患者さまからのお手紙

2016年11月に出産された患者様から

掲載日:2018年12月14日
通院中、院内のパソコンで涙をこらえて体験談を見ていたのを思い出します。辛い治療中、何度も励まされたので私も書きたいと思います。私は結婚したら当たり前に子供は授かれるものだと思っていました。風邪もめったにひかないぐらいの健康体でしたし、生理も安定していたので何も心配していませんでした。しかし赤ちゃんはなかなか来てくれず...周りの妊娠報告を素直におめでとうと思えなかったり自己嫌悪になる時期もありました。覚悟を決めて不妊科に通院を始めました。
他院でタイミング法、人工受精をしましたが結果は出ず...私達夫婦はお互いに問題がなく、特に原因のない不妊でした。どうせ次の段階へいくなら少しでも確率の高い医院へと思い浅田レディースクリニックへ転院しました。正直、通院は経済的にも体力的にも精神的にも辛いものでした。仕事をしながらの通院は大変でした。そして採卵期の毎回の採血や内診、それに加えて自己注射が始まり何度も心が折れました。注射自体はそんなに痛くないのに自分で打つという恐怖。注射を頑張ったのに採卵、受精結果が思っていたよりうまくいかなかったり...不妊治療に対する主人との気持ちのすれ違い...何度涙したかわかりません。そして2回の採卵、3回目の移植でついに妊娠。ここまでの道のり約2年。しかし流産してしまいました。本当に辛かったです。いくら頑張ってもいくらお金かけても報われない不妊治療...神様なんていないと思いました。夫婦二人で過ごしていくことも考え始めました。精神的にボロボロになった私を心配して、主人や家族から治療を少し休むように言われた矢先、なんと妊娠が発覚したのです!!私の場合、直接の治療でではありませんでしたが、ここまでの治療があったからこそ授かれたのだと思っています。治療は大変でしたが、信頼できる先生方、親切な看護師さんや受付の方のおかげで頑張って通うことができました。不妊治療は実際に経験した人にしかわからない大変さや苦しみがあります。私の経験が少しでも皆さんの励ましになったらいいなと思います。みなさんの元へもかわいい赤ちゃんが訪れることを願っています。そして浅田先生はじめスタッフのみなさん本当にありがとうございました。
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴