浅田レディースクリニック

当院における研究活動について

浅田レディースクリニックでは、「浅田生殖医療研究所」において不妊症治療の研究を行っております。この不妊症治療の研究には、卵子・精子・受精卵を使用した研究は必須となります。将来に向けて、より治療成績を向上させるため、これら研究に皆様のご協力をお願いいたします。
皆様には、治療に使用しないことが決定した配偶子の研究利用についてご同意をいただいておりますが、各研究への配偶子の提供について同意撤回されたい場合には、下記の窓口まで同意撤回(※オプトアウト)を行っていただくことができます。

※オプトアウト
研究に関する同意を得る方法として、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」といいます。

現在、下記の研究は、当院の倫理委員会で厳正に審査承認の上、必要に応じ日本産科婦人科学会の倫理委員会での承認を得ております。

2017年に承認された研究
「ヒト胚の最適培養条件の探索」(2017-04)※2018年再承認

2019年に承認された研究
「40歳以上の不妊治療患者の体外受精胚移植成績累積生児獲得率と生児獲得の予測因子について」(2019-02)※2020年再承認
「当施設の生殖補助医療における流産染色体検体の解析」(2019-05)
「GnRH antagonist protocol におけるGnRH agonist trigger の不応例に対して、hCG によるre-triggering で同一周期に再採卵を実施した症例の検討」(2019-09)
「GnRH agonist 不応症例の原因と管理-卵巣刺激開始時の内分泌環境と受精率の関係-」(2019-10)※2020年再承認
「Giant Oocyte(巨大卵子)における判断基準卵子細胞質直径≥130μm の有用性-蛍光免疫染色による紡錘体直径の比較検討-」(2019-11)※2021年再承認

2020年に承認された研究
「成熟卵採取のための至適な卵子のE2値は、年齢、AMH、採卵時の卵胞数により変化する」(2019-07)※2021年再承認
「LH-RH負荷試験は再採卵の可能性を予測する要因になり得るか」(2020-05)
「凍結融解胚移植後妊娠4週3日の血中hCG値と妊娠経過の関係性」(2020-07)※2021年再承認
「卵子の成熟率に影響を及ぼす因子について」(2020-09)
「ホルモン補充周期における凍結融解単一胚盤胞移植後に二絨毛膜二羊膜双胎となった症例についての検討」(2020-10)
「射出凍結精子を用いた顕微授精の生児獲得の検討」(2020-14)
「定量的解析データに基づくヒト卵管内液類似培地「HiGROW OVIT」を用いた最適培養条件の探索」(2020-15)
「不妊治療における高度乏精子症に対する治療戦略」(2020-16)
「男性不妊症の遺伝学的原因であるAZFc欠失症例に対する浅田レディースクリニックでの不妊治療成績」(2020-17)
「不妊治療における閉塞性無精子症に対する精巣上体精子の有用性」(2020-18)

2021年に承認された研究
「不妊治療における男性の血清亜鉛濃度評価」(2021-01)
「ヒト胚発生過程の時系列解析とオミクス解析」(2021-04)
「続発性不妊症における無精子症の検討」(2021-06)
「Freeze-allにより出生した児の予後調査」(2021-07)
「癒着胎盤症候群の病態生理に関する研究」(2021-08)
「初期分割異常胚の臨床成績と出産予後からみた臨床的意義」(2021-11)


同意を撤回されたい場合
研究のためにご自身の診療情報ならびに/もしくは配偶子が使用されることを望まれない方は、下記ボタンをクリックしていただくと同意撤回できます。