培養研究部 胚培養士の紹介

福永部長インタビュー

Q:培養室の特長を教えてください。
A:培養室では、「培養環境をかぎりなくお母さんの体内に近づけること」をすべての判断の軸としています。体内で育つ受精卵に人の手は全く介していません。 いつ胚盤胞になり卵管から子宮にたどり着いたのかわからない、いつ着床したのかもわからない、受精卵の成長は「生命の神秘」そのものです。 しかし、胚培養の現場では、受精卵の発育状況が心配なあまり、受精卵にとって最善の環境である培養器の外に出して受精卵の発育状況を確認したり、培養液を過度に交換したりしがちです。そういった培養器外の作業時間が増えるほど、受精卵そのものが持つ力を弱めてしまうことになります。
当院の培養室では、極力受精卵にはさわりません。そして、受精卵に負荷がかかる培養器外での作業はできるかぎり正確に早く行うために高い技術を身につけています。 胚培養環境を「お母さんの体内」に近づけるため、受精卵に手を掛け過ぎず、「いかに培養業務をシンプルにできるか」のための創意工夫や、最善の培養環境を構築するための研究を行っています。 当院の培養室は、既成概念にとらわれないことをモットーに常に進化し続けています。

Q:胚培養士の育成について教えてください
A:当院ではすべての患者さんに最高の技術を提供するため、経験の浅いスタッフからベテランスタッフまで「高いレベルで平均化」することを目標に育成を行っています。
「医療の現場は治療の場であり、トレーニングや初心者が試す場ではない」という考えのもと、研修で一定水準以上の成績が安定して出せなければ臨床には入れません。研修項目のスケジューリング、各指導ポイントの徹底、技術が身についたかどうかテストする際の合格基準も明確に定められています。この育成方法を運用することで、研修項目に合格して臨床に入ったばかりの胚培養士もベテラン胚培養士も成績に個人差なく、高い技術の提供が可能になります。
その他、自己研鑽の支援として学会認定の資格取得支援制度があります。また、交通費や宿泊費を含めた学会参加費の全額負担など、エビデンスに基づいた治療を行うために学会発表や論文作成などの研究活動にも力を入れています。

Q:求める人物像を教えてください
A:当クリニックでは、培養室の質の向上が患者さまの妊娠率の向上につながると信じ、日本一、世界一の培養室を目指して常に最善の培養環境を追求し続けています。スタッフは全員、生殖医療に本気で向き合い、ひとりでも多くの患者さんが妊娠・出産できるように、また、生殖医療がよりよく発展するために熱意をもって毎日の業務に取り組んでいます。生命を誕生させる最前線にいる胚培養士は軽い気持ちで目指せる職業ではありませんが、当院の理念に共感してくれる方と一緒に仕事がしたいと思っています。

Q:仕事環境について教えてください。
A:プロの胚培養士になるためには、数多くの研修を行い、高い技術を身に着け、その技術を維持することが必要です。当院では、三年で一人前の胚培養士になることを目指し、研修が組まれています。研修期間中は技術習得のためにたくさんの時間が必要ですが、スタッフが「一生の仕事」として長く働くために育児休業や時短など様々な制度が充実しています。大切に育成するからこそ、長く働ける職場環境を整えています。

Q:休日の過ごし方を教えてください。
A:私には娘が2人いますが、子供が小さいころは国内外の学会出張や休日出勤があったため、学校の行事に参加したり、週末に家族で時間を過ごしたり、ということはほとんどありませんでした。今は子供の習い事の遠征に付き合ったり、発表会に応援に行ったりなど、遅まきながら家族と過ごす時間を楽しんでいます。年齢とともに私生活も変わっていくので、スタッフのライフステージに合わせた働き方ができるように環境を整えることも私の使命のひとつだと思っています。

エントリーはこちら 培養室の詳細

名古屋培養室長紹介

勝川培養室長紹介

主任紹介

先輩インタビュー:職場の雰囲気や入職してからのことを知りたい方はこちら



名古屋クリニック培養室長インタビュー

培養研究部次長
名古屋クリニックLab長
品質管理責任者

Q:胚培養士になろうと思ったきっかけを教えてください
A:医療系に興味を持ち、北里大学の獣医畜産学部に入学しました。この学部はヒトを対象とした医療がメインではありませんが、入学後も医療系の就職をぼんやりと考えていたところ、「胚培養士」という職業に遭逢しました。就職という今後の人生の大半を過ごす「仕事」は自身が興味があり楽しいと思える事を選択しました。また、施設長である浅田義正とクリニックの環境に惹かれました。

Q:どんなお仕事をされているのでしょうか
A:現在の職務は、患者満足向上と安心安全の管理です。当院は品質マネジメントシステム(QMS)認証 (ISO 9001)を受けており、患者さんが求めていることを常に届けることを仕組みとして取り入れ、継続的に改善を繰り返す事により、患者さんの満足度向上を目指しています。この活動をISO活動といい、私はその実運用の管理を担当しています。やることはたくさんありますが、結果として物事は良い方向に進み患者満足にもつながります。もちろん、この活動は胚培養士の業務にも関わります。例えば、患者さんへ伝える受精卵などの情報が不十分であり、「わかりにくい」というコメントをもらうと患者目線でわかりやすくするために改善を行います。このように、何か問題が起きるとその根本の原因を改善することで、安心安全を提供できるよう管理しています。

胚培養士はその名の通り、胚を培養する仕事です。胚とは精子と卵子が受精し、1つとなった受精卵のことです。胚培養士は「胚」を培養するだけと思われがちですが、実際には胚を得ること(受精操作)も重要な仕事であり、むしろ胚がなければ仕事として成立すらしません。まずは胚を得ることが、仕事の始まりです。当院では受精する確率が高い、顕微授精(ICSI)を重要視し、高い受精率を維持し続けることを念頭に置き業務にあたります。

Q:どんな人と一緒に働きたいですか
A:「本当」にこの職業(胚培養士)に就きたいと考えている人、真摯に業務に取り組める人、謙虚に行動できる人です。

Q:生殖医療のやりがいを教えてください。
A:この分野(生殖医療)については日進月歩であり最先端を進み続けなければ時代の流れに取り残されてしまいます。そのためにも学び続けることを大切にしています。当院では、働きながらも学び続けることができ、各種学会参加およびセミナー受講、さらには進学ということも実績としてあります。私も働きながらも進学させてもらい、広島大学大学院生物圏科学研究科を修了することができ、微力ながら生殖医療の発展の1つに貢献しております。同じことをやり続けるという事も大事ですが、学び続ける事で物事をさらに前に進ませることができ、結果として患者満足や妊娠出産に貢献できる事がこの仕事のやりがいです。



勝川クリニック培養室長インタビュー

培養業務課課長
勝川クリニックLab長
技術指導責任者

Q:胚培養士になろうと思ったきっかけを教えてください
A:大学で発生工学を学び、その中で不妊治療という言葉を耳にし、胚培養士という職業に興味を持ち始めました。浅田に入職したきっかけは、培養室の1日見学に参加したときに、働いているスタッフに笑顔が多く、とても温かみのあるチームと感じたからです。今は浅田の技術を継承するための重要な立場(指導責任者)として働いています。技術の進歩は日進月歩なので、その変化に適応し、患者さんに高い技術、そして安定した技術を提供し、安心して治療に臨んでもらえるように努めています。

Q:どんな人と一緒に働きたいですか
A:自身のことも、そして他の人のことも大切に思える人がよいなと思います。会社に属するということは少なからずチームで行動します。そのため、相手の行動や気持ちを尊重することが重要です。この考えは我々が仕事とする胚培養やその先の患者さんにも通じ、日々の業務を行う上でどれだけ患者意識を持つことができるかが胚培養士として大切なことだと思います。

Q:仕事をする上で大切にしていることを教えてください。
A:患者さんは、妊娠・出産という子育ての出発地点に立つために様々な思いで治療を受けていると思います。しかもその出発地点には誰しもが辿り着ける訳ではなく、途中で新たな道に進まれる方もいらっしゃいます。いろんな方が通院されている中で、少しでも患者さんにとって安らげる落ち着く空間を提供できるように。また、患者さんとお話できる機会を大切にし、会話の中で感じた想いを忘れないようにしています。



主任インタビュー

培養業務課主任

Q:どんなお仕事をされているのでしょうか。
A:培養室で行われている、採卵(検卵)~受精操作~胚移植、全てを私たち胚培養士が行っています。一人で全てこなしているわけではなく、スタッフが各自その時間に沿った業務を行い一日が進行しています。受精卵の取り違え防止のために全ての操作において操作前にダブルチェックを行い安心安全な業務を行っています。私は主任として一日の業務進行を割り振ることや、次世代の指導を行っています。

Q:胚培養士になろうと思ったきっかけを教えてください
A:大学の講義で生殖学に興味を持ち、自分が学んだ学科で人の医療に携われる職がある事を知り興味を持ちました。まだ認知度の低い胚培養士でしたが情報収集する中で浅田レディースクリニックの技術力の高さとその治療方針を知り、ここで高い技術を身につけ多くの人に貢献したいと思いました。

Q:浅田の魅力を教えてください。
A:浅田レディースクリニックの魅力はやはり浅田院長です。院長の治療に対する考え方・方針、向上心、そして人柄。それらが全体へ影響し、浅田レディースクリニックは常に最新の情報に目を向け、科学的根拠に基づいた最善案を取り入れ前進し続けています。人と時間をかけて技術習得まできっちりとした指導をしてもらえます。また様々な見識のある人ばかりなので一つの事柄に対しても多くの見解が聞けることも魅力の一つです。

Q:胚培養士という仕事の魅力を教えてください。
A:生命の神秘に立ち会えること、そして新たな発見が多い事です。受精卵の発生を観察していると、これがもっと細胞を増やしていって将来赤ちゃんになるんだなぁ~と感慨深くなる時があります。胚培養士として数年働いてきていますが、何時まで経ってもこの生命力には感動を覚えます。仕事の厳しい部分を伝えると、毎日細かい定型作業が多いです。また、毎日受精卵と向き合っているので命の重さを感じすぎてしまう人もいます。この仕事が好きであり、責任感を持ちつつその重責に潰されない精神も持って仕事に臨めることと、プライベートで気持ちの切り替えをしていくことが大切かと思います。

エントリーはこちら 培養室の詳細
先輩インタビュー

Q:なぜ浅田に入職しようと思ったのか、そのきっかけを教えてください。
A:A:大学は工学部に所属しており、卒業後に大学院で遺伝子工学を専攻していました。大学院修了後、浅田に入職し、9年目になりました。就職活動を始めた当初は食品メーカーなど食に関連する企業を目指していましたが、就職活動を続けていくうちに胚培養士という職業を知り、調べるにつれて命の根源に携わる胚培養士に興味がわきました。図書館で手に取った胚培養士に関する本に当院のスタッフのインタビューが書かれており、そのスタッフの不妊治療に対する熱意に心をうたれ浅田の採用試験を受けました。採用試験の現場選考では実際に培養室に入り、様々な業務を見学させてもらいましたが、そこで初めて見る顕微授精や胚発生のタイムラプス映像に感動し、浅田への入社を決意しました。私たちは入社してからすぐに業務に入れる訳ではなく、研修で技術を磨き上司に認められてはじめて臨床業務に入ることができます。浅田はとくに研修に力を入れているので、研修は厳しいですが胚培養士としての技術がしっかり身につきます。また、臨床業務以外にも学会活動を積極的に行っています。やる気があれば若いスタッフにも学会参加する機会がつくられ、発表に向けて先輩や上司が熱心にサポートしてくれるところが魅力だと思います。上司や先輩にはまだまだ教わることが多い立場ではありますが、一人でも多くの患者さんが赤ちゃんを抱けるよう自らの技術をより磨きつつ、後輩に技術を継承していきたいと思っています。


Q:胚培養士のやりがいを教えてください。
A:中途採用で入職し、現在8年目の胚培養士です。胚培養士と聞くと、精子と卵子を操作して授精させる仕事というイメージがあると思います。私も入職するまでそう感じていました。しかし、毎日現場で授精の瞬間に立ち会い、受精卵の成長を観察し実感していることは、私たちの仕事はあくまで精子と卵子が受精するためのサポートだということです。顕微授精した精子と卵子は自分たちの力で受精し、受精卵は自分の力で分割し成長しています。そのための環境づくり(いかに胎内環境に近づけられるか)を考えることも胚培養士の仕事です。このことを念頭に置き、卵子や受精卵に対して最善を尽くせるよう日々業務に当たっています。一人前の胚培養士として現場に立つために、たくさんの努力が必要ですし卵子や受精卵を扱う責任も大きいです。しかし、精子と卵子が受精し、その受精卵が成長していく過程を目の前で見られるのは生殖医療の現場だけだと思います。


Q:職場の雰囲気を教えてください。
A:現在7年目の胚培養士です。培養室では患者さまの大切な卵子・胚を扱っているので、非常に集中力が必要な現場です。教育、指導もしっかりと行われるため、キツイと思うこともあるかもしれません。厳しい現場ではありますが、苦しくなった時には、同期と支えあったり、先輩が声を掛けてくれたりします。また、休憩時間にはテレビを見ながら他愛のない話をしたり、仕事終わりや休みの日には先輩や同期とご飯や遊びに出かけたりすることもあるので、楽しさもある職場だと思います。これからもより多くの患者さまに少しでも早く赤ちゃんの笑顔を見て頂けるように、技術を磨いていきたいと思っています。


Q:入職前と後のギャップがあれば教えてください。
A:現在3年目の胚培養士です。4年制大学の農学部を卒業しました。胚培養士という職業を大学3年生のときに知り、自分も生命の誕生に関わることがしたいと思い入職しました。培養室のイメージは狭く、閉鎖的なイメージがありましたが、実際は明るくとてもクリーンな環境を維持されていました。また、先輩方の常に受精卵のことを一番に考えた行動をとるプロ意識の高さにも驚きました。 私は浅田独自のしっかりとした研修制度があることに魅力を感じて入職しましたが、それは期待通りであり上司や先輩方に研修を見てもらい色々なアドバイスをいただいてこれまで続けられています。胚培養士が行う技術的操作は難しいものが多いため研修の段階でつまづくことも多々ありますが、励ましあって乗り越えています。自分の努力がそのまま技術となって身に着く職業なのでとてもやりがいを感じます。私は、自分が求めていた条件が満たされていたため入職前後のギャップはあまり感じませんでしたが、気になる点がある場合は何でも事前に聞いてみたほうが良いかと思います。

エントリーはこちら 培養室の詳細

初めての方
受診までの流れ

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴