妊娠出産された患者様からの感謝のお手紙

2015年6月に出産された患者様から4

掲載日:2016年11月11日   

患者さまからのお便りトップ
私は34歳独身の時、ラジオで浅田先生が話されているのをたまたま聞き、AMH検査の存在を知りました。今後の人生設計の為にと軽い気持ちで受けてみた所、他院でAMH 0.16未満と診断されもう子供は諦めていました。
 その後、今の主人と出会い子供が難しい事を告白。その時の私は、心身や経済的な負担の不安から治療に消極的でした。そんな私に「可能性がゼロでないならやれることはやってみよう」と主人が背中を押してくれ、36歳で治療を開始しました。
 いざ治療が始まってもやはり低値の私は採卵をしても1回で1個取れるかどうかの状態で、いつになったら移植出来るんだろう......と思う事もありました。また正社員のまま通院するのも楽ではありませんでした。しかし先生方の的確で迷いのない治療で、4回の採卵で4個取れ、1回の移植で妊娠に至りました。通院開始から卒業まで9ヶ月の出来事でした。
 子育て自体は確かに大変な事もありますが、1度は諦めていた未来を今味わえてる喜びは言葉に出来ない程大きなものです。
 今治療されてる皆さんも不安や焦り等、どうしても感じてしまう時があると思いますが、こんな低値な私でも浅田先生方の高い技術で第1子を授かる事が出来ました。自分と先生方を信じてみて下さい。
 最後になりましたが先生方、本当にありがとうございました。第2子の時もよろしくお願い致します。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2014年7月に出産された患者様から8

掲載日:2016年11月11日   

患者さまからのお便りトップ
結婚して1年経ち、不妊治療のため他のクリニックに通っておりました。半年程通って、少々嫌な言い方をされてしまったので行くのを辞めてしまいました。
 そんな時、知人から「浅田クリニックさんなら、絶対授かれるよ」って言われて、こちらに転院してきました。そして色々検査した結果、主人の精子の運動率が悪い事と、数がとても少ない事が原因でした。
 不妊の原因がとても早く分かったことで、すぐに顕微という事になりました。顕微授精に少々戸惑いはありましたが、年齢も36歳と高齢の域に入ってましたし、何より授かりたい!!という気持ちが強かったので、早々に決行してもらいました。
 1回目の判定はダメ...でした。そして、2回目にて妊娠致しました。とても嬉しかったですね。そして卒業。転院。出産はとてもとても壮絶で大変な思いをしましたが、産まれてきてくれて本当に良かったと思います。
 今、1歳3ヶ月になりましたが、とても元気いっぱいな男の子です。息子から毎日沢山の幸せをもらってます。人生変わりました。そして今、2人目希望で、また通い始めました。あと残り2つのたまごちゃん。どうにかどうにか、よろしくお願いします。心の中で願ってます。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年6月に出産された患者様から3

掲載日:2016年11月 4日   

患者さまからのお便りトップ
胚移植1回目で幸運なことに妊娠し、今年6月に元気な男の子を出産しました。
 地元のクリニックでタイミング法、人工授精2回(すべて陰性)→浅田LCに転院し人工授精1回(陰性)→体外(顕微)受精へステップアップしました。地元の病院では、精液検査の結果から妊娠はかなり難しいと言われ、目の前が真っ暗になりましたが、何かおかしいと思い浅田LCに通ってみたところ幸運なことに転院から半年で妊娠することができました。
 夫婦共に正社員で働きながら北陸地方から毎度高速バスや特急・新幹線を乗り継いでの通院は、本当に骨の折れる日々でしたが、職場の理解も得られ、何より子どもを授かりたい一心だったように思います。
 勿論治療中は、子供ができなかったら...という不安に押しつぶされそう、になることがよくありましたし、遠方からの通院の為交通費もかかり金銭的な不安もありました。しかし思い切って浅田LCに通って本当によかったです。地元にも高度生殖医療を行っている医院はありますが、医療レベルに歴然とした差があります。あの時あのままあの病院で、あの医師の言葉を鵜呑みにしていたら...と思うとぞっとするのが本音です。何が言いたいかというと、繰り返しになりますが時間・お金がたくさんかかりましたが思い切って浅田LCに転院して本当によかったということです。卵がまだ凍結してあるのでまたお世話になる予定です。
 皆さま本当にありがとうございました、またよろしくお願いします。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年5月に出産された患者様から5

掲載日:2016年11月 4日   

患者さまからのお便りトップ
 この度、二人目のかわいい娘も浅田LCで授かることができ、今は二人の子育てで奮闘の毎日です。
 一人目は不妊治療を開始して8年、3件の病院を回っても全く駄目で毎月月経が来るたびに落ち込んで泣いていました。半分あきらめているところで最後の病院と思い、浅田LCを受診し1年程で結果を出していただき、本当に感謝しています。
 今回は残りの凍結胚を移植し、2回目の最後の卵で幸運にも二人目を授かることができました。二人とも健康に生まれてきてくれたことに感謝しています。妊娠がゴールと思っていましたがまさに育児のスタートで、長女が『魔の二歳児』となった今、無いものねだりですが、子供のいなかった自由でゆっくりとした夫婦生活が懐かしいです。
 私は仕事をしながらの不妊治療・出産でしたが、産休や育児休業などを利用させていただき、周りの方々に助けられながらここまでやってくることができました。
 治療中はつらいことが(特に精神・経済的に)多く、夫にあたってしまったり、世の中の不公平感に涙したりしていた私ですが、皆さんは上手に息抜きをしてあまり思い詰めずに治療をしてくださいね!浅田LCで必ず授かる!と信じて頑張ってください!
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ



最初へ |    1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11    | 最後へ
               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報

患者さまからのお便り月別

待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ