妊娠出産された患者様からの感謝のお手紙

2015年6月に出産された患者様から2

掲載日:2016年10月21日   

患者さまからのお便りトップ
浅田先生、クリニックの皆さん、その節は大変お世話になりました。お陰様で我が子を抱くことができ、今は育児に奮闘している毎日です。
 他院で子宮内膜症と診断され、「不妊の一番の原因です」と言われたときは人目も憚らず泣きました。まずは子宮内膜症の進行を遅らせる、チョコレート嚢胞を小さくするために点鼻薬で半年間生理を止めていました。半年間の治療後、本格的な不妊治療をスタートするときに「不妊治療の専門的なところを」と思い、浅田レディースクリニックの説明会に参加しました。そこで浅田先生から「子宮内膜症の一番の治療は妊娠すること。子宮内膜症はピックアップ障害の可能性があるから、1人目は体外受精で、2人目から自然妊娠を考えればいい。」とお話をして頂きました。
 チョコレート嚢胞が小さくなった今、子宮がきれいな状態の今、妊娠したいという気持ちが強かったので、タイミングや人工授精のステップを踏まず、体外受精から不妊治療をスタートしました。3回目の体外受精で妊娠判定が出ました。
 浅田レディースクリニックに通った7ヶ月。クリニックへ行くことをイヤだと思ったことは一度もありません。浅田先生をはじめクリニックの皆さんには分からないこと、不安なことをしっかり受け止めてくださいました。本当に感謝しています。ありがとうございました。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年1月に出産された患者様から9

掲載日:2016年10月21日   

患者さまからのお便りトップ
この度、お陰様で2人目の子宝に恵まれました。妊娠・出産という大変な道のりのその計画、出発の段階を浅田LCに託して本当に良かったと思っております。
 当初、タイミング法から入りましたが、比較的短期間で人工授精→体外受精とステップアップし、結果を出すことができました。結果的に投薬、採卵のタイミングは絶妙でした。一方で、長男(1人目)の時より採取・凍結保管していた受精卵を用いましたが、長男の時には1回目で着床し、その後の出産までの経過も順調だったのに対して、今回の長女(2人目)の場合は心拍確認に至るまでに4回の移植を要し、その後も切迫流産、早産で長期の入院を強いられました。
 先生方も仰っているように、不妊治療のゴールは着床・妊娠ではなく、無事な出産とその後の健やかな成長であります。その目標に向かって、自分の頑張りだけではなく、夫、両親、職場など周囲の理解、協力を少しでも得られるように努力、工夫することも大切であると感じました。
 現在不妊治療を頑張っておられる皆様、これから治療をはじめられる皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年6月に出産された患者様から1

掲載日:2016年10月14日   

患者さまからのお便りトップ
私は、38才から治療を始め、40才で男の子を出産しました。 浅田レディースが一つ目の病院です。2年以内に結果を出すという結果重視の方針が自分に合っていると思いました。
 2年間は、本気で向きあい、2年後ダメなら諦めると決めていました。今から振り返ると、先生方を信じたこと、今私がしていることは妊娠に向けてプラスになると思えたことが、治療を続ける原動力となりました。
 一番不安になったのは、妊娠がわかってからの出血でした。それも一回はトイレから出られないかと思うほど大量でした。浅田先生には、「出血はよくあること。ダバダハ出血しても、無事に出産した人はいるから」と言われ安心したかとおもえば、「流産するときは、安静にしていても、流産する。大丈夫な時は、安静にしなくても産まれてくると。」 言われ少しへこみました。
 薬師先生には、「一週間経たなくても、エコーで確認するから診察へ来て」と言われ、短い間隔で診察していただきました。結局、卒業してからも、3カ月までは出血がありました。出血イコール必ずしもダメではないことを身をもって体験しました。
 浅田レディースは、良いことも、悪いこともしっかり、教えてくれる病院だとおもいます。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年6月に出産された患者様から

掲載日:2016年10月14日   

患者さまからのお便りトップ
私は2年間自然妊娠せず、AIHを5回行うも妊娠しませんでした。33歳にしてAMH0.90ということもあり、迷わずステップアップし、2度の採卵で3個の受精卵を得て、2度目の移植で妊娠し、出産に至りました。
 仕事をしつつの通院でしたが、今一番優先すべきことは何かを常に意識していました。初診から卒業までは約1年でした。  不妊治療を経験して思うことは下記です。
 1.自分のAMHを知ってよかった恥ずかしながら治療を始めるまでは、生理があれば大丈夫と思っていました。私の場合は悠長に構えていたら手遅れになっていたかもしれません。
 2.クリニック選びは大切実は検査を始めたのは他のクリニックでした。しかし1カ月半程通院し、思うところがあり、すぐに転院を決めました。
 浅田レディースクリニックでは安心して治療を受けられました。クリニックに対する信頼があったからこそ躊躇なくステップアップできました。子育ては大変でもありますが、とても楽しく充実しています。浅田院長はじめ、浅田レディースクリニックの皆様に心より感謝しております。本当にありがとうございました。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ



最初へ |    3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13    | 最後へ
               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報

患者さまからのお便り月別

待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ