出産・予後調査の案内を受け取られた方へ

2016年07月に出産された患者様から1

掲載日:2018年4月 6日

7月に無事出産を終え、現在生後4か月になりました。元気に成長し、寝返りもできるようになりました。
浅田先生のところで、不妊治療をして本当によかったです。結婚して5年目で、娘が我が家にやってきてくれました。浅田先生に出会うまで、3回病院を転院しましたが、最初から浅田レディースクリニックに行けばよかったな、と思うほどです。はじめて先生のセミナーを聞いた時「仕事が忙しくて、なかなか病院に通えないというくらいでしたら、他に赤ちゃんが欲しいと言う方のために私は時間を使いたい。赤ちゃんを持つということは、不妊治療の時間のやりくりなんて比にもならないくらい、生活が変わることです」とお話されていました。今は、先生がその言葉を言われた意味がよくわかります。また妊娠・出産の方が、身体はどんどん変化し大変でもありました。不妊治療の通院や注射なんてかわいいものです。3回目の胚移植で妊娠反応が出ましたがその後の診察で、胎嚢が見えない・心拍も確認できないという化学流産をしてしまったことがあります。その時、薬師先生が「次こそは頑張りましょう」と言われた後、少し間を置いてから「いえ、頑張りましょうではなくて、私が頑張ります」と先生が言われた時、本当に心強く感じました。4回目の胚移植で無事妊娠し、2016年7月に出産しました。妊娠中も順調な経過でした。
受付の方はじめ、看護師さん、培養士さん、みなさん本当に親切で、またプロとしての誇りを持ちこのお仕事に関わっていることにいつも感動を覚えました。私の場合、特に不妊の原因はありませんでした。しかし、ずっと赤ちゃんは授かりませんでした。不妊治療はゴールの見えないゴールを目指して走るマラソンのようです。それでも、浅田先生はじめクリニックの皆さんを信じて良かったです。出産する産院では、不妊治療の赤ちゃんは大きくて元気な子が多いと教えてもらいました。とても元気に成長しています。今は毎日赤ちゃんのお世話で、思うように睡眠もできず、どんどん重くなる娘に私の腕が悲鳴をあげてます。それでも、何とも言えない幸せな気持ちです。浅田先生に出会えて本当に良かったです。我が家に可愛い天使を迎えるサポートをしていただいた先生に感謝しております。また何年か後に、2人目でお世話になるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

レター

患者さまからのお便り一覧