患者さまからのお手紙

2011年4月に出産された患者様から5

掲載日:2012年1月27日
浅田先生、羽柴先生、チーム浅田の皆様、ご無沙汰しております。
 今回の通院中も本当にお世話になりました。また、この報告ができて、とても嬉しく思っております。浅田LCで授かった第1子もすでに幼稚園の年中になり、元気に通園しております。
 今回の第2子は、大きな男の子でしたが、無事に出産する事ができました。上の子同様、主人によく似ています。皆様には、また一つ幸せを配達して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

 私達夫婦は、男性不妊(先天性精管欠損)で、治療はICSIしかありません。結婚して2年待たず、地元の病院に軽い気持ちで検査に行って、自然には妊娠できない現実をつきつけられた時、とてもショックで、目の前が真っ暗になったのを今でもハッキリ覚えています。  その病院では、なかなか結果が出ず、治療を中断していた時に浅田先生を本で知り、私は、絶対に子供が産みたかったので「この先生しかいない!」って思ったんです。
 私は、浅田先生にめぐり会えて、本当に幸運だと思いました。そして、先生が私達を長いトンネルの出口に導いてくれ、結婚7年目に第1子を抱く事ができました。今回も私の中に浅田先生を信じれば大丈夫!という確信があったので、通院が楽しかったです。
 しかし、前回の治療から4年経っての採卵からの治療で、35才を超えていたので、正直卵の老化が気になりました。ですから、体を冷やさないように心がけたり、有害と言われる化学物質をできるだけ避けたり、自分なりに日常生活に気を配るようにしました。
 でもそれは、浅田LCのドクターやスタッフの皆さんが、いつも最高の治療と配慮を提供してくれるので、それを無駄にしたくないという気持ちが私の中で大きかったと思います。
 おかげで、グレードの良い胚盤胞まで育った受精卵が3個もできて驚きました。第2子を自分の胸に抱いた時は、結婚から10年が過ぎていましたが、姉弟ができて本当に良かったと思います。私は、諦めなくて良かったなぁ。とつくづく思います。
 第1子の時も命の尊さを本当に感じましたが、今回も一つ一つの細胞が生命の源だという事を改めて実感しました。そういう事もこれからの子育ての中で伝えていこうと思いました。
 浅田先生、羽柴先生、チーム浅田の皆様、とてもハードなお仕事ですが、お体を大切にして、これからも患者さんに幸せを配達して下さい。影ながら応援しています。
 浅田LCにめぐり会えた事に夫婦で本当に感謝しています。ありがとうございました。
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴