患者さまからのお便り

2016年06月に出産された患者様から1

掲載日:2018年2月23日

子宮内膜症を治療していた際、主治医から「あなたは(人工授精)すっ飛ばして体外受精にチャレンジした方がいいかもしれない」と言われ迷いもなく不妊治療をすることを決意しました。
縁あり浅田レディースクリニックさんで治療することになりましたが、説明会での浅田先生のまずの一言にかなり衝撃を受けました。仕事をしながらでの治療になりましたが、本気で治療するのならそれが中心になる生活になる覚悟が必要なんだと。また39歳からの高齢での治療になったのですが、説明会で妊娠率の現実を叩き付けられました。さすがに説明会後の夜は泣き明かしましたが、おかげで目が覚め、希望だけで突き進むのではなく覚悟を持って治療することができました。治療中は仕事の兼ね合い、精神面での疲労と恐怖はありましたが、先生方や看護師さんのお言葉やお力でかなり励まされました。特に柴田先生にはたくさんの力を頂きました。誰の為でもない、自分の為の治療なのに、卵胞が育ってたり数値がよかったりすると褒めてくださるんです。一喜一憂する毎日でしたが、幸いにも子供を授かることができました。浅田先生は不妊治療より出産後の生活の方がしんどいとおっしゃいました。確かに今の生活は大変です。ですが私には見えないゴールに向かう治療中の方がしんどかったです。それを乗り越えた今は本当に幸せです。あの時の辛さがあるから今の幸せがあるんだなと幸せを噛みしめながら育児に忙しい毎日を送っています。今治療を受けられている方、これから受けられる方には臆する事なくその先にある希望に向かって頑張って頂きたいです。

レター

2016年06月に出産された患者様から

掲載日:2018年2月23日

一人目は、他院で顕微授精により無事妊娠出産することができました。しかし、そのときは受精卵が一つしか出来なかったため、二人目は、また採卵からスタート。
一人目は初めての顕微授精で妊娠出産できましたが、二人目は、採卵で卵は10個以上とれるのに、受精卵が一つしかできなかったり、一つもできなかったり。多嚢胞性卵巣ということで、卵の質が悪いのか...原因がわからないと言われていました。仕事をしながら毎回採卵からというのは、正直大変でした。採卵を4回した後、もう、二人目は諦めようと思いましたが、どうしても兄弟をつくってあげたくて、出来る限りの治療をしようと浅田レディースクリニックを受診しました。
初診から浅田先生ではありませんでしたが、こちらの質問にいつもはっきりと答えてくださり、安心してお任せすることができました。しかも、一度の採卵移植で無事妊娠出産することができました。一人目から採卵を合計6回しました。兄弟ができたことが嬉しくて、毎日まだ赤ちゃんの下の子と遊んでいる上の子をみると諦めないでよかったと思います。終わりの見えない不妊治療は本当に本当につらいですが、先生方を信じて諦めず治療をしてほしいと思います。

レター

2016年05月に出産された患者様から4

掲載日:2018年2月16日

私は二人目不妊で治療・転院し浅田さんでお世話になりました。
浅田さんは金額もびっくりですが、診察の質は一流です。採卵数・受精卵数ともに以前の院と桁違いで、不妊治療は病院によりこんなに結果が違ってくるんだ、と驚きました。上の子が1歳半から不妊治療をはじめ、ずっと授からず、流産、子宮外妊娠など経験しました。しかし浅田さんでお世話になってすぐに妊娠しました。いつの間にか7学年差になってしまいました。これまでの時間、金額がもったいなかったな、と思いましたが結果としてこの年の差で上の子は男の子ですがとても面倒を見てくれ、私も穏やかに育児ができているので自分にはよかったと思うようにしています。二人目の笑顔は何にも代えがたいほど宝物です。おかげで親族も含め家族みんなが幸せになり、先生には大変感謝しております。先生は神様のようなものです。この命大切にしていきたいと思います。不妊治療中は出口の見えないトンネルの中をさまよっているようでした。金銭感覚がおかしくなるほど飛んで行ってしまうお金も多いです。周りからのプレッシャーもあるし、日々の子供が被害にあうニュースを耳にし心を痛め、つらいつらい日々でした。でも治療を続ければ続けるほどあきらめきれなくなり、心もおれそうで、自分との戦いでした。
院長を筆頭に、浅田LCは素晴らしい病院です。こちらほどの病院はなかなかないと思います。どうか、皆様希望を捨てずに、早くトンネルから抜け出せますように。幸せな赤ちゃんが、一人でも増えますように。

レター

2016年02月に出産された患者様から6

掲載日:2018年2月16日

35週での早産にはなりましたが、無事に元気な男の子を出産しました。浅田LCの皆様には心から感謝しています。本当にありがとうございました。
33歳から不妊治療を始め、36歳直前で浅田LCへ転院。こちらへ転院する前は別の2つのクリニックでタイミング複数回、人工授精3回、体外受精2回(採卵2回、移植3回)しましたが、全く結果は出ず...。治療を少しお休みしていた35歳の初めに自然妊娠したものの、流産。浅田LCでの初めての移植により、36歳で妊娠・出産しました。浅田LCに転院する前は不安や焦りで落ち込む毎日でしたが、転院してからは一度も不安な気持ちになったことがありません。今までの治療とは明らかにレベルが違い、ここでなら妊娠できる!と確信めいたものを感じていました。以前のクリニックでは、一度の採卵で移植可能な胚が1~2個しかできませんでしたが、浅田LCでは同じ名前の刺激方法で15個の受精卵から新鮮胚8個と胚盤胞3個ができ、胚盤胞のグレードも全く違いました。以前のクリニックも評判の良いクリニックだったのですが、病院によってここまで違うのだと驚きました。本当に転院して良かったと思っています。
まだ凍結卵を預かって頂いているので、落ち着いたらお迎えに行きたいです。そのときはまたよろしくお願いします。
治療を迷っている方は今すぐ行動を起こすことをお勧めします。今がこれからの人生で1番若いときです。後悔のない選択をしてください。

レター

2016年05月に出産された患者様から3

掲載日:2018年2月10日

二人目不妊で39歳になってから約1年お世話になり、41歳になった今年5月に次男を授かることができました。
一人目は34歳で出産と遅めでしたが、一度自然に授かっていることもあり治療を始めるのに躊躇し、気づけば40歳手前になっていました。どうしても息子に兄弟を作ってあげたいと思い、まずは説明会に参加しました。そこで先生が「2年で結果を出すので信じて」とおっしゃっておられ、「よし先生を信じて2年は通おう!ここでだめならきっと諦めもつく!」と思い仕事もしながらでしたが、何とか調整して通い続けました。人工授精の結果が出なかったので、年齢のことも考えてすぐに体外・顕微授精に移行しましたが、1回目は妊娠できたものの流産、その後2回目、3回目も結果は出ませんでした。ネットを調べても『結果が出る人の多くは3回目までに授かる』との情報が多く、3回目の結果を聞いた後はかなり落ち込みました。胚盤胞はまだ残っていたものの、続けていく自信がなくなり、クリニックに通うのもやめてしまおうかと思いましたが、夫からの「次も頑張ろう」という言葉を励みに4回目の移植に臨みました。どうせだめだろうと自宅で早めに妊娠検査薬をチェックしたところ「陰性」が出てしまい、本当に暗い気持ちで数日後のクリニックの結果判定に向かいましたが、なんとクリニックでは「陽性」が!浅田先生に何度も「本当ですか!」と確認しました。「そんなに早く検査しても陽性反応は出ない」と笑っておっしゃられ、私もその時久しぶりに心から笑うことができました。ただ、その後もクリニックの検診のたび無事妊娠が継続しているか心配で、ネガティブなことばかり考えていました。そんな時、羽柴先生からエコーの小さな胎児の画像を見ながら「大丈夫何にも心配することないよ!だってこんなにかわいいんだもの」と言っていただき、なぜか不思議と安心でき「そうだきっと大丈夫」と思えました。治療は結果が出るまでは、精神的にも経済的にも大変だと思います。
流産したときは、耐え切れずクリニックの待合でで涙を流しました。「なんで卵の若いもっと早いうちに治療を始めなかったのか」と何度も悔やみました。見た目をいくら若く保っても、卵は確実に老化していきます。今迷っておられる方がいらっしゃるのであれば、後悔する前にできればすぐに治療を始めてほしい、子どもができないと悩む時間から早く解放されてほしいと思います。わたしは仕事を続けながら通院したかったので、あらかじめ職場に相談し、急な早退・有休を取れる体制を整えて治療に臨みました。周りに迷惑をかけながらクリニックを優先するのは大変だったのですが、先生をはじめ看護師さん、受付の方はどなたも親切で、クリニックに通うのは楽しかったです。また、治療中は不安からネットなどの様々な情報に惑わされがちになりますが、先生の言葉を信じて通い続けて本当に良かったです。最後になりましたが、私たち夫婦にこんなにかわいい子を授けていただきありがとうございました。また、治療されている皆様が一日も早くかわいい赤ちゃんを授かることができるようお祈り申し上げます。

レター

2016年04月に出産された患者様から8

掲載日:2018年2月10日

他院で数回人工受精をしましたが授からず、浅田クリニックへ転院しました。浅田クリニックの2回目の人工受精で双子を授かることができました。
治療はサクサクと進んでいきますが、早く赤ちゃんが欲しかった私には合っていました。先生方の腕のお陰と思いますが、先生方の自信やスタッフさん達の優しさに安心したのもあるのか転院して早い段階で授かることができました。1回目の治療を終えた頃、今まで不妊治療に対して感じていた不安を感じなくなり自分で何も考えなくていい、この病院に任せておけば安心だと感じました。不妊治療に対してどんどん気が重くなっていたのが少し軽くなったのを覚えています。
浅田クリニックで3つめの病院でしたが、もっと早くから浅田クリニックへ来ればよかったと思いました。双子ということで妊娠中は不安でしたが管理入院等なく健康に過ごせましたし、双子も健康に生まれてきてくれました。産前1ヶ月と産後2ヶ月は体調不良と双子のお世話で人生で初めて死ぬかもって思うくらい辛かったのですが、5ヶ月たった今はそんなことも忘れています。不妊期間の辛かったことも、忘れています。そのくらい赤ちゃんの成長は早く惹き付けられるものがあります。思い出は幸せなことだけに塗り替えられていきます。不妊治療を進めることから逃げたり諦めなくてよかったと思っています。

レター

2016年05月に出産された患者様から2

掲載日:2018年2月 2日

赤ちゃんが欲しいと思ったときにはなかなかできなくて、それこそ卵子の老化など全然知らなかったので、35歳を過ぎて「なかなかできないなぁ・・・」と思ってはいました。母から治療を勧められて、不妊治療を始めたのが37歳。病院選びが大事だとも知らずに、近くで不妊治療をやっているところを選びました。
タイミングで授かりましたが繋留流産して手術したら、その後の体調悪化がひどくて、それだけで1年以上苦しみました。病院を変えて体外受精しましたが、2回やってもうまくいかず、病院も先生の長年の勘のようなところがあるようで、説明も少なくてこのままこの辛い治療を続けるよりは、病院を変えてみようと思い、知り合いから聞いていた浅田レディースクリニックの予約を取ることにしました。無事に予約が取れて、治療を始めましたが、治療のシステムも整っているし、データに基づく説明と実績に、「もっと早くここに通えたらよかった」と心底思いました。体外受精といってもピンキリということも本当に知らなかったし、今まで通った不妊治療や体外受精もやっている病院とは全然違いました。これは通ってみなければ分からないことだと思います。私は二度目の胚移植で着床して、無事に男児を出産することができました。
子育てはとても大変ですが、本当にこのクリニックに出会えて治療をして子どもを授かることができてよかったと心から思い、感謝しています。子どもを授かるというのは本当に奇跡のようなもので、不妊治療を続けてもうまく着床して、育ってくれて、出産できるか、本当に分からなくて治療をしていた3年くらいの間は精神的にも出口の見えないトンネルの中にいるようでした。治療も体は辛いし、たまに痛いし・・・。でもどうせ同じ思いをするのであれば浅田レディースクリニックで治療を始められることをお勧めします。他の病院を経験して本当にそう思いましたし、身近で不妊治療を考えている人には私の体験を話して実際に勧めています。皆さんのところに赤ちゃんがきてくれますように、心からお祈りしています。先生方、看護師さん、スタッフの皆さん、本当にお世話になりましてありがとうございました。

レター

2016年05月に出産された患者様から1

掲載日:2018年2月 2日

私は浅田先生のおかげで、2人の元気な子供を出産することができました。1人目は男の子、2人目は女の子で、私達夫婦が子供を授かれたことは本当に奇跡です。
私は、25歳の時に結婚し、すぐに子供が欲しかったので、結婚して2年を過ぎたあたりから、地元の産婦人科でタイミング法、人工授精、都内の有名な不妊治療のクリニックで体外受精、顕微授精と進めてきましたが、妊娠には至りませんでした。私達夫婦は原因不明の不妊で、9年間、子供ができませんでした。子供はあきらめて、夫婦2人で生きていこうと決めていましたが、たまたま浅田先生の講演を拝聴する機会に恵まれ、その時、「浅田先生を信じて不妊治療をすれば子供を授かることができる」と直感し、すぐに説明会の予約を入れました。
1人目は、一度の採卵、一度目の顕微授精で出産することができ、2人目は、前回の凍結卵移植一回目で妊娠しました。治療の途中で引越しをしたので、関東から新幹線で名古屋駅前クリニックまで通い、大変でしたが、最短のスケジュール、無駄のない治療のおかげであまり負担はありませんでした。浅田先生の無駄のない説明、薬師先生のとっても優しいお言葉、患者さんからのお手紙、いつも勇気付けられました。私も2人を無事、出産して、このお手紙を書くことができて本当に嬉しいです。
もし、治療を迷われている方、うまく結果が出なくて落ち込んでいる方がいらっしゃいましたら、浅田先生や浅田レディースクリニックの先生、スタッフの皆さんを信じて、前に進んで欲しいと思います。本当にありがとうございました!

レター

2016年04月に出産された患者様から7

掲載日:2018年1月26日

注射の痛みや採卵後の辛さに耐えてやっと受精卵を子宮に戻してもらって着床しなかったときの落ち込む気持ちも、赤ちゃんを連れて歩いているお母さんを羨む気持ちも何度も何度も何度も経験しました。どうして私のところには来てくれないの?自分だけが、先の光もまだ見つからない長い長いトンネルを手探りで進むような感覚になりました。
でも、トンネルに出口はあります。浅田先生をはじめ、クリニックのみなさんに助けられて1人目を妊娠できましたその子を出産するときには41才になっていましたあのとき、浅田先生に相談してよかったもう一度頑張ってみよう、と決断してよかった玉のようにかわいい我が子をこの腕に抱くことができましたそして2人目を妊娠できたのは43才です。出生前検診を受けましたが、無事、出産でき育児に奮闘中です。
最初の受診から、私のダイエット、子宮筋腫核出術などを経てクリニックでの治療スタートまでに3年のらりくらりとしていてあっという間に過ぎていました。夫の精子採取術の後、2年の治療を頑張りましたが妊娠できず、先の見えない不安や焦りから、一度は夫婦で諦めそうになりましたいつまで治療を続けたらいいんだろうか?諦めるしかない諦めたくないどうやってそれを決断するのか、浅田先生にぶつけたこともありました何歳まで頑張ればいいですか?諦めるときの基準はありますか?「ご夫婦でよくよく話し合って頑張った、と自分たちが納得できるところまで頑張ってみませんか?」 夫婦でこれからの人生のことを話し合いました。「子どもがいない2人の人生を受け入れる」もう一度精子採取術を主人が受け、「保存精子がなくなったときが自分たちの諦めるとき」と決めました。
浅田先生をはじめ、クリニックのみなさんに本当にお世話になりましたありがとうございました。いつもおだやかな笑顔で対応してくださり落ち込む気持ちも苛立つ気持ちもみなさんが受け止めてくださいました。妊娠・出産を、一緒に涙を流して喜んでくださる看護師さんにも出会いました。浅田先生に助けていただけましたありがとうございました

レター

2016年02月に出産された患者様から5

掲載日:2018年1月26日

浅田先生はじめクリニックの皆様
この度は大変お世話になりました。無事に元気な双子の男の子を出産しました。
私は2年近くできず当時は、行きたくないまだ大丈夫と思い拒んでいた私を主人が背中を押してくれて説明会へ。院長先生の『2年で結果を出す』という言葉に勇気づけられました。1日でも早く我が子をこの手で抱きたいと思い27歳の時に浅田CLに通い始めました。
夫の男性不妊が原因とわかり、ステップアップが早かった為人工授精2回、採卵1回・体外・顕微授精3回(1回目7B 2回目胚盤胞Blast5 3回目10B.8B)約9ヶ月で卒業する事が出来ました。仕事に家事に通院(注射や薬等の副作用)と結果がでるまでは、本当に精神的にも肉体・金銭的にも辛く色んなストレスに潰されそうだったのが今では忘れてしまうくらい日々忙しくしてます。息子達のスクスク元気に育つ姿を見て浅田CLに行って良かったと心から思っています。 待ち時間によく見ていたこの「感謝のお手紙」をいつか私もと思いで拝見してました。みなさんも先生達を信じて諦めないで下さい。今、通院されているみなさんにも早く可愛い赤ちゃんが授かる事を祈っています。そして旦那さんには少しでも奥さんを支えてあげて欲しいです。旦那さんの協力は絶対です
最後にまだ胚盤胞が残っているので落ち着いたら迎えに行きたいと思っています。その時はよろしくお願いします。

レター

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後へ