培養室(ラボラトリー)

品川クリニック培養室ってどんなところ?

掲載日:2019年2月 8日

前号に引き続き、今号でも品川クリニックの培養室について詳しくご紹介していきます。

品川クリニックの培養室の特徴
「生命を育む森」をコンセプトに作られ、木漏れ日が降り注ぐような明るく開放的な培養室です。
日本最大規模で年間採卵6000症例を受け入れ、全ての症例を個別にタイムラプス培養することが可能です。
培養室は受精卵に最適な環境を整えたクリーンルームです。

その中でも特にこだわった設備をご紹介します

iBIS-NEXT(アイビス-ネクスト)
当院が国内メーカーと共同開発した次世代型タイムラプスインキュベーターシステムを導入しています。全症例をタイムラプス撮影を 行いながら受精卵に最適な環境で培養しています。
iBIS-NEXT(アイビス-ネクスト)

iBIS-NEXTの特徴!
・タイムラプス培養することで、受精卵にとって最適な環境であるインキュベーターに入れたまま 受精卵の観察を行えるため、受精卵にかかるストレスを最小限にします。

・自動解析技術を用いた前核自動検出機能を搭載しています。 AI技術を用いることで、より正確な受精判定を行います。

・バックアップ電源により非常事態の対策も万全としています。


Viewer Station (ビューワーステーション)
iBIS-NEXT(次世代型タイムラプスインキュベーター)で撮影された動画はViewer Station(ビューワーステーション)でいつでも見ることができます。
受精卵の成長を記録した動画をみることで正確な胚評価をすることができます。
Viewer Station (ビューワーステーション)
開放的なクリーンベンチ(作業机)
品川培養室では高度なクリーンルームであることや運用方法を踏まえ、屋根のないクリーンベンチ(作業机)を選択しました。 開放的で見通しのよい環境で作業ができます。クリーンルームであるため屋根がなくても清潔に作業を行うことができます。
開放的なクリーンベンチ(作業机)
生命を育む森である培養室の中には動物たちがたくさんいます!!
ぜひ見つけにKOMOREBI Terrace
(培養室見学スペース)にいらしてください!
生命を育む森である培養室の中には動物たちがたくさんいます!!

胚培養士(エンブリオロジスト)のお仕事紹介 一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴