患者さまからのお手紙

2019年03月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月10日

私は比較的早い段階で不妊治療に踏み切りました。その理由は、赤ちゃんを授かりたいと思い、訪れた婦人科でブライダルチェックを行ったところ、AMHの結果が悪く、不安を覚えたからです。その後、自然妊娠を試みるが出来ず、検査を受けました。
最初に行った病院で、年齢も20代だった事もあり、とりあえずタイミングから。若いし大丈夫。きっとすぐ出来るよ。と言われていました。しかし自然妊娠も人工授精も惨敗で、そうこうしている間に何度も友人から妊娠報告を受け、落ち込んでいました。主人との意見も食い違うところがあり、なかなか次のステップに進む事が出来ませんでした。やっと主人が重い腰を上げ、体外受精へ踏み切る事が出来ました。
名古屋で一番有名だった貴院の評判を聞き、説明会の予約をしました。そこからは数回人工授精にトライしましたが結果は陰性。体外受精へステップアップしてからは通院回数も増え、仕事をしながらの通院は大変な事はありましたが、何が何でも自分の赤ちゃんを授かりたいという一心で治療に励みました。幸い初めての移植で妊娠、出産まで漕ぎ着ける事が出来ました。
不妊治療をしている間は、人生で一番辛く、一番涙を流した期間でした。しかし妊娠してからは不安もありましたが、幸せな事ばかりで、未来への希望に満ち溢れた日々を送る事ができました。出産後、最愛の我が子に私たち夫婦は勿論、両親や兄弟、祖母たちもメロメロで毎日癒されています。諦めず、挑戦し続けて良かった。若いから大丈夫ってゆう言葉に疑問を持って良かった。費用は高額でしたが、我が子と過ごす人生を授けてくださった対価だと思うと、安いくらいだと思いました。
不妊治療の研究を進めて下さった医療関係者の方々、実際に処置をして下さった医師や看護師の皆様には、いくら感謝をしても足りない程です。第二子を迎える準備が整ったら、またお世話になりたいと思います。本当に、ありがとうございました。

レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴