不妊治療のQ&A

一度流産すると、繰り返しやすいですか?

掲載日:2019年9月27日

流産を何度も繰り返す人は何%かいますが、一度の流産の経験が次の流産の原因になるわけではありません。
流産率は年齢によって異なります。
流産自体はつらい経験ですが、流産した人はまったく流産の経験のない人に比べ最終的に出産できる確率は2倍位になるというデータがあります。
つまり流産というのは受精や着床には大きな問題がなく、受精卵の問題ということですので、いい受精卵の場合は流産しないで済むということです。
妊娠できたと前向きにとらえてください。
当院に通院中の方で、流産に伴う気持ちについてお悩みの方は、心理カウンセリングを受けて頂くことも可能ですので、ご相談ください。


流産の原因は何ですか。防ぐことはできますか。

掲載日:2019年9月27日

流産は自然淘汰であり、基本的に防ぐことはできません。
また、防ごうという発想も間違っています。
人の場合、異常な子ができないように育つのでなく、異常な子は流産で淘汰される仕組みになっています。
流産の最大の原因は染色体異常です。
20歳の方でも受精卵ができても50%は染色体異常、45歳なら90%が染色体異常です。
卵子の老化で染色体異常は増加します。
体外受精で採卵した場合、30歳前半でも出生までいける受精卵は平均で10数個に1個、30歳後半なら20数個に1個です。
染色体異常のある受精卵の多くは、妊娠しても途中で発育が止まり流産・死産になります。
流産の原因のほとんどは卵子にあり、お母さんが原因ではないのです。
一般的に流産率は10~15%といわれますが、35歳位なら30%以上、40歳なら50%位になります。
子宮は受精胚の培養のための器官です。
少量出血があっても安静にしていなくても、元気な受精卵は十分育ちます。
育たない場合は、ほとんど赤ちゃん側に原因のある場合です。
ですから胎児が大丈夫なら育つし、胎児が途中でだめになったら流産します。


1

品川クリニック
品川駅徒歩3分

無料説明会
毎月開催
完全予約制

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴