出産・予後調査の案内を受け取られた方へ

2016年08月に出産された患者様から1

掲載日:2018年4月27日

結婚して7年目、浅田レディースクリニックに通い1年半で女の子を授かることができました。
結婚する前から、子供を持つことが夢でしたが、いざ妊活してみるとなかなか授かることができずいろいろなことににトライしました。不妊治療も扱っている産婦人科で人工授精を何度かトライしましたが、うまくいかずそのうち産婦人科でしたので妊婦さんと鉢合わせになるのが苦痛となり通うのを止めてしまいました。当初、主人が体外受精には抵抗があり説得が難しかったですが、30歳を超えたこともあったため、浅田レディースクリニックに通うことを決めました。1回目の採卵でいくつか卵がとれ移植しましたが全滅。次の採卵で治療を止めようと考えていましたが、1回目の移植で妊娠することができました。不妊治療は出口の見えないトンネルです。時間もお金もかかり身体的・精神的な苦痛もありました。でも、クリニックの先生やスタッフの皆様のおかげて無事授かることができ今はかわいい娘のお世話をしながら幸せを実感しています。
授かれたから言えることかもしれませんが、不妊症を経験できたことは自分にとってもプラスになりました。不妊症にならなければ知らないことがたくさんあったからです。娘が年頃になったときに浅田先生がおっしゃていることを伝えたいと思います

レター

患者さまからのお便り一覧