患者さまからのお手紙

掲載お手紙数918通  毎週金曜日更新

2010年3月に出産された患者様から2

掲載日:2010年12月17日
 私は27歳で結婚して、28歳で不妊治療(排卵誘発)の時にチョコレート?腫と診断され、30歳で腹腔鏡手術をしました。その手術した病院からの紹介で浅田にお世話になりました。しかし、主人は元々子供が苦手で、妊娠は自然に任せてという考えでした。
 周囲で不妊治療をした人は、「治療がストレスになって出来ず、諦めて治療をやめたら出来た人が多いよ。だからそんな治療ははじめからやめた方がいいよ。」と言って反対されました。
 私はまず、浅田先生の本を読んで内膜症だけが不妊の原因ではないかもしれないことや、今までの病院の検査で「異常なし」とされた検査があまり意味を持たないこと、年齢的に早くステップアップが必要だということを知りました。主人に本の内容を説明し、私はどうしても治療がしたいと話しました。そして話し合ううちに主人は、私が元々妊娠しにくいと言われていたので、子供を欲しがる様な態度はしないようにしていた、不妊治療をして子供が出来なかった知人を見て、同じ思いをさせたくなかった、と打ち明けてくれました。そしてようやく治療を始めることができました。
 これまで他のクリニック2ヶ所で不妊治療をしてきましたので、すぐに体外受精することにしました。採卵までホルモン注射に通うのは大変でしたが、病院のスタッフさんは明るく丁寧で、痛みも少なく苦ではなかったです。採卵も眠っている間に終わってしまい、少しお腹が重い感覚がありましたが、それよりトイレを我慢する方が大変でした。卵は9個採れ(普通より少ない)、先生が受精率を上げるため顕微授精にしましょう、とのことで5個の受精卵が育ちました。グレードのいい卵から戻しましたが、なかなか妊娠しません。でも要は卵の質!!私が頑張っても仕方ない、と気楽に過ごしました。そして最後の1個、これは自然周期で戻すことにしました。
 判定日の朝から出血があり「もうダメなんだ」とさすがに気落ちして病院へ・・・ところが浅田先生から「陽性反応が出てるね」と検査ステックを渡されました。初めてみた2本ライン(今でも記念にとってあります)涙がじわんとこみ上げてきました。家に着くと主人が(ダメだと思って)気を遣って出迎えてくれ、「パパになれそうよ」と言うと「信じられない」といわれ、意見が合わず話し合いは大変だったけど、頑張ってきてよかったと思いました。浅田先生を信じて諦めなくて本当によかったです。
レター

2010年3月に出産された患者様から2

掲載日:2010年12月17日
 41歳で浅田先生のところで治療を始め、約半年で妊娠、43歳を目前にした3月26日に無事女の子を出産することができました。本当に先生方やスタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 今こうしてペンを握っている横でスヤスヤと気持ちよく眠っている我が子と一緒に日々の生活を送ることができて本当に幸せです。
 私は浅田先生のところに通い始めてすぐに体外受精を行いました。年齢的にも治療をやっても1、2年だねと先生からも言われ、やれる限りやってみようと思いました。このクリニックで治療をしていただく前には、他の4つの病院にも通い、人工授精も体外受精も行いました。なかなか子供ができずに病院に通い続けるのは辛く、悲しい思いも何度もしましたが、そういう経験をたくさんしたからこそ今こうして幸せを心からかみしめることができるのだと思います。
 今回の治療では3月に卵巣刺激を始めて採卵し、その月はたくさんの卵がとれたため卵巣が腫れるかもしれないので戻さず、1回目は5月に戻しました。とても仕事が忙しい時でバタバタしていて(あまり考えすぎないからいいのかもしれないが)その時はうまくいかず、ひと月休んで7月に2回目を戻して今回の出産までたどりつきました。5月に戻した卵の評価はバッチリでしたが、7月に戻した卵は評価不明・・ということで心配していましたが、うまくいきました。戻した日とその次の日は体も心もリラックスして過ごせたことがよかったのかなと思います。
 今回の治療を行うことをすごく悩み、主人とも何度も話し合いましたが「子供を授かりたい」「主人に子供を抱かせてあげたい」「家族みんな幸せに・・」という思いが強く、諦めずに先生に言われたあと1、2年を頑張ってみようとふみ出せたことが本当に良かったです。
 先生方と何より自分を『信じて』前に進んでいくことが大切だと思います。子育てをしていく中でも悩みや不安はつきませんが、楽しんで生活して私がいつも笑顔でいられるようにしたいと思います。
レター

2010年3月に出産された患者様から1

掲載日:2010年12月17日
 私達は夫婦とも24歳で結婚し、お互い子供が欲しいと思ったのは26歳の時でした。半年間妊娠しなかったので夫婦で診察したところ平成21年1月に乏精子症の男性不妊症と診断されました。
 3月に浅田レディースクリニックの初診説明会に参加し、4月から治療を開始しました。精子の運動率が悪いことから、顕微授精を勧められ5月に採卵、顕微授精を行いました。正常受精卵が17個できました。私が多嚢胞性卵巣症候群だったことから、7月に融解胚移植を行い良好な胚盤胞まで育ってくれたので、運よく1回で妊娠することができました。私たちが治療のために1時間半かけて通院できたのも、このクリニックの雰囲気がとっても穏やかでリラックスでき、先生方をはじめスタッフの皆様が患者のために一生懸命でいてくれることでした。 本当に感謝しています。
 思いかえせば痛いことだらけの治療でしたが、赤ちゃんを授かった時、出産して産声を聞いた時に全部忘れることができました。先生に出逢わなければこの幸せを感じられなかったかもしれません。
 今治療されている皆様、先生を信じて頑張って下さい。こんな素晴らしいクリニックはありません。私はこのクリニックだから何の迷いもなく、最後のステップに進めたのだと思います。皆様にも天使が舞いおりることを願っています。
レター

2010年4月に出産された患者様から

掲載日:2010年12月17日
浅田先生、羽柴先生、佐野先生をはじめスタッフの皆様、本当にお世話になりました。
一昨年の6月に初めて説明会を聞きに行き、浅田先生の「患者さんの名前を覚える前に妊娠させたいと思う。」「一年以内に...」という言葉を聞いて、心強く思い、このクリニックを信じて頑張ってみようという気になりました。
そしてタイミング法、人工授精5回を経て、去年の8月体外受精1回目で妊娠することができ、4月8日に男児を出産することができました。本当に1年でした!
結婚して5年間、子供ができないことで悩み続けていました。仕事をやめたことをきっかけに浅田レディースクリニックに通い始めました。浅田先生のはっきりとした治療方針や頼りがいのあるお言葉、羽柴先生、佐野先生の優しい言葉がけが支えとなり、後ろ向きにならず治療を受けることができ、体外受精に対しても信頼して治療を受けることができました。
採卵方法はアンダゴニスト法で、なかなか卵胞が育たず注射が2週間に延びました。お腹に打つ注射が痛かったですが、18個の卵胞が採卵できた時はとても嬉しかったです。卵をお腹に戻す時はとても緊張しました。その卵だった我が子は今、私の横ですやすやと寝ています。
もし途中で治療をやめていたり、浅田レディースクリニックに通っていなかったりしたら、この子に会えなかったかもしれません。諦めなくて本当に良かったです。もう少ししたらもう一度先生方を頼り、卵を迎えに行きたいと思います。よろしくお願いします。
レター

2010年3月に出産された患者様から1

掲載日:2010年12月17日
私は、平成22年3月18日に元気な男の子を出産しました。
結婚として6年目にしてやっと我が子を抱くことができました。不妊治療を始めたのは結婚1年目に流産したことがきっかけです。その時は自然妊娠でしたが6週目にけい留流産。その後検査の結果「多嚢胞」で自力排卵が難しいとのこと。飲み薬や注射で2度妊娠するも、けい留流産と子宮外妊娠。左の卵管を切除したため、思い切って体外受精へ踏み切りました。仕事をしながらでしたので、治療のスケジュールはとてもハードでしが、自己注射でやったので少し楽でした。
私は運よく、1度の体外受精で妊娠出来ましたが、それまでの5年間は本当に辛かったのを覚えています。何度も悔しい思いをし、主人に当たったり、自暴自棄になったりしました。今まさにその思いをしているみなさん、どうか下を向かずおもいっきり闘ってください。いつかその腕で抱く我が子は本当に本当に愛おしいです。
「夢現」という言葉を贈ります。「夢が現実になる可能性は【無限】にあります。」
レター

2010年2月に出産された患者様から2

掲載日:2010年4月25日
この度無事第2児を出産致しました。第1児も浅田クリニックでお世話になり、娘を授かり、今回は息子を授けて頂き本当にありがとうございました。3年前の私共では想像もつかなかった生活になりました。一時は子供のいない生活も考えていたこともありました。第1児を妊娠出来た時にはこんな奇跡はもう二度と起こらないのでは、と思っていただけに第2児まで授かった時には本当に嬉しかったです。
諦めずに先生方を信じて良かったと思っています。
先生方、スタッフのみなさま本当にありがとうございました。
レター

2010年2月に出産された患者様から1

掲載日:2010年4月17日
私は浅田レディースクリニックに通院して約2年で子供を授かることができました。浅田先生が説明会でお話しされていた通りで、適切な治療方法によるものかなと思っています。
卵巣が腫れやすかったので体の負担を考え、早めに体外受精への治療となりました。採卵直後、体調を崩し入院することになってしまいましたが、無事に元気な子を出産することができました、体外受精は3回行いました。1~2回目はかなり気合を入れて臨みました。その分ショックも大きかったです。頑張った自分へのご褒美と思って好きなケーキを買い、涙しながら帰りました。運動して、サンビーマーも毎日通い、できることをやってきました。少し休んで3回目を行う時は「気楽にいこう」と思い、無理せず好きなことをして生活していました。そしたら授かることができたのです。ホルモンバランスが悪く、薬で生理を起こしていた体なので、授かっても正常にホルモンが出て、子供が育つのだろうかと心配していました。しかし先生方の説明で大丈夫とわかり安心しました。
一生子供を産むことは叶わないだろうと思った時もありました、でもこうして親になれ、先生に親にしてもらいとても感謝しています。ありがとうございました
今治療をされている方はみな頑張ってみえるかと思います。自分の体と相談して治療を進めていってください。先生方は適切なアドバイスをくださります。安心してください。
レター

2009年8月に出産された患者様から

掲載日:2010年4月10日
治療の間は大変お世話になりました。おかげ様で無事に赤ちゃんを出産することができました。この病院に出会わなかったら私達は今も夫婦だけの生活をしていたかもしれません。子供が産まれたことで笑いがおこり、喜び、楽しみ、感動を何倍も得ることが「できました。当たり前のことですが、最初は皆赤ちゃんでした。あー私もこんなふうに育ててもらったんだなぁと、子育てをしながら改めて親への感謝を抱きました。
治療の間はここまでする必要があるのかと自問自答し、涙し、不安の中で待合室の体験記ファイルを何度も読んで励まされました。諦めずに前進できたのも、浅田先生、羽柴先生をはじめ看護師さんの温かい接し方や言葉、スタッフの皆様の優しさに触れ"ここなら?"と思えたから"きっと"と信じてこれたからだと思います。
命を授けてくださり、どうもありがとうございました。尊い命を身近に感じながら我が子を抱ける喜びを味あわせて頂き、本当に幸せです。
今治療されている皆様にもこおのとりが訪れるよう、心から願っております。どうぞ諦めないでください。小さな命が産まれてくる感動が待っているのだと信じて前進して下さい。
レター

最初へ 82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴