不妊治療のQ&A

不妊治療では副作用はあるのでしょうか?

掲載日:2011年10月14日


 注意すべきものは、排卵誘発の結果起こる、卵巣過剰刺激症候群と静脈血栓です。前者は放っておくと脳梗塞や心筋梗塞を起こす場合もあります。

 しかし、専門のドクターのもとでは安心して治療をしてください。現在では超音波検査や血液検査で事前に対処することができますし、薬の選択が広がって、より安全に排卵誘発できます。

 静脈血栓は妊娠時に非常によくできるもので、薬の副作用では頻度は少ないものです。血栓で怖いのは脳卒中や心筋梗塞などの動脈血栓であって、静脈血栓ではありません。

 その他、排卵誘発すると閉経が早まる、卵巣ガンが多くなるなどの声がありますが、そういう報告や証拠は現在はありません。


ニュースでも高齢出産を良く見ます。以前に比べ、高齢出産が当たり前のようになってきたように思えますが、42歳の私もまだ大丈夫ですよね?

掲載日:2011年10月14日


 それは錯覚です。確かに医学が進み、平均寿命も延び、出産の危険も小さくなっていますが、人の生殖年齢は江戸時代と変わっていません。

 赤ちゃんのおおもとの女性の卵子は、35歳から45歳くらいの間に健全な卵としての寿命がきます。受精しにくかったり、受精しても妊娠までいかなかったり、それでみすみす妊娠のチャンスを逃している人が多いのです。

 出産時のトラブルや奇形児のリスクも大きくなります。医学の進歩の勘違いで『高齢出産』『高年出産』は現在死語になりつつあり、産科の世界では大きな問題になっています。


年齢が40歳を超えましたが、生理はまだあのるで妊娠できますよね?

掲載日:2011年10月14日
 残念ながら間違いです。生理が上がる約10年前からほとんど妊娠できません。健全な卵子がなくなってからも周囲の細胞が10年ほどホルモンを出し続けるので、その作用で生理が起きるだけです。
 医師の間では、だいたい42、43歳あたりが妊娠の限界と認識されています。

妊娠には卵子の質を良くすることが大事と言いますが、正確な排卵、また卵子の質を良くする方法などありましたら教えてください。

掲載日:2011年9月28日


 卵子の質については一言で言えない、いろいろな内容が含まれます。

 卵子は原始卵胞から約3ヶ月かかって成熟、受精可能になります。したがって、妊娠しにくい方が成熟卵子を得るには、正しい排卵誘発が非常に重要になります。

 卵子は卵巣で作られておらず、また生理が始まってから育つわけでもありません。1ヶ月に約1000個の卵子が継続して消滅しています。

 年齢とともに卵子は古くなっていくので、卵子を若返らせる、卵子を良くすることはできません。眠っている卵子を覚まさせて、よりよい卵子に巡り合うことには改善の余地があります。

 また、受精卵は染色体の組み換えがおきて一つ一つ個性、多様性を持ちます。いずれにしても、年齢の影響を超える卵子の質を良くする方法はありません。

 早く妊娠、出産することが、医学的に推奨されます。


妊娠しやすい体になる方法はありますか?

掲載日:2011年7月26日


 浅田レディースクリニックでは、科学的に証明されている方法はできるだけ治療に取り入れています。

 それ以外で「これ!」という方法はなかなか・・・。ただ血流を良くする・体を温めるといったことは妊娠しやすくなると考えられています。スポーツをして体を動かしたり、冷えないよう服装を気にかけたり、ということは有効でしょう。

 体を温めることで有効と考えられるため、サン・ビーマーや半導体レーザー治療なども取り入れております。


不妊治療はいくつまでできますか?

掲載日:2011年7月21日


 生理があるうちは妊娠できると思っている人が多いですが、実は生理があがる(閉経する)約10年前から妊娠はほとんどできません。
 
現在平均51歳で閉経しますが、42~43歳が一般的な妊娠の限界です。年齢と共に妊娠しにくくなる事はなんとなく分かっている人が多いと思いますが、妊娠の限界、生殖年齢が個人によって大きく違う事はあまり知られていません。卵子を保存している(作っていません)卵巣内の卵子の在庫の目安である卵巣予備能は、年齢よりも個人の差の方がずっと大きく、「私はいくつだからまだ妊娠できる」という事は通用しません。
 
最近、卵巣の予備能の指標であるAMH(アンチミューラリアンホルモン)が測れるようになり、自分の卵巣予備能が分かるようになってきました。自分自身の生殖年齢や妊娠適齢期をAMHを測ることにより、あらかじめ設定し、悔いのない幸せな家族形成と女性の人生設計に役立ててほしいと思っています。


私は体重が100キロ近くある27歳主婦です。肥満は妊娠しにくいと言われましたが、本当でしょうか?ダイエットなど始めたほうが良いでしょうか?

掲載日:2011年7月21日


 100キロ近くというのはかなりの肥満ですね。肥満になると妊娠しにくいのは事実です。また、妊娠したあとのお産も大変です。高度肥満は難産で苦労しますので産科の先生からは敬遠されがちです。
 肥満になると流産、早産や死産のリスクが高くなるだけでなく、障害児出産のリスクも高くなります。逆に不妊症の原因となる典型的な排卵障害の多嚢胞性卵巣症候群ではインスリン抵抗性のために肥満になりやすく、ダイエットしにくい体質になっていることもあります。
 インスリンの感受性をよくする薬を排卵誘発の補助薬として使うこともあります。こういう方の中には将来、糖尿病やメタボになりやすいとも言われています。
 いずれにしても適正な体重は不妊・妊娠・出産には重要なことであり、医師とも相談し、体質を考慮してダイエットしながら進めていきたいものです。


結婚2年目の31歳の主婦です。今まで29日周期あった生理が、ここ4~5ヶ月は45日以上空くようになってしまいました。そろそろ子どもがほしいと思っているのですが、30歳を越えているので不妊症を疑ったほうがよいでしょうか。

掲載日:2011年7月21日


 妊娠を望んで普通に夫婦生活があって、2年経っても妊娠できなければ、不妊症と定義しています。月経周期が45日以上ということはうまく排卵していません。排卵は視床下部、脳下垂体、卵巣の各々のホルモン分泌でコントロールされ、その結果うまくコントロールされていれば月経も順調になります。
 排卵がうまくいかなければ精子と卵子が卵管内で出会うことができませんので当然妊娠できません。昔のような基礎体温では排卵の本当の確認はできません。
 ストレスでも排卵はおかしくなりますし、視床下部や脳下垂体からのホルモン分泌がうまくいかないか、排卵を妨げるほかのホルモンが出ているかもしれません。卵巣に腫瘍ができているかもしれません。
 30歳ぐらいからは子宮筋腫も目立ってきます。いずれにしても不妊治療希望なら不妊専門医を受診することをおすすめします。


現在35歳。結婚してから避妊をしないで3年が経ちましたが、まだ妊娠していません。不妊症かどうか調べるにはどのような検査をするのですか?

掲載日:2011年7月21日


 あなたはもう不妊症です。普通に性生活があって2年経っても妊娠しなければ不妊症です。
 不妊症の原因にはいろいろありますが、結論からいうと、検査では根本的、本質的な原因はわかりません。なぜなら妊娠の現象は卵管内、子宮内のミクロの世界でおきています。
 レントゲンでも超音波検査でもわかりません。見かけの原因には精子、卵巣、卵管、子宮の障害が考えられますが、ミクロの本質的原因はピックアップ障害(卵子がうまく卵管に入れない)、受精障害、卵の問題、着床障害があげられます。男性は睾丸でいつでも新しい精子が作られていますが、女性は、卵巣で卵が作られているわけではなく、出生時にすでにある限られた数の分化した原始卵胞からスタートし、年齢と同じだけ年をとった卵細胞が妊娠の主役になります。
 そのため女性は年齢とともに妊娠率が下がり、流産率が上がります。


幼少の頃から股をさわる癖があり(机の角や手で)、大人になっても治りませんでした。今考えると、それが卵管をつまらせる原因でもあったのかなと思うのですが、関係ありますか?あと、自分に子どもができたとき、同じことをしないか、もししてるのを見たとき、どう接したらいいのかわかりません(私は母親にすっごく怒られました)。

掲載日:2011年7月12日


 結論から言うと股を触る癖で卵管は詰まりません。全く関係ないと思います。いずれにしても悪いと思って悩むことのほうが精神的に悪いかもしれません。物心がつく前に癖になるのは問題かもしれませんが、大人になってからは正しいオナニー、マスターベーションは必要と言われています。正しいというのは、普通の性交の準備という意味で間違ったマスターベーションは刺激が強すぎて正しく性交できない、性交で快感が得られないということにつながり、夫婦生活に支障が出ます。

 現在、間違ったマスターベーションで多くの男性が腔内射精ができなくなっています。私は触ること自体悪くないと思っています。むしろ、すごく叱られたことがトラウマになっているかもしれません。そんなに悩むことではないと思います。


31才結婚して半年ほどです。21才で1人出産し、離婚。その後2回中絶をしています。その後は、結婚を前提としたお付き合いだったので、避妊をしないでいましたが一向に妊娠する気配がなく、今に至っています。思い当たることとして、2年前に骨盤内腹膜炎を、17才のとき月経から貧血を起こし、1600ccの輸血を受けました。あと、トリコモナスに感染し半年ほど繰り返し発症しました。このことと今の不妊と関係があると思いますが、妊娠は可能でしょうか。また、治療をするとなれば、どのようなことをするのでしょうか。教えてください。

掲載日:2011年7月12日


 骨盤内炎症のために卵管がつまっていたり、卵管の周囲が癒着していたりする可能性がありますので、まず、子宮卵管造影検査をすべきと思います。
 10年前とくらべれば、妊娠のしやすさは2分の1~3分の1ぐらいになったと思います。少しずつ精液検査やその他の検査や治療をすすめていくべきでしょう。


3年前、体外受精により第1子を出産しました。そろそろ次の子どもがほしくなり、第1子を体外受精した病院に行ったところ、この3年の間に卵管に水がたまっていて、体外受精でも妊娠は難しいといわれました。第1子出産前に、クラミジアによる卵管閉鎖により、卵管開口の手術を受けています。私のように卵管に水がたまっていると体外受精でも妊娠は難しいのですか?

掲載日:2011年7月12日


 開口術をしたところが簡単に閉鎖したという事でしょうか?
 卵管水腫の場合は水腫の程度にもよりますが、体外受精でも妊娠率が低くなります。全然妊娠しなくなる訳ではなく、低くなるだけです。水腫の中の炎症性の液が腹腔内へ出ていけず、子宮内へ逆流するので着床の妨げになると言われています。


1人目を出産した時に卵管が通っていても出産後、何かの影響で卵管がつまってしまうことはあるのでしょうか?

掲載日:2011年7月12日


 卵管が普通で詰まることはまずありません。
腹膜炎とかクラミジア感染や帝王切開等の手術後の癒着以外はほとんど心配ないと思います。


私は以前からカンジダ膣炎にかかっていて、病院に行ってもすぐに再発してしまいます。申し訳ないことに、主人にもうつしてしまったようです、やはりこのことが、不妊の原因でしょうか?いずれ体外受精も考えていますが、完治してからの方がいいのでしょうか?

掲載日:2011年7月12日


 あまり心配ないと思います。カビがいるからいけないのではなく、カビはいつでもいるのですが、膣には抵抗力があるので、普通カンジダ膣炎にはなりません。
 膣の抵抗力が弱いときに膣炎になります。膣の抵抗力というのは膣の酸性度です。抗生剤を飲んだとき、雑菌がついたときなどに酸性度が落ちます、また糖尿病などがあっても抵抗力は落ちます。気にしすぎて洗いすぎても酸性度が落ちてよくありません。完治を考えない方がよいでしょう


性器がかゆい、おりものがいつもと違った匂い、オシッコがいつもより濃いですが、病気でしょうか?

掲載日:2011年7月12日


 かゆいのはカンジダ膣炎と思われます。かゆみが続けば受診をおすすめします。

 オシッコがいつもより濃いのは汗をかいて少々脱水ぎみでしょうか?十分水分をとって様子をみてください。


私は夏になると婦人科系の調子が悪くなります。去年は生理が50日来ず、2年前は不正出血で卵巣機能不全を診断され、そのまた何年か前にはクラミジア(悪い菌はいないって言われました)になりました。予防法はありますか?今、夏になってきたので病気にならないか、妊娠出来ないのではと不安です。

掲載日:2011年7月12日


 季節的に生理がある時期、来ない人はいますが、あまり気にしない方がよいと思います。クラミジアは感染症ですので、夏は性的な感染が増えるかもしれません。
 いずれにしてもあまり、夏だからという事で心配しなくてもよいと思います。


LH-RH検査を受けた結果、多嚢胞性卵巣と診断されました。クロミッド・HMG注射をしましたが、卵は13mmぐらいから大きくならず、いったん生理を起こさせてこれからホルモン療法を考えましょうと言われました。ホルモン療法の副作用が心配ですが、大丈夫ですか?(27才)

掲載日:2011年7月12日


 多嚢胞性卵巣については、体外受精の時は注射で排卵させるため、卵が多くなりすぎる事はありますが、それほど問題になりません。現在ではメトホルミンやGnRHアンタゴニストを使って以前より、より安全に卵をとることができるようになっています。

 ホルモン療法で本当に体がついていけないなら、妊娠のホルモンの変化には耐えられません。心配いりません。


今、不妊治療をしています。25歳既婚者です。排卵障害、PCOが原因だそうです。薬の治療・注射の治療をしましたが、どれもいい結果は見られず、この間、病院に行ったときに、体外受精か腹腔鏡で焼いていく手術のどちらかを次来る時までに考えてきて欲しいと言われました。始めは、とてもショックで、もっと違う方法はないんだろうかと考えてしまいました。でも、今は腹腔鏡の手術を考えています。先生の所ではこの手術やっていますか?PCOは、歳を重ねる事によって、だんだんと悪化して妊娠しづらくなると聞いたのですが、もし、腹腔鏡の手術

掲載日:2011年7月12日


 私に言わせればかなり認識が間違っています。PCOの治療で、もっと排卵するよう努力すべきと思います。昔はステロイドや勢薬甘草湯がよいとされていました。PCOなら今現在の漢方の選択もよくないと思います。現在はメトホルミンやアロマターゼ阻害剤も使われるようになりました。

 卵が育つには、約80日かかります。完全に排卵しないPCOなら、3ヶ月かけて排卵させる事もありますし、排卵しはじめれば、より排卵しやすくなってきます。現在、来月、再来月の排卵のための卵は育ち始めています。注射やクロミッドに反応する前に、その準備として約2ヶ月の助走が必要と私は思います。

 OHSSの心配が必要なくらいの刺激は、時には必要です 私は15年くらい前に名大で腹腔鏡で卵巣の表面を焼く手術を、PCOの治療として実際やっていました。しかし、今はすすめません。結局卵巣の原始卵胞を少なくし、卵巣の寿命を縮めます。どうしてもダメなら体外受精の方を選択してください。

 25才でそんなに焦らずに、まず医者選びをしてください(病院選びではありません)。本当によく治療の事を知っている専門家に、治療してもらってください。


多嚢胞性卵巣症候群と診断されましたが、排卵日に狙いトライした場合、妊娠する可能性はありますか?

掲載日:2011年7月12日


 多嚢胞性卵巣症候群は、たまにしか排卵しません。可能性はありますが、自然では低いと考えてください。


33才の主婦です。結婚して5年が経つのですが、子どもが出来ません。生理も特に不順って訳ではないし。とりあえず検査してもらおうと思って、先週病院に行ってきました。先生からは「排卵しづらい。男性ホルモンが多い」と言われました。後、[右の卵巣に卵が9個、左に]11個ありますね」とも言われました。それってやはり排卵してないのでしょうか?

掲載日:2011年7月12日


 多嚢胞性卵巣症候群で排卵しにくいと思います。自分では排卵しているつもりでも、多くの場合無排卵です。5年も妊娠しないのは異常です。

 普通、卵巣からは左右交互に原則的に毎月1回ずつ排卵されます 排卵しにくい体質ですので、子どもが欲しいなら治療が必要です。主治医と相談し、治療をすすめてください。


1  2  3  4  5 最後へ