回目で妊娠することができました。
浅田先生は厳しいけれど、浅田レディースは温かい!私を母にしてくださって、本当にありがとうございました。ぜひ2人目も、お世話になりたいと思います。

レター

2016年02月に出産された患者様から7

掲載日:2018年3月23日
周りの友達がどんどん妊娠、出産する中で子供がなかなか授かりませんでした。
親戚や職場、友人に会う度に「子供はまだなの?」の言葉がつらかったです。近くの産婦人科で検査、タイミング法をしましたが、親身な治療ではなく、産科がメインなんだなぁと感じ、インターネットで探してたどり着いたのが、浅田レディースクリニックでした。私の周りでは悩んでいる人なんていなかったのに、こんなにもたくさん赤ちゃんを望んでいる人がいるのだと驚きでした。先生方も看護師さんも事務の方も皆親切でしたし、何より治療が安心してお任せしておりました。疑問に思ったことや、心配な事は伝えていました。
治療を始めた頃はまだ20代でしたので、体外受精にステップアップすれば妊娠できるかなーと少し甘く考えていた所も正直ありました。しかし、1回目の採卵3回目の移植で陽性反応が出たものの流産。3回の採卵、7回目の移植で妊娠・出産する事ができました。採卵の後に腹水がたまって体調が悪くなってしまったり、流産した悲しみは相当な辛さでした。しかし、妊娠中もつわりがひどかったり、出産も出血が2000ccと大量で輸血寸前の難産となってしまい、無事に出産するまで数々の困難がありました。この数々の辛い出来事を乗り越えたこそ、この子の命の重みがわかり、大切に育てていかなければなと思っています。
不妊治療中は、いつ妊娠できるんだろう、妊娠できても無事に育って生まれてくれるのかと不安ばかりでした。夫や悩みを相談できる人がいたからこそ乗り越えられたと思っています。もちろん、浅田レディースクリニックに通わなければ、今の私とこの子はなかったと思っています。治療、治療と考える一生懸命な方ばかりたと思います。息が詰まったら少しリフレッシュして、御主人と旅行に行ったり、運動したりしてくださいね。みなさんにも無事可愛い赤ちゃんを抱ける日が来ますように。
レター

2016年06月に出産された患者様から4

掲載日:2018年3月23日
私はもともと生理不順があった為、28歳で結婚後すぐにかかりつけの婦人科で検査をしました。そして検査結果を見た先生から『ホルモン値が閉経前の数値です』と言われ、非常に大きなショックを受けたことを今でも憶えています。その病院も一応体外受精など行っていて不妊治療専門だったのにもかかわらず、すぐに大学病院を紹介されてしまいました。
まだ20代なのに早発閉経という現実に目の前が真っ暗でした。その大学病院も1年通いましたが、卵はいっこうに育たず採卵までいける気配が全くなかったので、転院を考えるようになりました。ちょうど浅田LCの説明会に参加でき、個別面談で浅田院長に現状を伝えたところ、『そんな治療をしていたらダメ。すぐにうちに来なさい。』と言ってくださいました。私はその一言で、浅田院長を信じて治療しようと決意。転院後に初めて調べたAMHは0.00と絶望的な数字でしたが、妊娠できる可能性がゼロではないなら、できるまで諦めたくないと強く思えたのです。それから1年間、採卵のための治療を続けました。親戚や友人、同僚が次々に妊娠出産していき、なぜ自分だけ・・・と何度も泣く日々。治療自体は辛くなかったのですが、家族の支えがなければ精神的に耐えられなかったかもしれません。けれどその1年間で採卵できたのはたった1度で採れた卵はたった1つ、できた受精卵もたった1つ。それでも私は、自分が持っている卵は少ないけれどこれはきっと運命の卵!と奇跡を信じました。そして初めての移植の結果、なんと陽性反応を頂くことができました。それからはなんの異常もなく順調にお腹の中で育ってくれ、無事に出産することができ、今は夢にまで見た育児を楽しんでいます。
これから治療を始められる方や治療を迷っている方に対しては、1日でも早くスタートして頂ければと思います。現在治療中の方に対しては、どうか浅田LCを信じてついていって頂きたいと思います。私の場合は早発閉経という重度の不妊症でしたが、こんな私でも浅田LCのみなさまのおかげで夢が叶いました。チーム浅田を信じて治療して本当に良かったです。世界に誇れる素晴らしい病院だと思います。心の底から感謝しています。本当にありがとうございました。
レター

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後へ