患者さまからのお手紙

2016年12月に出産された患者様から

掲載日:2018年11月16日
2人目となる男児を出産致しました。この子は1人目を授かった時に凍結保存していた受精卵によって授かりました。2人目の治療をはじめる時、様々な葛藤がありました。1人目を授かるのが大変だった場合でも、2人目は授かりやすいとかそんなうわさや、まわりのママ友の妊娠、出産。今度こそ医療の手助けがなくても妊娠出来るかもしれないという期待。残念ながら期待通りにはいかず、今回も医療に手助けいただくことになりました。ここには記載できないぐらい悩みました。もしかしたらまだ心の底から悩みがなくなったとは言えないかもしれません。答えがでないから考えることをやめたと言った方がいいのかもしれません。でも今私の胸に抱いている2人の子供は本当にかわいいです。この子たちがいない人生なんて考えられません。それだけは自信を持って言えます。1人で悩みすぎるとよくないですね。私は通院中、キッズルームで出会ったお母さん方とお話しをする機会がありました。自分だけが悩んでいることかと思っていたことも、同じような感覚で考え、悩んでいる方がいらっしゃいました。それだけで救われました。「私だけじゃないんだ」と。先生でも、たまたま待合室で隣に座った方でも、心の内を話せる人がいると何か変わるかもしれませんよ。
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴