不妊治療のQ&A

浅田レディースクリニックでは採卵後、受精卵を全部凍結し、移植周期と分けているのはなぜでしょうか。凍結障害を起こす確率はどのくらいですか。

掲載日:2019年9月27日

体外受精周期では卵胞ホルモン(E2)が高くなります。
E2が高くなる場合、一般的に黄体ホルモン(P4)が早期上昇して子宮内膜の変化が早く起こり、着床率が悪くなります。
したがって、当クリニックではわざわざ条件の悪い新鮮胚移植はせず、全胚凍結しています。
凍結技術も日進月歩で進歩し、凍結障害が起こる確率は1%未満です。


不妊治療のQ&A一覧

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴