私たちに、できることがある。

不妊症で悩む人が増えているという
現実と向き合う。

年々増加する不妊症に悩む人。今では6組に1組いると言われています。
女性の社会進出に伴う晩婚化・晩産化もその原因のひとつです。
女性のライフスタイルの変化とともに、厳しさを増す不妊治療の現状。
その現実に向き合い、私たちに何ができるかを見つめ続けています。

私たちのこれまでの軌跡。

「経過」ではなく「結果」を重視。

年間4,000件近い採卵と、5,000件以上に及ぶ
凍結融解胚移植は、国内でも屈指の数を誇ります。
豊富な症例データと科学的根拠に基づく的確な判断により、
患者さまにとって最適な治療法を選択。
追求するのは「経過」ではなく「妊娠するという結果」です。

ミッションを遂行するチーム。

各分野のスペシャリストによるチーム医療。

医師や胚培養士、コーディネーターなど各専門職が分業化されたチーム医療を実践しています。
各専門職において独自の研修プログラムにより浅田メソッドをしっかり身につけ、
全員がその分野のスペシャリストとして活躍することで、高い成果を上げています。

私たちが浅田を選んだ理由。

世界でもトップクラスの技術と施設で成長できる。

クリニックの心臓部である「培養室」が世界でも最先端の環境であること。
さらに確立された教育制度により、確かな技術が身につけられることで、
生殖医療従事者として、確かな成長を実感できる環境です。

PAGE TOP