患者さまからのお手紙

2011年12月に出産された患者様から1

掲載日:2012年6月22日
タイミング法2回、人工授精2回、その後先生にお願いして体外受精へ切り替えていただき、1回目の移植で妊娠し男の子を授かりました。
 少しでも確立のいい治療をしたかったので、自分の意思ですぐにステップアップしていきました。体外受精のための注射も我慢して毎日打ち、頑張ったつもりでしたが、卵子がうまく育たず結果3つしか採卵できませんでした。
 3つのうち1つは採卵時にだめになっていることが分かり取れた数も少なすぎるということで、悲しくて病院の帰りの車の中で泣いて、独りになれるお風呂で泣いて、泣きっぱなしいだったのを覚えています。でも、その後の移植で無事に妊娠することができました。
 通院を迷っている方は是非、通ってください。現時治療中の方はいつか必ず可愛い我が子に会えると信じて治療を頑張ってください。
 私は働きながら通院しました。よく仕事を休むことになり、迷惑をかけるので周囲の上司、同僚には男女かまわず隠さずに、通院していることや治療内容を話していました。そのおかげか理解があり、応援してくれました。
 働きながらだと大変だとは思いますが、世間の不妊治療に対する考えも変わってきていると思います。長いトンネルに迷い込んだと思ってしまいますが、いつか明るい出口は見えてきますので、頑張って治療を続けましょう。私も二人目のときはまた通おうかな、と思っています。
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴