患者さまからのお手紙

2018年12月に出産された患者さまから

掲載日:2020年4月 3日

36歳で入籍し、1年経った頃もしかして不妊かと思い、その頃はまだこんな長く辛い不妊治療か始まるとは思ってもいなく、近所に不妊治療をしている個人病院に通う事にしました。
正直、20代前半中絶をした事もあります。。今思うと改めて自分自身の愚かな行動、子供が出来る奇跡、反省と後悔でした。それに加え、何処か子供は出来る身体なんだと漠然と考えてた浅はかさ、子供を授かる事が簡単ではないといろいろ教えられ学んで感じました。年齢による、無知だった卵子の老化。。AMH数値の低さから焦りしかありませんでした。タイミング法からの人口受精4回、体外受精から顕微授精は計9回。名古屋の有名病院を渡り歩く事4転院。数は少ないもの、採卵も出来、受精もするのに上手く分割せずとか、分割途中の未知な受精卵を移植とか、胚盤胞までいかず廃棄という病院。採卵までの通院と長時間の待ち時間~辛い薬や注射の繰り返し。どれだけ、帰りの電車、自宅、病院で涙したか。。
私、良い意味でも悪い意味でもメンタル強い方なんです。流石に出口のの無いトンネルってこの事かと何をしてても頭に治療の事があり、主人に当たり散らし喧嘩も沢山しました。何で、私だけこんな辛い思いしなきゃいけないのって。離婚の言葉も出ました(笑)4転院目が浅田さんでした。前々から、浅田さんの事は知ってましたし検討もしてました。ただ名古屋駅に通うと言う億劫さと、その頃は今のように初心前説明会の枠が多くなく、パソコンで予約開始時間と共に枠が埋まってしまうという時で、何度チャレンジしても説明会に参加出ずイライラしてた記憶があります。
大きなホールで説明会に移行し予約がとれ、初診できたのが40歳に突入してました。結果論ですが。。。最初から、浅田さんにしてたらもっと早く妊娠出来ていたのかも、いや、妊娠出来ていたと主人も私も思ってます。遠回りと無駄遣いだったかと。。今まで8回他の病院で、体外+顕微をしてきて、妊娠せず、移植も出来ずを繰り返して諦めてたのに、浅田さんで一回の顕微授精からの移植で妊娠しました。
その妊娠はたまたま受精卵の異常で継続出来ませんでしたが、同じ採卵で採れた分割胚で2回目また妊娠。本当に凄いと思いました。腕が良いと噂では聞いてたものまさか一度の採卵で妊娠出来るとは今までの経験上思ってなかったので驚きと感動でした。勿論、その時のコンディションやらタイミング等いろいろありますが、何よりも4転院回って感じた事。私には、浅田さんの通院ストレスが他の病院に比べてかなり少なかったことです。
個人の意見ですが、浅田さんに通院しはじめてから主人にも、気持ち的に楽だと言ってました。医院がキレイで立地も良かった事、予約システムや待ち時間も他より短い事、通院回数が他病院に比べて最小限でしたし、何よりも、毎回ドクターが違いましたが、どの先生にあたっても不快な気持ちにならず、本当に良い先生ばかりだった事。受付の方から培養の方、コーディネーターの方 どの方の印象も良かったです。(他病院受付の女性は特に淡々としてて冷たい印象)教育がきちんとされているんだなと感じました。浅田先生には直接の診察で一回しかお会い出来ませんでした、一見さらりとした冷たい?感じに説明会での印象がありましたが、凄いオーラと共に(笑)とても親身に質問にも返して下さり安心感がありました。
無事、卒業まで出来たもの、高齢出産というリスクから、1ヶ月半の緊急入院からの緊急帝王切開と言う大変な事態になってしまいましたが、今は可愛いすぎる5ヶ月の男の子の育児に追われながら楽しく過ごしています。最後の砦の病院と思わないで下さいと、説明会の時に浅田先生は言っておられました。でも私は、年齢的にも、経済的にもキツく最後にしようとこちらに駆け込みました。浅田さんに通院出来て良かったです。たまたま私に合っていたのかもしれません。
やっと!可愛い掛け替えの無い我が子、に会える大きな手助けをして下さった、浅田レディースクリニックさんに本当に感謝してます。有難うございました。

レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴