妊娠適齢期ご存知ですか? 妊娠はゴールではない

診療予約
診療予約mini
初めての方へ
初めての方へmini

妊娠はゴールではない

楽しい家族生活を早く実現してほしい

仮に皆さまがまだ若くて、卵の寿命に余裕があったとしても、私はやはり不妊治療はなるべく短く切り上げてほしいと思っています。
ひとつには、不妊治療の期間が長引けば長引くほど、精神的にまいってくるからです。よく不妊治療は体に悪いという人がいますがそんなことはありません。それよりも心が傷つき、長引くほどその傷が深くなるのです。
お金もかかり、通院に時間も費やします。家庭や職場に気を使い、人間関係に疲れ、結局原因は分からず、どこが正常でどこが異常なのか、卵子が悪いのか精子が悪いのか、遺伝に何か問題があったのか、夫はどこまで協力してくれるのか、お金はいつまで続くのか、どこまでやれるのかと、長引くほど先が見えなくなります。そして思考も行動も悪循環に陥っていきます。不妊治療は出口のない真っ暗なトンネルだという人がたくさんいます。
しかし、長々と悩んで傷ついてネガティブな悪循環に入る前に、結果への確実な道を早く選択できれば、正常なのか異常なのか、夫と妻のどちらが悪いのか、そんなことはどうでもいいことになります。妊娠という明かりがつけば、暗闇が明るくなったように、それですべては解決します。
もうひとつの理由は、2人目を早く産んでほしいからです。
不妊治療に長いことぐずぐずしていると、だんだん妊娠がゴールに見えてしまいます。医師の側では、患者さまの妊娠はゴールですが、皆さまの人生では妊娠も出産もゴールではないはずです。長い長い子育てのスタートであり、楽しいファミリーライフの始まりです。
できれば、頑張って2人目を産み、複数の子供で家族を形成して、ファミリーをエンジョイしてほしいのです。
限られた人生なら、不妊治療はなるべく早く卒業して、その分、子育てやその後の自分の人生にたっぷり時間を使ってほしいと思います。
楽しい家族生活を早く実現してほしい

Copyright(c) 2004 Asada Ladies Clinic. All rights reserved.