患者さまからのお手紙

2018年1月に出産された患者さまから

掲載日:2020年1月24日

私は結婚が遅く40才の時でした。妊娠は無理かなと半分諦めていたのですが、何も努力せずに諦めるよりやれることはやっておこうと41才で不妊治療を始めました。受診前説明会で妊娠のこと卵子のことなど浅田先生よりお話していただき目からウロコが落ちる思いでした。妊娠ということに焦りもせずにいた自分、卵子についてあまりにも知識がなかった自分に愕然としました。
私は年齢も高く、AMHの値も低かったので最初から体外受精での治療となりました。最初の採卵で受精卵が3つでき移植したのですが妊娠に至らず涙しました。次からは受精卵をある程度確保しようと採卵に重点を置いて治療を進めていったのですが、1個しか採卵できなかったり、3個採卵できても受精卵が一つもできなかったりと受精卵を6個確保するのに1年くらいかかってしました。その後移植に移り最初の移植で妊娠に至りました。42才で妊娠、43才での出産でした。職場には急な休みを取ったりするので心苦しいと感じましたが、不妊治療は今しかできないので最優先に考えました。採卵しても受精卵にならなかったりすると自分はもう手遅れなのかなと辛く涙が出ることもありました。でも、諦めてしまうことの方が私には苦しくてとにかくやりきりたいと思いここまできました。
浅田LCの皆様のおかげで今は可愛い娘を抱くことができます。浅田LCだから迷いなく治療を続けることができました。不妊治療とは何か妊娠とは何か教えていただきました。そして私たちのために最高の技術と設備、接遇で対応していただき、先生や看護師、培養士、その他全てのスタッフの方々に感謝いたします。子供が欲しいと願っている方には「もう少し様子を見てから」とか、「働きながらの通院は大変だから」と先延ばしにせず少しでも早く不妊治療の一歩を踏み出して欲しいと思います。私がもう少し若かったら採卵の苦労も少なくて済んだかもしれないと思うから。

レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴