よくある質問

現在通院中ですが、治療以外に何かできることはありませんか?

掲載日:2019年9月27日

当クリニックでは下記のサプリメントを販売しています。
治療の補助としてご検討ください。

☆Asadaサプリ・・・活性酸素は体内に侵入した細菌などの異物を攻撃したり、体内の酵素反応を促したりするなど、私たちにとって大切な役割を果たしています。
活性酸素は、通常の酸素と比べて強い酸化力を持っており、これを適切に使うために、活性酸素を消去する仕組みが備わっています。
これがうまく機能していれば問題ありませんが、現代社会では、ストレスや環境悪化などの活性酸素が増加する要素が増え、その強い酸化力により、遺伝子やタンパク質等を傷つけることがあります。
また、活性酸素の除去する物質は、加齢により減少していくことが分かっており、対応するためには外部から補うことが必須となります。
活性酸素は身体の至るところで、複数の種類で発生しています。
それらに対応するためには、抗酸化ネットワークと呼ぶ複数の抗酸化物質を組み合わせる必要があります。
その観点で、まとめあげたのが「Asadaサプリ」です。
よく知られた抗酸化物質であるビタミンE(トコトリエノール)やビタミンCに加え、燃焼系にも寄与するコエンザイムQ10、L-カルニチン、カルチノイド類のアスタキサンチン及びリコピンから成ります。
最近「AsadaサプリⅡ」が出来ました。
免疫をテーマにしたサプリで腸内フローラ、子宮内フローラも意識し、ラクトフェリン、ビタミンDなども入っています。
活用して頂きたいと思います。

☆葉酸・・・妊娠を考えはじめた時から服用しましょう。
神経管閉鎖障害(無脳症や二分脊椎など)の先天異常を予防できます。

☆DHEA・・・卵が育ちにくい、卵が少ない人に服用していただきたいサプリです。
もともとアンチエージングの薬ですので、副作用はほとんど心配ありませんが、肌が油っぽくなり、吹き出物が出る場合があります。

☆マルチビタミンミネラルフォーウィメン・・・妊娠前、妊娠中に積極的に補給すべき栄養素が、バランス良く配合されています。
葉酸、ビタミンB6・B12も十分な量で配合されています。

☆アンチオキシダントフォーメン・・・L-カルニチン、葉酸、亜鉛など精子のための栄養素が、バランス良く配合されています。
※ご希望の方は医師または受付にお申し出ください。


不妊治療で使う薬と風邪薬や便秘薬を一緒に飲んでも大丈夫ですか。

掲載日:2019年9月27日

当院で処方した薬において、一般的に他の診療科で処方された薬、市販薬と飲み合わせが懸念されるものは特にございません。
持病がおありなど、心配でしたらどうぞ診察時にお尋ね下さい。


初診の受診時期と必要な検査について教えて下さい。

掲載日:2019年9月27日

初診の受診時期はいつでも構いませんが、すぐに治療を始められる場合は、ホルモンの基礎値をみることができる月経3-5日目の受診をおすすめします。
初診時に行う検査は、主に①経腟超音波検査、②血液検査の二つです。
(①経腟超音波:子宮筋腫や卵巣の腫大がないかの確認、卵胞数のチェックなど ②血液検査:女性では血液型検査、ホルモン検査、感染症検査、抗体検査など。
 男性ではホルモン検査、感染症検査) 他院で施行された結果がある場合は検査を省略できる場合があるため、持参をお願いします。
また、男性の感染症結果が確認された後に、精液検査が必要です。


初診時に必要なものがあれば教えてください。

掲載日:2019年9月27日

戸籍謄本と、過去の採血結果(健康診断や他院で治療した際の血液検査)があれば持参してください。
他院で治療をされていた場合、必ずしも紹介状はいりませんが、今までの治療経過がわかるものがあれば、持参してください。
受診のタイミングはいつでも良いですが、月経3日目前後であればすぐに治療が開始できることもあります。


休日注射や、採卵前のHCG注射は時間外料金がかかりますか?

掲載日:2019年9月27日

休日や夜の時間指定は時間外処置に当たりますが、医師の指示によって来院される場合は、時間外料金は頂いておりません。


幸せ配達人ナビにログインできません

掲載日:2019年9月27日

仮診察券番号の取得時のパスワードとは異なります。
お手数ですが、幸せ配達人ナビの「新規登録のお知らせ」のメールでIDとパスワードをご確認ください。
ID又はパスワードもしくはその両方をお忘れの場合は、クリニックへお問い合わせください。


採卵後の生理が普段の生理より出血量が多いのですが大丈夫ですか?

掲載日:2019年9月27日

採卵の周期は、注射等で刺激し卵胞を育てていますので、卵胞ホルモンも自然周期よりかなり高くなっています。
それに伴い、内膜もかなり厚くなっているため出血量も多くなることがあります。おかしなことではないので心配ありません。
しかし、出血量に伴って腹痛等の症状も普段より強くなる場合もありますので、我慢せずに痛み止めを服用するなどして様子をみてください。


採卵前のエコーの個数と実際の採卵数が違うのはなぜですか?

掲載日:2019年9月27日

卵子は卵巣の中の「卵胞」を満たしている「卵胞液」のなかにありますが、大きさは約0.1~0.2mmと小さいのでエコー画像で卵子を直接確認することはできません。
そのため、内診のエコー画像では、卵子ではなく「卵胞」の数と大きさをみているのです。

なかには卵胞だけが育って卵子が入っていなかったり、まだ卵胞が未熟で卵胞壁から卵子が剥がれ落ちなかったりすることもありその場合、実際の採卵数は卵胞数より少なくなります。
逆に卵胞の陰にもう1つ卵胞が重なっていたり、採卵までの間に卵胞が育ってきたりすると、採卵数は卵胞数よりも多くなります。

このようにエコーで見える卵胞数は目安にすぎません。
また卵胞の大きさで卵子の成熟度を測りますが、これも大体の目安です。
人間の体は千差万別、なかなか確実に数値化することは難しいのです。


採卵当日、夫の精液を持参できるかわからないのですがどうすればよいですか?

掲載日:2019年9月27日

採卵日は卵胞の育ち具合で決まり、2日前に決定することも少なくありません。
急に決まりますので、出張が多いご主人さまや夜勤があるご主人さまなど、採卵当日に精液を持参できるかわからない方もいらっしゃると思います。
そのような患者さまには、事前に精子凍結をご案内しています。

精子凍結には2種類あり、使用したい採卵の周期の間のみ凍結する「一時凍結」と1年を通して凍結保存できる「1年凍結」です。

患者さまに合った凍結方法をご案内させていただきますのでご相談ください。
(※凍結精子使用症例では受精操作は顕微授精のみになります。)


精液検査をすると言われましたが、予約はいりますか?

掲載日:2019年8月 1日

精液検査は午前中のみとなっておりますので、午前中で予約をお願いします。


最初へ 1  2  3  4 最後へ

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴