よくある質問

38歳でPGT-Aを実施した場合、胚盤胞の何個に1個正倍数性がありますか?

掲載日:2021年9月21日

一般的に、38~40 歳くらいになると、一人の赤ちゃんが生まれるのに、平均して20 数個の卵子が必要だと言われています。
現在のPGT-A は、反復ART不成功例や二回流産を繰り返した人、と比較的妊娠しづらい人を対象としているので、PGT-A の結果はそれほど良いものではありません。胚盤胞の5 個に1 個位が正倍数性かといわれると、一番多い人でその位だと思います。もちろん、10 個中0 個ということもあります。その分布について詳しい表は作っていませんが、当院の診察室には、良い場合・悪い場合を示した表をおいていますので、参照してください。
1 人出産するのに何個の胚盤胞があれば安心か、とのことですが、個人差が大きいので何とも言えません。

平均で20 数個の卵子が必要だといっても、2 個で出産する人もいれば200 個あっても出産できない人もいて、そのバラバラな結果を集めて平均を出せば1/20というだけです。また、その1/20が、最初に現れるのか最後に現れるのかも分かりません。
3 日目胚は何個で胚盤胞1 個とカウントするか、とのことですが、胚盤胞到達率も個人によって全く異なります。平均すると分割した受精卵の3 割くらいですが、8 割9 割が胚盤胞になる人もいれば1 個もならない人もいます。

ある程度正規分布し多くの人がこのくらいで妊娠する、というラインが無いのが生殖医療の特徴です。例えば卵巣予備能の目安であるAMH も、個人差しかありません。いい人と悪い人の差が非常に大きくなっていますし、いい人も悪い人も中間のひとも同じ位たくさんいるという状態ですので、平均値を知ってもあまり役には立ちません。
二人の遺伝子のバランスが悪いために絶対妊娠できない、というカップルがいるとは私は考えていません。受精後の卵子の中では遺伝子は色々な組み換えが起こっています。ヒトの場合、卵子を古くなってから使うため染色体異常も増えていきますが、赤ちゃんまで育つ卵が必ず存在すると信じて不妊治療を行っています。


PGT-A に向いている人、向いていない人はいますか?

掲載日:2021年9月13日

PGT-Aに向いている人は、受精卵・胚盤胞の数が多い人です。

PGT-Aは、胚の周りの「胎盤になる細胞」の一部を採取して染色体の数を検査します。染色体の数に異常がないものを正倍数性、多いもしくは少ない場合を異数性といいます。そして、正倍数性と異数性が混ざっている「モザイク」と言われる胚もあります。この「モザイク」と言われるものは、必ずしも異常とは限らず妊娠できる可能性もあります。

また、「胎盤になる細胞」と「赤ちゃんになる細胞」の染色体数は100%一致するわけではありません。なので、PGT-Aをして正倍数性の胚を移植したからといって、必ず妊娠するとは限りません。PGT-Aは、「妊娠できる胚」を選んでいるのではなく、「妊娠できない、あるいは、流産になる可能性の高い胚」を選別していると考えていただいた方が良いと思います。

胚が多くあれば、妊娠できない、あるいは、流産の可能性の高い胚を除いて移植することにより、妊娠率を上げるとともに妊娠までの時間短縮となります。
しかし、受精卵の数が少ない方の場合は正倍数性との結果が得られる胚がなく、結局、移植できずに採卵をくりかえすこともあるためPGT-Aのメリットがあまりありません。
結局、移植をしてみないと本当に赤ちゃんにまで育つ胚なのかは分からないというのがPGT-Aの現状です。


浅田LCでは移植や内膜検査の際に、抗生物質を処方しないのはなぜですか?

掲載日:2021年9月 1日

現在、感染予防で抗生物質を使わないようにというのが医学界全体の流れです。
なぜかというと、世界中で抗生物質が使用され続けた結果、抗生物質の効かない耐性菌があふれるという状況に陥っているからです(日本ではMRSAが有名です)。
従って、感染した菌が特定された場合以外は、抗生物質を使用しないというのが主流になっており、当院でも数年前から、胚移植の際の抗生物質投与は行っていません。
採卵の時には、前日に予防的に一回のみ抗生物質を投与しています。
子宮内膜検査で内膜炎になるというのは、清潔操作をしていればほとんどないことだと思います。

何か操作を行う際、清潔操作を正しくしていれば新たに菌を持ち込むことはありませんので、予防投与は必要ないはずです。
不潔なところに触り、その菌を子宮内に持ち込めばもちろん炎症が起きる可能性はありますが、検査で炎症を起こしてしまっては本末転倒です。
大切なのは清潔操作であり、何でもかんでも抗生物質で叩けばいいという昔の考えは、現在では通用しません。
実際、多くの病院で、術前・術後の抗生物質の予防投与は極端に少なくなってきており、使用する際も第一世代のシンプルなものを使用することになっています。
多くの産婦人科がお産後に感染予防の抗生物質を投与していたのも、20年から30年前の昔のことです。


移植後に歯科治療をしたいのですが、麻酔やレントゲンは影響ありますか?

掲載日:2021年9月 1日

問題ありません。妊娠中は口内環境が悪くなりやすいので、歯科治療は妊娠前に済ませておくことをおすすめします。
歯科にてお薬の処方がある場合は、当院で処方しているお薬について歯科医へのご相談をお願いします。
また、妊娠判定陽性後の歯科治療についても歯科医へのご相談をお願いします。


移植後に花粉症の薬や頭痛薬は飲んでも大丈夫ですか?

掲載日:2021年9月 1日

妊娠判定日までは、いつも服用されているお薬を服用していただいて問題ありません。
お薬を変更する場合でも、妊娠判明後の変更で問題ありません。妊娠中の服用については、主治医の判断となります。


移植はいつごろになりますか?

掲載日:2021年9月 1日

月経開始~移植、妊娠判定までのスケジュール例を作成しました。
患者様によって受診日、回数やお薬の処方が異なる事がありますが、参考になさってください。

月経2~3日目と月経9~11(13)日目にご受診いただき、ホルモン値や内膜の厚さ、卵胞発育の有無等を確認して移植日を決定します。
移植当日はコーディネーターから移植胚や妊娠判定までのお薬の説明があり、移植胚の動画をご覧いただきます。
妊娠判定は当院にて尿検査で実施します。なぜ尿検査なのか?をご参照ください。


採卵当日はどのように過ごせばよいですか?してはいけないことはありますか?

掲載日:2021年7月28日

当日は安静にし、感染予防のためシャワー浴でお願いします。また自転車・自動車の運転は避け、血流の良くなること(激しい運動や飲酒)は避けてください。


採卵当日の採精は早朝でも大丈夫ですか?

掲載日:2021年7月28日

問題ありません。精液採取については採卵日決定した日に看護師より詳しい説明がありますので、ご不安な点があればお尋ねください。


移植の周期は何回くらい通院すればいいですか?

掲載日:2020年1月 9日

胚移植を希望する周期の生理2日目に内診と診察、生理9日目~11日目のいずれかの日に採血と内診、診察があります。
この日のエコーで内膜がしっかり厚くなっていれば移植日が決定し、次の来院は移植日当日となります。
内膜の厚さが足りない場合はあと数回来院が必要となります。
胚移植後の妊娠判定日を含め少なくとも4回の通院が必要です。


移植後の生活で気を付けることはありますか?

掲載日:2020年1月 9日

胚移植当日は、出血がある場合の入浴は避けていただきますが、通常通りの生活で問題ありません。
具体的なご質問としてよく尋ねられる、自転車、重いものを持つ、運動(スポーツジム・ゴルフ・加圧トレーニング)、旅行(長時間の移動)、立ち仕事について、いずれも妊娠や流産に影響を及ぼすことは証明されていないため、問題がないと考えています。
お酒も基本的には飲んでいただいて問題ありませんが、過度な飲酒はお控えください。 
自分の行動で妊娠率を上げたり、流産率を下げたりすることはできません。結果も自分でコントロールすることはできません。
問題ないと言われても、もし不安になるようでしたら控えていただいても良いですし、何よりもご自身が、妊娠判定日まで一番リラックスできる生活を送っていただくことが大切ですとご案内しています。


体外受精報告書について教えて下さい

掲載日:2019年9月27日
当院では採卵翌日に受精結果を報告書としてアプリでご連絡しています。
体外受精報告書でよくいただく項目についてご説明します。

<体外受精報告書の例>

■採卵・・・採卵された卵子の状態の内訳になります。
体外受精報告書

採卵についての記載の説明
項目 説明
採卵日 採卵を行った日
採卵個数 採卵された卵子の合計
成熟卵 受精操作できるまで成長していた卵子の個数
未熟卵 受精操作できるまで成長していない卵子の個数
変性卵 細胞が壊れている卵子数
その他 既に分割が始まっていたり通常より大きな卵子数
※※当院の大きな卵子の基準は直径130µm以上
■媒精・・・媒精した個数とその結果になります。
体外受精報告書-媒精

媒精についての記載の説明
項目 説明
媒精
(顕微授精数/体外受精数)
顕微授精または体外受精をおこなった個数
正常受精卵 正常な受精を確認した個数
正常受精未確定卵 正常受精している可能性のある個数
異常受精卵 正常でない受精をしている個数
受精せず 受精が確認できなかった個数
変性卵 細胞が壊れてしまっていた個数
正常受精卵
正常受精卵
前核が2個見えている状態
正常受精未確定卵
正常受精未確定卵
前核が1個しか見えていない状態
正常受精している場合もあるため、
培養を継続して胚盤胞になれば凍結
異常受精卵
異常受精卵
前核が3個以上見えている状態や
正常な過程を経ずに分割が始まった状態
受精せず
受精せず
前核が確認できなかった状態
変性卵
変性卵
細胞が黒くなったり収縮した状態

1

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴