Labアシスタントのお仕事紹介

Labアシスタントの仕事としては大きく分けて2つあります。1つは培養室内の臨床業務における胚培養士のサポート、もう1つは学術活動のサポートです。
それぞれについて1例を挙げてご紹介します。

臨床業務における胚培養士のサポート


卵子・受精卵は直接扱わない、胚の評価は行わないが、胚培養士のサポートとして臨床業務を担当します。
例えば、受精卵評価後のシステム入力、患者氏名・IDなどのWチェックなどです。



また、各種培養液の分注や試薬作製および培養dishなどの作製も行います。
これら仕事における教育については、ISO9001で管理されたマニュアルにて、1から丁寧に教育を行い、 ひとりでも多くの患者さんが妊娠・出産できるようにと考え、胚培養士のサポートを行っています。
培養研究部における1日の仕事についてはブログでも紹介しております。参考にしていただければ幸いです。
アメーバブログより・・・培養室の1日

学術活動におけるサポート

当院では浅田生殖医療研究所を併設しており、学術活動(学会発表や論文発表)を積極的に行っています。

国内外問わず様々な研究会や学会にも参加し、患者さんの治療に貢献できる学術活動を行っています。



この学術活動においては、患者さんから同意を得た卵子・胚を用いることがあります。これらの卵子・胚を大事に使わせていただくための管理はLabアシスタントに重要な仕事です。



また、様々な検討については、胚培養士と共に行っていきますので、テクニカルな検討実施や検討データの整理などもLabアシスタントとしては大事な役目となります。



これらの仕事については必ず胚培養士とペアにて行いますので、力量や経験に不安があったとしても、胚培養士と一緒に学術活動を推進していくことができ、治療に貢献している達成感を得ることができます。

初めての方
受診までの流れ

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴