卵子の老化

卵子の老化による影響

卵子は年齢と同じだけ歳を重ねる

卵子の元となる原始卵胞は生まれた時にはすでに卵巣の中にあります。
 つまり、原始卵胞はご自身の年齢と同じだけ年を重ねており、20歳の時に排卵した卵子は20年たった卵子で、30歳の時に排卵した卵子は30年たった卵子になり、どんなに見た目が若くても、卵子の年齢はご自身の年齢と同じになります。

では、卵子が年を重ねる(老化する)とどうなるのでしょう。
 卵子の見た目の色が悪くなる?しわしわになる?いいえ、そうではありません。
 卵子が老化すると、卵子のまわりの細胞は機能していても、卵子は受精卵や胚にならなくなってしまう事が多くなってきます。

他には、染色体異常を持った卵子が多くなることがあげられます。
 原始卵胞は、第一減数分裂の途中で眠ってしまった細胞です。途中まで減数分裂をしていたのですが、それを終えることなく眠りについている状態が、場合によっては何十年も続きます。
 やっと眠りから覚めて、減数分裂を完了させようとしたとき、本来なら、2つに上手にわけられるはずだった細胞が、どちらかに多くいってしまうことがあります。

卵子の老化の影響
 染色体の数は全部で46本、2本1対で23対です。減数分裂は、染色体の数を半分ずつに分ける分裂方法ですが、これを均等に分けることができず、23本ずつ分けることができればいいのですが、例えば22本や24本に分かれてしまうなど、減数分裂に失敗してしまいます。

 減数分裂に失敗してしまった卵子は、精子と出合って受精しても染色体の数が45本になったり、47本になってしまったります。
 この場合、ほとんどのケースで受精卵が育つことができない、育ったとしても着床しない、着床しても流れてしまう(流産)ことが起きます。
 卵子の染色体異常は女性の年齢に関係なく起きますが、年齢を重ねるにつれて、受精卵が成長していく過程で細胞分裂に失敗するケースが増えてきます。
 これは、原始卵胞の老化によるものだと考えられています。

卵子の老化による染色体異常

               
ページトップ

               
ページトップ