培養室(ラボラトリー)

WOW dish ユーザーミーティング

掲載日:2016年6月17日

WOW dish ユーザーミーティング  当院では、 Well of the well 型培養dish(WOW dish)を用いた新しい培養方法「WOW培養」を採用しています。季刊誌vol.20(2015.12発刊)では一般的な培養方法であるdrop培養とWOW培養の違いについて紹介しました。続く季刊誌vol.21(2016.3発刊)では、drop培養とWOW培養の培養成績を比較した結果、WOW培養を行うことで培養成績が向上したことを紹介しました。
このように、我々はWOW培養の有効性を明らかにしてきましたが、日本国内でWOW培養を採用している施設は僅かであり、認知度は低い現状があります。

WOW dish  そこで当院は、WOW培養の有効性を全国の他施設に広く知っていただくことを目的として、 2016年4月に「WOW dishユーザーミーティング」を主催しました。今月号では、WOW dishユーザーミーティングの様子について紹介させていただきます。
 本イベントには、WOW dishの使用方法や臨床データに関して疑問を持つ35施設56名の胚培養士にご参集いただきました。当院がこれまでに実施してきたWOW dishを用いた培養成績の報告や、現場での使用方法などの情報発信を行うことで、参加者と活発に意見交換をすることができました。

WOW dish ユーザーミーティングの様子
双方向対話型セミナーでは、参加者と活発な意見交換を行うことができました。さらに顕微鏡を使用しての実践的なワークショップでは、WOW培養に関する疑問を解消していただくことができ、終始にぎやかな雰囲気でした。


WOW dish  参加者からいただいたアンケートでは、「とても勉強になりました。参加してよかったです」「常にいろいろと聞ける環境でとても良かった。明日からの臨床業務でも実践できるように、実技を教えていただけたところが良かった」等のご感想をいただき、大変ご好評いただきました。 また、当日のスタッフの対応についても、「質問に対して的確に答えてくださった」「胚培養士の方がとても丁寧で、分かりやすかった」などの感想をいただきました。



浅田レディースクリニックでは、今後もイベントやセミナーを開催し、 生殖補助医療向上のために有益な情報を発信し続けたいと考えております。


胚培養士(エンブリオロジスト)のお仕事紹介 一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴