妊娠出産された患者様からの感謝のお手紙

2015年7月に出産された患者様から10

掲載日:2017年1月23日   

患者さまからのお便りトップ
長男を自然妊娠出産した4年あとでの不妊治療には、はじめはどんなものかとこわごわ取り組み始めました。毎回先生も変わるし、薬もたくさん飲むし、注射やら難しい言葉やら・・・スタート時はこんがらがっていましたが、無事に一年後に妊娠して玉のような次男を出産することができました。
 振り返るとあっというまの一年でしたが、私にとっては不妊治療はさほどつらいものではありませんでした。それは1人子供がいたということももちろんあると思いますが、それより長男の子育ての方がよっぽど大変だったからです(笑)。体外受精でさずかった次男は、どんなふうに妊娠したかなどまったく感じさせないほど長男によく似ていて、そしてこうまで性格が違うかというくらいにこにこ良く笑う育てやすい赤ちゃんです。弟をあやす長男を見て笑い返す次男を見ていると、やっぱり2人目を体外受精で産めてよかったなと心から思います。
 迷っている方は、まず先生たちを信頼して治療に取り組んでみてはいかがでしょうか?うまくいくことも、いかないこともあると思いますが、ひとりで迷っていてもどんどん時間だけが過ぎていくだけです。自分の体と向き合い、どのような方法で授かることができるのか教えていただき、真摯に取り組める時間は限られていてとても貴重です。やるだけやったら、どちらの"結果"になっても自分自身が納得できるかと思います。
 浅田先生は初め、"少し無愛想で怖そうだな。"と思いました(先生ごめんなさい・・・。)でも、1回目の体外受精が失敗した時、とても言いにくそうに何ともいえない表情で診察室で待っていてくれました。先生のお顔を見たときに、本当にどうしたら妊娠できるのか一生懸命考えて取り組んでくださったんだな・・・と伝わってきました。とても感謝しています。
 少子化の日本、本当に子供がほしい方みんなに元気な赤ちゃんがやってきますように。
 おまけ:他の病院で卵管の検査を受けるととても痛かったと友人がいってましたが、浅田レディースは痛くありませんでした。ちなみにその友人はこちらに病院をかえた4カ月後には妊娠しましたよ(*^_^*)
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年3月に出産された患者様から11

掲載日:2017年1月23日   

患者さまからのお便りトップ
2014年5月初診、7月に人工授精で妊娠、2015年3月に出産しました。
 治療開始の年齢は38歳でした。結婚前から、結婚後すぐに婦人科を受診しようと思っていましたが周りに相談できる人もいなくて、インターネットで病院を探して不妊専門・通勤圏内にある・何より高い医療技術がある浅田レディースクリニックにお世話になろうと思いました。仕事をしていましたので、初診前から上司には不妊治療に通うことを話し、治療中は通院するために、急に半休を取ったり、定時で帰ることが多くなることを同僚にも話しました。話す前はどう思われるか、大変気になりましたが、結果、話した方が気が楽になりました。妊娠できた時も一緒に喜んでくれた事がとても嬉しかったです。
 クリニックの先生・看護師・受付の方、どなたもプロフェッショナルで一度も不快な思いをしたことがありません。2人目もお世話になりたいと思っています。
 最後に浅田先生もおっしゃっていましたが、妊娠・出産がゴールではなかったです。出産後の育児、特に1ヶ月・3ヶ月までが壮絶でした。この期間の記憶が、寝不足と疲労で曖昧です。でも幸せにしてくれる存在です!母親にしてくださり、ありがとうございました。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年7月に出産された患者様から9

掲載日:2017年1月13日   

患者さまからのお便りトップ
浅田先生はじめクリニックの皆様、通院時は大変お世話になりました。授けて頂いた我が子を7月に無事抱く事が出来ました。
 私は結婚が遅く、年齢的に余裕が無かったので、不妊治療するなら最先端技術の病院にしようと、浅田レディースクリニックでお世話になることにし、先生の仰る通り最初から顕微授精でのスタートでした。しかしクロミフェン刺激での採卵では、1周期で1個取れるか取れないか。何度も採卵をしてやっと移植できる・・・という感じでした。そして治療を始めて4年目、3回目の移植でやっと着床、妊娠することが出来ました。
 最後はなかなか採卵できるまで育たないことが続き、もう今回がダメだったらあきらめよう、これだけやって授からないなら仕方ない、年齢的にもタイムリミットだ・・・と臨んだ移植でした。前2回の移植は着床すら出来なかったので、今回も絶対無理・・・と思っていた中の陽性判定だったので、いついなくなってしまうんだろうと不安で不安で、卒業まで素直に喜ぶことができませんでした。
 妊娠中も46歳での高齢出産ということで、心配や不安の方が勝っていましたが、無事出産し、今、幸せそうに安心しきった顔で寝ている息子の顔を見ていると本当に諦めずに治療を続けて良かった、そして浅田レディースクリニックを選択して良かったと心から思い、感謝しています。
 私と同じように高齢で治療を頑張っている方の少しでも希望になればと思います。育児は大変で、これからも色々大変な事があるかと思いますが待望し、授けていただいた命を大切に大切に育てていきたいと思います。これからが浅田先生が仰る、妊娠・出産はゴールではなくスタートなんだと実感しております。
 願わくば現在治療をされている全ての方に、赤ちゃんが授かりますようお祈りしてます。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ


2015年3月に出産された患者様から10

掲載日:2017年1月13日   

患者さまからのお便りトップ
連絡が遅くなり大変申し訳ありません。浅田LCの先生、スタッフの方々には、大変お世話になり、本当にありがとうございました。3月に元気な女の子を無事出産することができ、今は幸せな日々を過ごしています。
 一人目は、運が良くすぐに妊娠できたため、まさか自分が二人目不妊で何年も悩むことになるとは思いもしませんでした。浅田LCが最後のチャンスかもしれないと通い始めて1年7か月、無事にクリニックを卒業できた日は、本当に嬉しかったです。
 初めての診察で、先生に、2年以内に結果を出しましょうと言っていただいた時は、これからが楽しみな反面、すでに5年以上別の病院で治療をしていたため、私でも2年以内に結果を出すことができるのだろうか、この病院で結果が出なかったらもう諦めるしかないという複雑な気持ちでいました。治療を進めると、やはり私の場合はそう簡単には行かず、辛いつらい流産の経験もし、凍結した17個目の最後の受精卵、9回目の胚移植でやっとやっと妊婦になることができました。
 でも、あんなに辛かった日々も、かわいい赤ちゃんの顔を見ていると、今はいい思い出だと思えます。二人目不妊の期間が長かったため、上の娘とは10歳も歳の差ができましたが、小さいママになってお世話を楽しんでくれている姿を見ていると、諦めずに治療をして本当に良かったと思います。ただひとつ後悔していることは、もっと早く浅田LCに通院していたら...ということです。
 先日、末期がんで長い闘病生活をしていた父を亡くしました。出産の1か月前に、余命1か月もないと言われましたが、なんとか孫の顔を見てもらい、抱っこも沢山してもらって、病院からの一時外出で一緒にお宮参りにも行くことができ、夢のような日々でしたが、孫が増えることを楽しみにしていた父には、もっと沢山の時間を孫と一緒に楽しんでもらいたかったなと思ってしまいます。
 治療をどうするか迷っている間にも、大切な時間はどんどん過ぎてしまいます。諦めずに自分を信じて行動できれば、きっとなりたい自分になれると思います。浅田LCと自分を信じて、ぜひ頑張って乗り越えてください。本当にありがとうございました。
患者さまからのお便りアンダー
ページトップ



最初へ |    1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11    | 最後へ
               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報

患者さまからのお便り月別

待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ