患者さまからのお手紙

2020年3月に出産された患者さまから

掲載日:2020年12月11日

ALCにかかる前は自宅近くの産院で不妊治療を受けていましたが、HPでALCの治療方針を見て転院しました。「効率的に採卵し、移植をする」という考え方は、受け入れにくい方もいらっしゃるでしょうが、私には合っていました。有名なクリニックで受診されている方も多く、受診開始した頃は待ち時間が長かったですが、拡張されてからは呼び出しや支払いが電子化され、待ち時間が短縮されたように感じ、通院の負担が軽くなったように思います。
当時、39歳で他院で体外受精を実施し陰性だったことなど、これまでの治療内容を伝え、また改めて受けた検査で特に原因がなかったことから提示された治療方針に納得できたので、あとは全て先生にお任せしました。診察の都度、質問する機会もあったので、疑問があるときは質問することもできました。治療は移植を繰り返すもので、陰性だった場合も「陰性でした。では次に生理が来たら〇日後に来てください」と淡々と進められるので確かに辛いです。陰性のときは「陰性だった原因は分かりません」という内容の紙を渡されるだけです。この対応を冷たいと感じるかもしれませんが、不妊治療はそういうものです。むしろはっきりと「わかりません」と言われるので誠実だと思います。
私は利用しませんでしたが、カウンセラーへの相談もできるので、メンタルケアも万全な体制の良いクリニックだと思います。陰性が続いたため、採取した卵がなくなったら再度、採卵する覚悟をしていましたが幸い、最後の卵で陽性となり、その後順調に育ち、無事卒業となりました。自宅近くの産院に転院して2020年3月、無事出産することができました。ふくふくの赤ちゃんを見るとALCにご縁があって本当に良かったです。8回くらい移植しましたが、一括採卵のお陰で都度採卵する方法より短い時間で結果が出たと思います。少しでも体外受精を考えている方は、診察を受けられることを勧めたいです。

レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴