不妊治療の用語集

精巣生検(せいそうせいけん)

精巣組織の一部を採取・処理し、精子の元になる細胞や精子、精子がつくられる際に栄養を送る細胞があるかを、顕微鏡で観察・判定する病理検査。
1990年代には無精子症と診断された場合に行われていたが、精巣精子採取術が広く行われている現在ではほぼ行われなくなった。


不妊治療の用語集一覧

初めての方
受診までの流れ

1分でわかる浅田LCの治療方針特徴