培養室(ラボラトリー)

データ管理を通じて生命の誕生をサポートする医療情報処理

掲載日:2019年5月 9日

 当院では2009年より患者さまの治療情報や治療実績の管理を専門に扱う医療情報処理というスタッフが胚培養士と共に培養室で働いています。

どうして医療情報処理が必要なの?
治療実績には 採卵件数  移植件数  妊娠率  出生率  etc.   様々な種類のデータがあります。
以前はそれら全てのデータ管理を胚培養士が行っていました。
しかし、年間数千件の治療を行う当院ではデータ数が膨大に増え、 また、どのデータも正確に扱うための知識が必要であることから、 胚培養士が臨床業務と並行して行うことが難しくなりました。

当院の方針ではエビデンス(科学的根拠)に基づいた治療を重要視しているため 正しい治療成績を示し続けることは必須です。

そこで膨大な治療データを早く正確に管理するため、データ管理専門の医療情報処理が患者さまの治療データを管理することになりました。
医療情報処理の仕事の一部をご紹介します
医療情報処理は培養室にいますが、患者さまの卵子・精子・受精卵を直接扱う業務は行っていません。
主に患者さまの情報の入力・集計・分析、凍結管理、学会活動用のデータの集計・発表をしています。

医療情報処理の仕事
医療情報処理がデータを管理し正確な治療成績を出すことが培養業務の改善に繋がっています。
次回は患者さまの情報を管理する専用のシステムであるLabSystemに焦点をあて、培養室がどのように患者さまの 治療データを管理しているかご紹介します!

胚培養士(エンブリオロジスト)のお仕事紹介 一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴