出産・予後調査の案内を受け取られた方へ

2016年06月に出産された患者様から6

掲載日:2018年4月13日

私はH25に第一子、H28に第二子を出産しました。夫婦共に早く子どもが欲しくて一年未満の交際を経て結婚しました。しかし中々赤ちゃんが出来ず、病院にも通いだしてようやくわかったのが旦那の無精子症でした。
そこで紹介されたのが浅田レディースクリニックです。最後の望みでした!まさか私たちが不妊治療?とはじめはいろんな事にとまどいましたが、自分で注射することも恐くて怖くて...でもこんなところでめげてたらダメだ!と思い始めてからは気持ちも変化しました。旦那に元気な精子がいなかったらどうしよう。うまく受精されなかったらどうしよう。初めての全身麻酔、初めての顕微鏡受精...いろんな治療を乗り越えました。チャンスをくれた先生方には本当に感謝しています!自分より後に結婚した友達に赤ちゃんが出来たと聞くと、正直複雑な気持ちになりました。仕事後に病院に通っていたのでいつも帰りは真っ暗。心身共に疲れる時もありました。お給料はほとんど治療費に。でも、少しの可能性が残っているなら諦めないでください!私の周りでも何年もかかって赤ちゃんが出来た方がたくさんいます!!!もっと日本が不妊治療の理解と補助に力を入れてくれますように。

レター

患者さまからのお便り一覧