患者さまからのお手紙

掲載お手紙数999通  毎週金曜日更新
1000通を超えたため新しいページに移動しました。

2013年4月に出産された患者さまから

掲載日:2013年10月 4日
浅田先生、スタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
 昨年1月から通院を始め、一度目は9週目で流産と悲しい結果でしたが、二度目の移植で妊娠、出産することが出来ました。治療は、身体よりも精神的にとても辛かった・・・妊婦さんや赤ちゃんを抱いてる人を見たくもない時期もありました。でも、どおしても自分の赤ちゃんがほしい!!という気持ちが強かったので、どおにか精神的にバランスをとって頑張ってました。
 妊娠してからも、前回の流産のこともあり、産まれてくるまで心配でした。でも、赤ちゃんは早産で小さかったけど、今はおっぱいをたくさん飲んで、ぷくぷく大きくなってます。
 初めての子育ては本当に大変で、自分の時間なんてほとんどないけど、すっごく幸せです。バンザイし寝てる我が子は何よりも愛おしい!!
 今、治療中で辛い思いをされてる方、浅田先生を信じて、自分のところにも赤ちゃんが来てくれるって信じて、頑張ってください。辛いとき、その気持ちを話せる相手が必要だと思います。
 治療を始めようかと悩んでる方、思い切って病院に行ってください!一日も早く始めるべきです。
レター

2012年10月に出産された患者さまから

掲載日:2013年10月 4日
私は2回の人工授精を経て体外受精に進み、1回の採卵と3回の移植で子供を授かることができました。運が良いことに、こちらに通い始めて半年で無事卒業することができました。
 通い始めた当初は、38歳という高齢のため妊娠ができないだけだと思っていましたが、AMH値がとても低く卵巣年齢が良くないことが分かりました。結果を聞いたときはショックでしたが、先生方の助言もあり、早めに体外受精にステップアップをして本当に良かったと思います。
 AMH値が低いので、先生方にいろいろと質問をして、妊娠に良いことを自分のできる範囲で頑張りました。
 先生方や看護師さん達は、どんな質問にも親切に丁寧に答えて下さり、安心して治療に取り組むことができました。
 体外受精へのステップアップを迷っている方もいると思いますが、先生方を信じて前に進んで行ってください。
レター

2013年1月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月27日
不妊治療を浅田LCでさせてもらえたことに本当に感謝しています。
 わたしは、36歳の時にに乳がんを患いました。2年間の抗がん剤治療などを経て、その一年後に浅田LCを産婦人科の先生に紹介していただき治療を始めることになった者です。三か月に1個しか採卵できないような状態の中1年間の治療の中、3個の受精卵が凍結保存できて2回目の移植で41歳でわが子を授かることができました。
 採卵できなかった月や移植で陽性が出なかったときでも「いつかは絶対できる!」って根拠のない自信をもっていました。浅田先生が信じさせてくださったので、疑い無く付いて行くだけのことだった感じです。と、出産してみればこんなことが言えますがやはり、2回目の移植の前には「これで駄目だったら・・・」と年齢の面でも治療費の面でも仕事の面でも不安で折れそうになったこともありました。もし2回目の移植の結果が陰性だったら、治療を続けない選択をしていたかもしれないです。
 今は育児が本当に大変です。。が、感謝を忘れずに頑張っています。説明会の相談の時に「抗がん剤の前に受精卵を凍結保存しておけばよかったね」と先生に教えていただいたのですが、このことがもっと世間に知ってもらえることに役に立てれたらうれしいです。あと、独身の女性も卵子?(受精卵?)を凍結できたりして、こどもが授かれるようになれば良いなと思っています。
 浅田LCのみなさま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
レター

2012年10月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月27日
浅田院長・羽柴先生・スタッフの皆様、その節は大変お世話になりありがとうございました。  2012年10月元気な男の子を出産しました。39歳で妊娠、40歳での高齢出産。妊娠後期には自宅安静になったりもしましたが、無事に出産する事ができました。  32歳で結婚。当時はまだ子供は欲しいと思っていませんでした。35歳で一人は欲しいと思い、基礎体温をつけ自分達でタイミングをとってみたものの、なかなかできず2年が経ってしまいました。その頃、家の近くの病院へ子宮がん検診を受けに行った時、そこの先生に「子供が欲しいと思って2年できなければ不妊症です」と言われ、ショックでした。その時すでに37歳だった為、「本当に子供が欲しいと思うなら、早く治療した方がいいですよ」と言われ、そこで浅田LCの名前を知りました。  ネットで調べてみると、以前テレビで観た事のある病院でした。すごくレベルの高い病院だとわかっていた為、すぐに説明会の予約を取り、この病院で治療する事に決めました。検査の結果、AMHが年齢の平均値よりかなり少なく、あまり時間が無い事を知りかなりショックで、妊娠に対しての自分の知識の無さを改めて突きつけられた感じでした。もし説明会で聞いた話を知っていたら、32歳で結婚した時すぐに欲しいと思っただろうな・・・タイミング1回・人工授精3回の後、顕微授精へステップアップ。  再度AMHの検査をすると、最初に検査した時の半分以下になっていました。この結果にはかなりショックでした。私は本当に妊娠できるのか?1回目の採卵では、3個の卵が採れ、3つ共受精卵になり凍結。翌月1つ移植するが陰性。  しかし、2回目の採卵からは、毎月卵が1つしか採れなかった為、3ケ月続けて採卵し、受精卵が3個貯まったら移植するという気が遠くなりそうな治療でした。途中、泣いたり・落ち込んだりしましたが、その度に夫に励まされ、卵が少なくても質の良い卵が残っていれば妊娠できるんだから。と二人で頑張ってきました。毎月1つしか卵は採れないけど、どの卵も受精卵にはなってくれていたので、卵が採れるうちは諦めずに頑張ろうと思い、体を冷やさない様にしたり、鍼灸院に通ったりもしました。  そして、3回目の移植で陽性反応が出ました。浅田院長の「2年で結果を出します」と言われた言葉通り、1年8ケ月で妊娠する事が出来ました。この言葉を信じて、諦めずに頑張って良かった!  今、治療を頑張っておられる方、すでに十分頑張っていると思います。たまには旅行へ行ったりして、息抜きもして下さい。これから治療をしようか悩んでおられる方、本当に子供が欲しいと思うなら、一日も早く一歩前へ踏み出してみて下さい。浅田LCには、かわいい赤ちゃんを授けていただきとても感謝しております。一組でも多くのご夫婦が、子宝に恵まれます様、心から願っております。
レター

2012年12月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月20日
私は、始め不妊治療は、どこの病院も一緒だと思い近い所の婦人科で良いかな~という気持ちで近場の産婦人科に行きました。
 しかし基礎体温をつけ、なかなか授からず又、違う婦人科に変わり、不妊治療をしましたがなかなか授からず毎日のように泣いていました。最終段階の体外受精顕微受精しましたが授からず、その時は、本当に涙が止まらないくらいショックで自分は、もう赤ちゃん抱く事が出来ないのかなと思ってました。
 浅田レディースクリニックの噂を聞きここで授からなかったら諦めよう...ここで、無理ですと言われたら諦めよう!と夫婦で、話し合い、両親の援助もあり浅田レディースクリニックに通い始めました。先生も看護師の皆さん本当に優しく快く不妊治療に通う事ができ半年もしないうちに赤ちゃんが授かる事ができ、浅田レディースクリニックの皆様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 結婚してこら、7年目で赤ちゃんが授かり不妊治療は、他の病院では、3年かけても授からなかったのに浅田レディースクリニックで、半年以内で赤ちゃんが授かり初めから、不妊治療は、浅田レディースクリニックに行ってれば良かったとしみじみ思いました。
 今はまだ、0歳育児に悪戦苦闘してますが、我が子を抱ける喜びは何者にも変えれない喜びです。浅田レディースクリニックに行き本当に良かったです。
 今、不妊治療してる皆様も、我が子を抱く希望を諦めず浅田レディースクリニックに行って欲しいです。浅田レディースクリニックの皆様!!ありがとうございましたm(__)m
レター

2012年12月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月20日
34歳の時に東京都の産婦人科で治療を始め、人工受精を2回トライして結果が出ず、転居で治療を中止。転居先の愛知県で浅田LCと出会い、36歳で治療を再開。AMHは0.8と低く、始めから体外受精を選択しました。結果、初診からわずか3ヶ月余りで妊娠。37歳で無事出産という経緯でした。
 諦めかけていた幸せを手にして、毎日信じられない思いです。東京の病院は比較的有名なところで、いつも混雑していて待ち時間が非常に長く、受付の対応も機械的で、医師間の引き継ぎにもきめ細やかさが欠けるように感じたことがありました。病院に行くと気が滅入り、どうしても足が遠のきがちでした。
 浅田LC勝川クリニックはこれと対照的です。スタッフが顔を覚えてくださったりしますし、先生方の説明が丁寧で、待ち時間は短いと思います。おかげでいつも穏やかな気持ちで受診することができ、病院に対して十分な信頼感を持てました。一方、治療方針は合理的かつ積極的です。AMHの数値を聞いたときには絶望がよぎりましたが、結果に向けて全力を尽くしてくださることが伝わり、「ここで駄目なら諦めて子供のいない人生を楽しもう」と腹を決めて前向きに取り組むことができました。自己注射も、良い経験と思って挑戦しました。
 その結果、卵が10個も採取でき、移植も一度で成功しました。治療の効果に精神状態がどれほど影響するのかわかりませんがやはり前向きな気持ちが結果につながったのだと思わずにいられません。
 浅田LCに出会えたことを心から感謝しています。さまざまな症状や状況のもとで治療をお考えの方へ一つの治療例として参考になればと思い、記させていただきました。皆様もかわいいお子様に会えますように、お祈りしています。
レター

2012年12月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月13日
先生方、スタッフのみなさん念願のわが子を無事にこの腕で抱ける事が出来ました。本当にありがとうございました。
 私は32歳から他院にて不妊治療を始め、子宮筋腫の摘出術から始まり、ステップアップしながら5年が経ち、体外受精も5回しても一度も妊娠せず、最後の希望をかけて、浅田クリニックに通っても妊娠出来なければ諦めようという思いの中通い始めました。
 事前説明会から半年も経たないうちの最初の顕微授精にて妊娠、卒業となりました。事前説明会にて浅田先生が「昔は最後の砦といわれて喜んでいたけど、今は最初に来てほしい」と言われていましたが、本当に私も最初から浅田クリニックに通っていれば膨大な費用や心の辛さが軽減されていたのではないかと思います。
 待合室で自分と同じ歳や症状の方の体験記を読んでは「私にも卒業できる日がくるのだろうか。。。」と悩んでいました。AMHの値は平均以下だという現実にも関わらず、わが子を抱けたのは本当に先生方やスタッフのみなさんのおかげです。サンマットも気持ちよかったので寒い日はいまだに使用しています。私はサンマットとクリニックへの通院以外、ハリや漢方などは一切しませんでした。
 顕微授精からの高齢出産(帝王切開)でしたが、元気な男の子を授かることができました。本当に、本当にありがとうございました。
 今度は凍結して頂いている子達を迎えに行きますのでその時はまたよろしくお願いします。
レター

2012年12月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月13日
いままで、体外受精以外はいいといわれることをいろいろ試してみましたが妊娠しませんでした。体外受精については確率が低いと言われていたし、お金がかかるというので手をだせずにあきらめていました。
 ですが、40才になるのを前に最後に一度だけ体外受精を試そうと思いました。だったら一流の病院でということで、評判のいいこちらの病院に決めさせていただきました。
 年齢もあるし、いままでの体験から申し訳ないですが期待していなかったです。ところが!一回目の移植で妊娠することができました。私は先生方の腕がよかったのだと思ってます。
 かわいい子供をさずけてくださって、本当に感謝しています。子供ができてから、いままで気にしていないふりをしてきた自分が、とても心に傷を負っていたのだと思い知りました。暗雲が晴れたようにもやもやが消えました。治療中はつらいでしょうが、是非前向きに先生を信じて頑張ってみてください。
レター

2013年1月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月 6日
説明会より2年弱 大変お世話になりました。私は タイミング法→人工授精→体外(顕微)授精と段階を踏み,二度目の移植で授けていただくことが出来ました。普通の産婦人科で人工授精までは行っていたので抵抗はありませんでしたが体外はまさか 自分がすることになるとは思っておらず 躊躇しましたが先生方の方針を信じ,思い切ってやってみて本当に本当に良かったです!!
 最初 待合のファイルをみて,妊娠された方のメッセージを見るたび多分私には このメッセージを書く日なんて来ないだろうなあと思っていました。でも 私のために 先生や看護師さんや培養師さんなどが頑張ってくださる姿を見て「絶対出来ないなんて誰も言ってないし,後悔無いように頑張ろう」と決め何を優先にしたいのかもう一度考え,お仕事を昼からの仕事に変えて,お金も時間もかけましたが 治療のほか,レーザーやサンビーマも自分のペースで通いました。
 今は お陰様で 生後二か月の元気な女の子と共に毎日夜昼無く忙しい日々を送らせていただいております。一年前の私には こんな日が来るとは想像でも夢でも思っていなかったので浅田レディースの皆さまや家族,そして私のもとに産まれてくれた赤ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです!!
○これから治療を始められる方・・・浅田レディースクリニックに出会えて本当にラッキーですよ!信頼できる先生方とともに歩んでいけば 結果は必ずついてきます!
○現在治療をされている方・・・先生方を信じ,もう少しのファイトです!先が見えないと何度も不安になることもありますが 着実に前へ進んでいます!!
○(通院することを)迷って見える方・・・だまされたと思って通院してもいい病院だと私は思います。私としては,妊娠して出産までこちらの病院でお願いしたかったぐらいの所です。思い切って踏み切れば お一人お一人にあった治療をしてくださる安心できる病院です。
○(体外受精を)迷って見える方・・・私もかなり迷いましたが 先生がお勧めされるのであれば 一日も早く踏み切ったほうが 私はよいと思います。私はそれで 結果をだしていただけました。
 飽き症の私が 結果がでるまで通えたのも 浅田レディースクリニックだからだと思います。早く凍結している受精卵ちゃんたちを迎えにいきたいばかりです。
 また 二人目を希望しておりますので そのときはよろしくお願いいたします。
レター

2012年12月に出産された患者さまから

掲載日:2013年9月 6日
最初に浅田の説明会に参加したとき、先生は不妊治療より育児の方がずっと大変だ。とおしゃった事を今は夫婦でかみしめています。
 治療はほんとに先の見えないトンネルで、前向きな気持ちでいられたり絶望的になったり。もうあきらめてしまおうかと何度も考えました。でも命が宿ったとき、動いているのを見たとき、出産したとき。ああ私の赤ちゃんがここにいてくれる、ただそれだけで涙がこみ上げてきました。
 治療の大変さ...確かに授かることができれば後から思えばなんでもないと、というか忘れてしまいます。ただ思ったのは、自分の気持ちしだいで治療も妊娠生活も育児もどうとでもなるんだろうなという事です。治療をあきらめていても、がんばり続けるにしてもこれでいいんだと信じてなるべく前向きに考えてほしいという事だって、結局は今も悩みは消えません新しい悩みが生まれる。私の性格もあるかもしれませんが、この子はちゃんと育ってくれるのか妊娠中もそして育児中も悩みや心配はつきませんから。
 あんなに欲しかった赤ちゃんだったのに、治療以上に悩みはつきづ夫婦で浅田先生の言葉、育児の方が大変だという言葉をかみしめているという訳です。治療はやめられる、でも親はやめられないんですよね。命を授かった瞬間からこんな責任を負っていたんだなと思いました。
 現在3ヶ月、これからどんどん成長していきます。これからもっと大変になってどうしたらいいのかと右往左往すると思います。でもこの子がきてくれたから今の悩みがあるんだと、いなかったらかわいく笑う笑顔日々の成長に親ばかする自分もいなかたんです。そして治療の事を忘れているように、今の状況を忘れていくんです。
 この手紙を診察室で何度も読んでいました、残念ながらみなさんの様に赤ちゃんは天使なんて思えません(笑)ただ今がつらくて先が見えなくても、トンネルの先には何かがあると思います。どんな未来が先にあるかはわからないけど後悔のないようにしてください。
 みなさんに納得のいく未来が訪れますように。
レター

最初へ 66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴