不妊治療のQ&A

不妊治療では副作用はあるのでしょうか?

掲載日:2011年10月14日

 
 注意すべきものは、排卵誘発の結果起こる、卵巣過剰刺激症候群と静脈血栓です。前者は放っておくと脳梗塞や心筋梗塞を起こす場合もあります。

 しかし、専門のドクターのもとでは安心して治療をしてください。現在では超音波検査や血液検査で事前に対処することができますし、薬の選択が広がって、より安全に排卵誘発できます。

 静脈血栓は妊娠時に非常によくできるもので、薬の副作用では頻度は少ないものです。血栓で怖いのは脳卒中や心筋梗塞などの動脈血栓であって、静脈血栓ではありません。

 その他、排卵誘発すると閉経が早まる、卵巣ガンが多くなるなどの声がありますが、そういう報告や証拠は現在はありません。


体外受精を考えています。どのような流れで体外受精が行われるのか、詳しく教えてください。あと、少なくても何日間通院の必要があるのかや、注射や薬をどれだけ服用するのか、具体的に教えてください。

掲載日:2011年7月26日


 浅田レディースクリニックでの「体外受精」の流れについてご説明します。

まず、卵巣刺激をする前の生理3日目に来院してもらいホルモン検査をして5日目よりホルモン剤の服薬開始、服薬開始から1週間前後にもう一度診察、その後は次の生理3日目に来院し卵巣刺激を開始します。(前周期期間約1カ月)

卵巣刺激期間は12日間以上毎日注射を打ちます。。その間3回ほど診察(超音波とホルモン検査)があり、卵胞の成長により採卵を決定します。採卵2日前にホルモン検査とHCG注射を実施、その2日後に採卵を行います。

採卵は、朝来院して全身麻酔をかけて卵胞から卵胞液を回収して卵子を取り出します。その後体調が整ったら帰宅できますので、昼過ぎごろまで休憩をしてもらいます。

胚移植は、採卵周期にできる条件であれば、採卵後3~5日目に行います。麻酔はありません。午後2時来院し、午後3時ごろ胚移植、そのまま帰宅できます。

採卵後約2週間後に妊娠判定がありますが、その間の診察はなく服薬のみとなります。(卵巣刺激から妊娠判定まで約1カ月)


人工授精(AIH)・体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)って何?

掲載日:2011年7月26日


 本来膣内に射精される精子を採取して、人工的に子宮に注入し体内受精を促す方法を人工授精といいます。

 それに対して、体外受精と顕微授精は本来体の中で起こる受精現象を、人工的に体外で起こさせるものです。人工授精までは、精子と卵子の出会いを助けるだけですが、体外受精と顕微授精は卵子と精子を取り出して受精卵までつくってしまいます。

 一般に体外受精と呼んでいるのは媒精という方法で、採ってきた卵に精子をふりかけて、精子が自然と入っていくのを待ちます。そして受精卵ができて順調に分割したら、子宮に戻します。体外受精は、卵1個に対して10万から20万匹の動いている精子が必要です。

 顕微授精も正確には体外受精の一手法ですが、体外受精とは別に独立して呼ばれるようになっています。その違いは受精のさせ方です。

 顕微授精はその名の通り、顕微鏡下で卵の中に精子を1匹ピペットという細いガラス管で捕まえて注入し、受精卵が出来た後は、体外受精と同様に培養して子宮に戻してやります。

 顕微授精では、体外受精でクリアできなかった受精障害をはじめ、卵1個に対して精子1匹あればいいので、男性不妊の障害もかなりクリアできます。


先生から診察で見えていた卵子の個数と、採卵できた卵子の個数が違うのはどうして?

掲載日:2011年7月26日


 診察でエコー画像で見ているのは、卵巣の中の「卵胞」の数と大きさです。「卵胞」を満たしている「卵胞液」のなかに卵子はありますが、顕微鏡下で確認しないとわからないぐらい小さいので、診察時のエコー画像で卵子を直接確認することはできません。

 卵胞だけが育って卵子が入っていなかったり、まだ卵胞が未熟で卵胞壁から卵子が剥がれ落ちなかったりすると、実際の採卵数は卵胞数より減ります。また卵胞の陰にもう1つ卵胞が重なっていたり、採卵までの間に卵胞が育ってきたりすると、採卵数は卵胞数よりも増えます。エコーで見える卵胞数は目安にすぎないのです。

 また卵胞の大きさで卵子の成熟度を測りますが、これも大体の目安です。人間の体は千差万別、なかなか「確実」に「数値化」することは難しいのです。


胚盤胞って何ですか?

掲載日:2011年7月26日


 卵子は、受精卵→分割卵→桑実胚→胚盤胞と育っていきます。

 1個の細胞である受精卵→分割していくつかの細胞になる分割卵→細胞がくっついて、細胞の区分けがなくなった桑実胚→袋状となり、赤ちゃんになる細胞と、胎盤になる細胞が分かれる胚盤胞と育っていくのです。

 また胚盤胞が透明帯という卵子の殻から出ることを「ハッチング(孵化)」と言います。ハッチングした胚盤胞は子宮内膜に着床して胎芽→胎児へと育っていきます。


双子はかわいいのに、どうして受精卵を2個戻しちゃいけないの?また、受精卵をたくさん戻すと妊娠率も良くなるって聞きました。

掲載日:2011年7月26日


 胎児が1人のことを「単胎」、双子や三つ子を「多胎」と言いますが、多胎児の7割強が低出生体重児でリスクは単胎児の10倍、死産率・周産期死亡率・乳児死亡率も単胎児の2~5倍あります。

 また、脳性まひや学習障害も多いとされていますが、これには家庭を取り巻く心理的・社会的要因が複雑に影響しています。育児不安・育児困難・抑うつ・小児虐待の増加も報告されています(虐待は単胎の10倍以上)。

 妊娠の可能性は増やしたいところですが、多胎の危険性も十二分に考慮しなくてはならないのです。


採卵後や移植後はいつから運動していいの?

掲載日:2011年7月26日


 採卵では体に針で刺しており、簡単な手術になるので、当日はできるだけゆっくりお過ごしください。病院から特に症状説明がなければ、翌日から運動など普通どおり生活していただいて心配ありませんが、何か症状があれば安静にして頂き、おさまらなければすぐ担当の病院・クリニックまでご連絡してください。

 移植ではほとんど体を傷つけることはありません。器具を使用しているため、当日は感染症の心配から温泉やプール、岩盤浴は避けてください。それ以外では当日から普段通り生活して頂いて大丈夫です。

 しかし、お薬の影響や感染など、予期せぬ症状が出る場合もありますので、何か心配な症状が出たらすぐに担当の病院・クリニックまでご連絡してください。


他院で不妊治療は計7年目、何十回も体外受精をやりましたが結果は出ない。このまま続けていく自信も少しずつなくなっています。もう出来ないと思った時、主治医の先生は言ってくださるのでしょうか?タラタラやっても良い結果が出ないのでは、不安ばかりで気がまいります

掲載日:2011年7月15日


 「いつまで治療をつづけるのか」「いつ治療をやめるか」については私の最大の悩みです。

 「治療を続けたほうが親切なのか」「治療をやめるように言ったほうが親切なのか」いつも悩むところです。

 米国学会の一つの目安として、「予想される妊娠率が5%を切ったらやめたほうがよい。1%以下ならやってはいけない」というのがありました。現在、当クリニックの普通の体外受精がもうできない人のクロミッド採卵の移植あたりの妊娠率は10%を越えています。
 どの条件になったら5%以下になるのかいろいろ探っていますが、いい目安はありません。【ちなみに全年齢(40歳以上も含めて)体外受精全体で1周期あたり40%以上の方が妊娠反応陽性になっています」

 一度カウンセラーに相談され、じっくりご自分の希望を整理し、それから私のところへ相談することをお勧めします。


体外受精をし、3回移植をしました。病院ではきれいな受精卵ができて、子宮内膜にも問題はないと言われましたが、妊娠にはいたりませんでした。卵子の質がよくないから?元気な精子がほとんど見あたらないからでしょうか。

掲載日:2011年7月15日


 きれいな卵ができて内膜がいいのは、妊娠のための前提条件のようなもので、それらがよくても妊娠しない場合があるのが体外受精です。

 私はやはり受精卵の生命力が弱いか、あるいはどこかの時点で異常が生じ、結局育たなかったと思います。日夜どうして妊娠しないのか、私は毎日考えています。卵の質は大切です。卵の質をよくする事は、今のところできません。
 精子は、元気がなくても関係ありません。精巣精子でも、もっと未熟な精子でも、数年前に凍結された不動精子でも私は使っていますし、出産しています。


顕微授精しましたが、失敗に終わりました。生理が終わった途端に、おっぱいからお乳なのか分りませんが、水分が出ています。これもよくある事で、気にしなくていいのでしょうか?次に冷凍の受精卵を戻すのは、もう1ヶ月程期間を空けた方がいいのでしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 お乳が出る事は、IVFと関係なくともたまにある事です。
 プロラクチンが高い人は、お乳が出ます。受精卵を戻すのは1ヶ月あけてもあけなくてもよいと思います。注射の周期は、2~3ヶ月ぐらいあけた方がよいと思いますが。


顕微授精が失敗に終わり、50日経っても生理が来る気配がありません。生理が5週間以上経っても来ない人は受診してください、と紙に書いてありましたが、受診して薬で生理を来させたほうが体にはいいのですか?

掲載日:2011年7月15日


 一般的にIVFのあとの周期は、生理が来にくいものです。黄体ホルモンを使って来させた方がよいと思います。


凍結卵を戻しましたが、生理が来ました。その際、生理痛がとてもひどく、鎮痛剤が4時間もたず、それが2日続きました。その後、生理が始まった日から数えて20日目に、ほんのちょっと出血がありました。これは4日続きました。43日目にやっと次の生理がきました。生理が始まる1週間前から、下腹が痛かったです。やっぱり、体外受精すると生理のリズムが狂ったり、痛みもひどくなったりするのでしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 子宮内膜を厚くして、治療したあとの生理は量も痛みも普段より強くなる傾向にあります。その後の生理は、順調な人と遅れる人がいます。特に異常ではありません。心配はいりません。


体外受精に失敗しました。次はどのぐらい体を休めたら良いのですか?

掲載日:2011年7月15日


 注射を打たない月を、間に2~3ヶ月はさみます。ロング法ならスプレキュアの開始はその2ヶ月、3ヶ月の間に、注射の打ちはじめまでが2ヶ月または3ヶ月あける事になります。


他院でIVF-ETをしました。誘発剤を使った頃から腹水がたまり卵巣が腫れてきました。もうすぐ妊娠反応なのですが、前に友達から、もし妊娠できなかった場合は生理前に腹水は尿として出てしまうと聞きました。私は昨日内診をしてもらったところ卵巣の腫れは変わらず、腹水は減っていたので不安です。妊娠していて腹水が減ることはないのですか?

掲載日:2011年7月15日


 採卵後1週間ぐらいから腹水は減少し、10~12日目以降で妊娠していたら、一時的に卵巣の腫れや腹水がひどくなるのが一般的です。妊娠反応直前にひいたならおそらくダメでしょう。

 しかし、これは一般論ですので、あなたにあてはまるかどうかわかりませんし、何よりも私があなたの卵巣や卵を全くみていないので、コメントできません。妊娠できそうか、そうでないかは卵を見ているドクターが一番よくわかっているはずです。


妊娠判定がお盆休みと重なるので自宅で判定するようにと言われたのですが、市販の妊娠判定薬で正確に判るのでしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 現在はほとんどの市販品は感度がよく、なかには当院のものよりも感度がいいものもあります。安心して使っていただいてよいと思います。


胚移植をしまして、今、エストラダームMと腔座薬を指示通り行っています。それと併用して、黄体ホルモンを増加させる飲み薬は飲まなくていいのでしょうか?後、腔座薬を入れる時に乳白色の液体がでてきたのですが、それは何でしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 基本的に腔座薬で十分なのですが、液体(ホルモンを溶かしている油脂)が流れたりしてやや不安定なので、念のため黄体ホルモンも飲んでもらっています。どうしてもダメならやめても結構です。

 乳白色の液体は、今言ったように溶けて流れ出たものです。ある程度溶けてもいいように作ってありますので、気にしなくてもよいですが、なるべく腔内に奥深く入れてください。


1週間に1度、フィットネスや水泳をやっていますが、胚移植した後は激しい運動などはやらないほうが良いのでしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 血行が良くなるような運動はよいと思います。しかし、低酸素になるような激しい運動、腹筋を強く使い腹圧が加わるような運動は避けたほうがよいかも知れません(キックボクシング・武道・格闘技など)。


ETをしました。家に帰ってから4時間後くらいにちょっとお腹が痛く、黒っぽい出血がありました。お腹が痛いと言っても、ちょっとした痛みだったし、出血の量もそんなに多くはなく、また1回だけだったので、病院にはいかなくてもいいかと思いましたが大丈夫でしょうか?

掲載日:2011年7月15日


 出血はカテーテルを入れる時に生じたもので子宮の頚管からですので、2~3日続きますが心配ありませんし、妊娠の結果にも影響ありません。


採卵後、妊娠判定まで夫婦生活を控えると説明を受けましたが、以前はそういう説明はなく、一度だけ採卵13日目の夜、夫婦生活を持ってしまいました。普段は坐薬の出血などないのに、その時だけは採卵11一日目の朝からおりものに血がまじっていて、夜になると止まるという状態が2~3日続き、13日目の夜になって止まったので魔がさしてしまいました。その結果、直後から生理1日目ぐらいの出血があり、1日くらい続き、ピタリと止まりました。特に出血している場合、夫婦生活で流産するということはありますか?子宮が収縮して流産したのでしょ

掲載日:2011年7月15日


 夫婦生活ですぐ流産することはありません。

 しかし、SEXはばい菌が腔内に入り感染が起こる可能性があり、子宮の感染が起こると必ず流産します。したがって清潔を保つため、夫婦生活はなるべく避けてくださいということに変更いたしました。

 精液は通常無菌でなく必ず菌がいます。胚移植時には、子宮頚管粘液を一度除去していますので、子宮内へ菌が通常より入りやすいかもしれません。
 SEXの興奮時には子宮が収縮するといわれています。子宮の収縮は血流を悪くし、さらに移植胚を排出する可能性もあります。


7月に2回目のIVFを受けて妊娠したのですが、出血が続き流産してしまいました。凍結卵があるので、2周期後にまたIVFにチャレンジするつもりです。でも、私は元々PCOSの無排卵で治療をしており、自力では生理がなかなか起こらないので、フラノバールを処方してもらいました。そこで質問なのですが、流産後の生理は自然にくるのを待ったほうが良いですか?自然にくるのを待つとなると多分3ヶ月はかかってしまうと思うのです。私はもう32才なので、出来るだけ効率的な方法で治療したいと思っています。よいアドバイスをお願いいたします。

掲載日:2011年7月15日


 凍結の戻し方は、大きく分けて2通りあります。
 自然排卵にあわせて戻す時は、流産後は排卵しにくくなるので結果的にちょっとあける事になるかもしれません。ホルモン調整で排卵させないやり方ならば関係ありません。


1  2  3  4 最後へ