見えるLabではどんな人が働いているの?
~胚培養士・医療情報処理・研究員~

培養研究部には、胚培養士・医療情報処理・研究員が所属しています。
それぞれの業務を紹介します。

胚培養士

高度生殖医療と呼ばれる、顕微授精などの体外受精を実際に行う医療技術者です。
医師が患者さまから採取した卵子を預かり、受精・培養して、再び医師が体内に移植するまでの全過程を担うのが胚培養士の仕事です。
具体的には、精子や卵子の処理、受精卵の培養・凍結保存、データ管理をはじめ、ラボラトリーと呼ばれる培養室全体の管理も任されています。
一般的には認知度の高くない職種ではありますが、高度生殖医療を推進するにあたって、胚培養士はその核を担う存在です。

採取してきた卵胞液から卵子を回収する〔採卵
体外受精に用いる精子を調整する〔精子処理
採卵してきた卵子と処理を行った精子を受精させる為の〔受精操作
胚の成長を確認する為の〔観察〕 胚を保管する為の〔凍結融解
胚を体内に戻す為の〔胚移植介助〕などを行っています。



スクールLabの開講
当院では胚培養士育成のために、内容を独自構築したスクールである『スクールLab』を対象の胚培養士に向けて実施しています。




医療情報処理

主に患者さまの情報の入力・集計・分析、凍結管理、学会活動用のデータの集計・発表をしています。
受精率・妊娠率などデータの管理・統計を行います。 また、短い期間ごとにさまざまなデータを算出することで常に的確な方法を判断することができます。

患者さまの情報の入力・集計・分析
専用のシステムに患者さまの情報を入力し、当院の治療データを管理しています。
定期的に治療データを集計・分析することで当院の治療成績が常に一定の水準を維持できているか確認する指標となっています。
凍結管理
凍結保存してある卵子・精子・受精卵の保存期限を管理しています。
学会活動
当院が行う学会発表・論文用のデータの集計を行います。

医療情報処理がデータを管理し正確な治療成績を出すことが培養業務の改善に繋がっています。
培養室にとって医療情報処理は必要不可欠な存在です。



研究員

研究員は浅田生殖医療研究所で生殖医療や不妊治療についての研究を行います。

「科学的根拠に基づいた生殖医療」
を目標に治療を行っている浅田レディースクリニックの基礎研究部門を担っており、臨床と研究をつなぐ研究を目指して日々活動しています。
現在は、山梨大学および近畿大学と共同研究体制を築き、所属研究員が大学に常駐して研究を行っています。
研究と聞くとちょっと難しくて近寄りがたい雰囲気があるかもしれませんが、患者さまの治療に少しでもお役に立てるような研究成果の情報を発信していきたいと考えています。


3つの専門グループ 培養研究部

胚培養士が行った胚操作の詳細は医療情報処理がデータとして管理し、その時々の最新データを元に治療法を選択できるようにしています。
研究員は、臨床現場で活かすことのできる研究を行います。

このように培養研究部ではこの3つの専門グループが1つのチームとなり皆様の治療に携わっています。

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴