患者さまからのお手紙

2011年12月に出産された患者様から

掲載日:2012年8月31日
 私達夫婦はこちらにお世話になる前は名古屋の他の産婦人科で2年間治療していました。なかなか思うような結果が出ずに悩んでいたところ、『エチカの鏡』の放送がきっかけで転院しました。
 丁寧な対応に最新の技術と設備が備わっていて希望の光が見えました。説明会での浅田先生がおっしゃった『2年で結果を出す!』との一言に頑張ろうと思ったのを覚えています。また、『タマゴにはタイムリミットがある!』という事も教えて頂き高齢出産でも頑張らなければと話しあいました。更に、私達が感じた事は、体外受精・顕微授精には培養技術が優れていないと妊娠までたどり着けないと感じました。
 流産を2回してしまい、一時は精神的に参りましたが、『着床したから可能性はある!』そう信じて治療を続けました。着床してからは1週間に1度のエコー検査までがものすごく長く感じましたが、不安な気持ちが赤ちゃんに移らないように平静を保つのが大変だったけど、やはり夫婦での協力で乗り越えられた気がします。
 3度目の正直で順調に育ち、2011年12月に帝王切開ですが4000gと更に大きく育ち息子の笑顔に元気をもらっています。
 どうか、治療を続けていらっしゃる奥様は旦那さんとよく話し合って下さい。浅田LCの先生方は親切で、培養士の方々も優秀なので、スタッフの方々を信じて納得のいくまで治療に取り組んで下さい。
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴