患者さまからのお手紙

2011年6月に出産された患者様から1

掲載日:2011年11月25日
 私は1年半程の治療で人工授精4回、採卵2回、5回目の胚移植で妊娠することができました。
 不妊治療は、身体的にも精神的にも正直しんどかったです。タイムリミットも決めていたので、良い結果が得られなくても、治療した事を後悔したくないという思いで臨んでいました。
 有難いことに授かる事ができ、治療したからこそ命の有難さ・尊さを真剣に考える事ができました。
 きっと自然に妊娠していたら、ここまで深く考える事は無かったと思います。
 私は妊娠経過は順調でしたが、陣痛が来ずに促進剤を5日間使用、破水、その後徹夜で子宮口が開くのを待ち分娩に臨みましたが、最終的には、帝王切開をしてやっと我が子に会えました。けれど、出産時の苦しみには涙は出ませんでした。
 処置後に落ち着いてから嬉しくて主人と一緒に泣きました。
 不妊治療の辛さに比べたら、陣痛も手術も耐えられます!今治療を頑張っている方も迷っている方も、後悔だけはしないでください。
 浅田レディースクリニックのチームを信じて納得いくまで治療してください!
レター

患者さまからのお便り一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴