私たちのMission

[私たちの使命]

不妊治療における高度な
医療の提供を通して、
一人でも多くの人に喜びを届けること。
それが私たちのMissionです。

赤ちゃんが欲しい。その想いは理屈ではありません。
自然に妊娠することができない、あるいは困難な方の思いに真摯に向き合い、
高度生殖医療を提供することで、
コウノトリに代わって赤ちゃんを授かるお手伝いをしたい。
私たちは赤ちゃんを望むすべての方に、最高の笑顔と喜びを届けるために、
そして幸せなご夫婦がより幸せになれるように、常に全身全霊を込めて、
できることのすべてを尽くしていきたいと、これまでもこれからも思い続けています。

[私たちの求める人材像]

マイナスからゼロにする医療ではなく、
ゼロからプラスへと導くものが生殖医療。
「妊娠」という結果に
強いこだわりを持ってほしい。

生殖医療は科学です。卵から赤ちゃんが誕生する。
そこには生命誕生の神秘の世界があり、生物学の原点があります。
この生殖医療という科学に、世界レベルで取り組み、常に先頭を走り続けたい。
そのために、自分で何ができるかを考え、実践し、
「患者さま全員に、妊娠という結果を出したい!」という強い思いを持った方こそが、
当院で活躍できると確信しています。

[院長からのメッセージ]
Director Message

赤ちゃんを望むすべての人のために絶対に夢を叶える。強い思いと信念で患者さまと向き合い続ける。

生殖医療の道を目指し、米国での留学中に出会ったのが顕微授精(ICSI)でした。しかし当時は米国でも、自分で5ミクロンのピペットを作って、顕微授精をやらなければならないほどの状態で、模索の日々。確かなことは、生殖医療は常に発展途上であり、3年間同じことをやっていては時代遅れになってしまうということでした。常に最先端の生殖医療に携わるためにも、帰国後に自らのラボで、胚培養を行うために開設したのが浅田レディースクリニックです。私が望む最善の環境をもつ「ラボ」を作り、より高い妊娠率につながる受精卵の全凍結を実践。いずれも世界でも初めてです。世界をリードする生殖医療機関として、業界を牽引しているというプライドをもつと同時に、最高の技術力と最新の設備で必ず結果を出すことにこだわり続けたいと思っています。

Profile
浅田レディースクリニック 院長
浅田義正(あさだ よしまさ)
医学博士
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
日本生殖医学会認定生殖医療専門医

Yoshimasa Asada

PAGE TOP