培養室(ラボラトリー)

Embryo Scope & Embryo Scope+ の紹介

掲載日:2017年12月26日

当院では、2013年より最新型の培養器(インキュベーター)であるEmbryo Scope(エンブリオスコープ:以下ES)を "アジア地域初"、 もちろん "日本初" でいち早く臨床に導入しました。
また、2016年にはその後継機であるEmbryo Scope+(エンブリオスコープ プラス:以下ES+)も"アジア地域初"、 "日本初"で臨床導入し、常に最善の培養環境を追求し続け、患者さまのための医療・治療に貢献しております。
そこで今月号では、ES・ES+についてお伝えします。

Embryo Scope

Embryo ScopeとEmbryo Scope+の違いは?
基本的な性能の違いは無く、後継機であるES+の方が容量が多くなり、 1台で最大16症例分の受精卵を培養することができます。
どちらの培養器も受精卵を外に出すことなく、 カメラで取得された動画をモニター上で観察することができます。

受精卵の成長をモニター上で観察するメリット
受精卵の成長をモニター上で観察するメリット
・移植や凍結までインキュベーターを開けることなく一定の環境を維持した培養が可能です。

・正常な受精を前核の状態により判断しています。しかし前核は成長過程で消失します。
ES・ES+は受精後の過程を動画として保存できるため、受精確認時に前核が確認できない場合でも、 時間を遡って見ることで、 受精していないために前核がないのか、成長過程で消失したのかの判断をすることができます。

この特性を生かし、当院では全ての患者さまの受精確認をES・ES+で行っています。
それにより、確実な受精判定を行うことができ、1つでも多くの正常受精卵を確保し患者さまの早期の妊娠に 繋げたいと考えています。

専用のdish 最新の機器導入には、初期費用や専用のdish(受精卵と培養液が入っている容器)が必要となり、通常の何倍もの費用がかかります。その費用について多くの施設では、追加代金として患者さまの負担となってしまいますが、当院では追加でいただいておりません。

「最善の方法で治療を行い、最善の培養環境を整えるのが当然である」 というのが、浅田レディースクリニックの治療方針です。

そのため、当院でより良い機器や培養液を導入したとしても、費用の増額などはなく、適切な料金設定を行っております。
受精卵の培養については当院にお任せしていただき、安心して治療に臨んでいただければと思います。


胚培養士(エンブリオロジスト)のお仕事紹介 一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴