患者さまからのお手紙

2018年5月に出産された患者さまから

掲載日:2020年2月21日

二人目の出産が叶いました!一人目も勝川クリニックでお世話になり、四年前の胚を今回移植していただき、二人目の妊娠に至りました。一人目の移植ではラッキーなことに一回目で授かれましたが、今回は6回目となりました。自分の年齢、仕事復帰時期も考えるといつまで続けられるか...と悩む日々でしたが、いつまで!というのは決められず、自分の気持ちの整理がつくまで、とにかく授かりたいという思いだけで進めていこうと思いました。気持ちを整えていくのは大変です。一人目の時もずいぶん落ち込んだり、なんとか持ちなおしたりと浮き沈みがありました。でも、今やらなければ後悔する!授かれても、授かれなくても今しかできない!長い人生の中で、辛い思いは一時だ!と思いながら諦めずに治療してきてよかったです。
治療に関しては先生方にお任せし、「一人目は移植してすぐに授かったけど、二人目も早く授かれるとは限らないよ」と始めに念を押されました。その言葉で、すぐに授かれなくても心配しすぎないで頑張ろうと思えました。6回の移植のうち、陽性反応が一度ありましたが次の受診でだめになっていました。泣けました。移植のタイミングを一回お休みして間を開けますか?と、優しい言葉もいただきました。でもすぐに次をお願いしました。私の中に休んでいる暇はないと、焦りもありました。次に進むことで、前向きな気持ちも出てきたので進めて良かったと思いました。
最終的には授かることができ、今は二人の子育てをしています。同じ親から産まれた子でも、一人目とは全く違う二人目の子。性格はこんなにも違うのだと日々実感します。二人ともとてもかわいいです。子育てでうまくいかずイライラすることもあります。でもいつも思うのはかわいい!ということです。諦めずに治療してよかったです。結婚10年目にして二人目の出産。これから長い子育て期間を元気に楽しんでいきたいと思います。
浅田レディースクリニックにお世話になり、ほんとうによかったです。先生方ありがとうございました!!

レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴