不妊症・不妊治療について

不妊症の目安は結婚して1年

 よく「結婚して3年たちますが」「5年たちます」といって、「まだ子供ができないのです。不妊症かどうか検査するためにはどうすればいいですか」と聞く方がいます。
 残念ですが、答えは「検査などしなくても、もうとっくに不妊症です」ということになります。
 一般に結婚を考える年齢で、避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。「避妊やめたらできちゃった」「避妊していないとすぐ次の子ができて困っちゃった」というのが自然なのです。世間一般の人の「どうして子どもをつくらないの?」という言葉―これは無神経ではあるかもしれませんが、ごく自然な質問なのです。ところが、不妊症の人は努力してもできないでいるからとても傷つきます。
 しかし、不妊症は病気ではなく、 症候群です。"症候群"というのは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉です。
 つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」というのです。ご主人の側に原因がある場合もありますが、ともかく一般的には「避妊をせずに1年たっても子供ができなければ不妊症」と定義しています。

不妊症とは

不妊症と病気の根本的な違い

症と病の違い  一般の病気は頭が痛いとかお腹が痛いとか、どこか腫れているとか、何か症状があって、それに従って検査をし、原因が判明し、診断がつき、診断に従って治療をします。
 しかし、不妊症は根本から違います。痛みも不快感もなく、検査でわかることはあまりに少ないため、原因の特定が難しいのです。精子も卵子も異常がないのに受精できない時もあるし、細胞分裂しないこともあります。排卵があっても、卵子が入っている袋(卵胞)の中の卵子がすでに変性していることもあります。
 ですから、不妊症の原因に関しては、妊娠に至る過程の段階での何らかの障害があると想定します。それを排卵障害とかピックアップ障害、受精障害、卵管障害、着床障害といった呼び方をします。
 また、卵自体の問題もあります。卵の質が落ちていて、赤ちゃんまでいけない卵、染色体異常がいっぱい発生する場合もあります。
 妊娠できないのはなぜか、どこが悪いか、何が原因か、多くの方はそういうことを気にします。しかし、不妊症に関しては、検査の結果は正常だったり、仮に何か見つかっても、本当の原因までは特定できないことがほとんどです。何かしらの原因があって、そのプロセスで障害が起きているのですが、今の医学ではまだ全部解明させていないのです。

結果を見て判断するステップアップ治療

治療の流れとしては、まず基本検査をします。そして基本検査で異常が見つからなければ、排卵と射精のタイミングをより正確に合わせるタイミング療法をします。
 だいたい半年をメドに、結果が出なければ次は排卵誘発(卵巣を刺激して卵胞を多く 成熟させる)をするという具合に、手段を変えていきます。それを「ステップアップ治療」と呼んでいます。
 それでも結果が出なければ、人工授精(精子を子宮に入れる)→体外受精(卵子に精子をふりかける)→顕微授精(卵子の中に精子を入れる)と、手段や方法をより高度なものに変えていきます。
 そこで妊娠すれば、その段階で何らかの障害をクリアしたということです。
 ステップアップ治療というのは、ある治療をして、それに対して結果が出るかどうかで判断するもので、他の病気の治療とは根本的に違います。どのくらいで次に進むかはドクターや患者さんによりいろいろですが、一般的に5~6周期でステップアップし、2年以内に結果を出すことが望ましいとされています。
 体外受精や顕微授精が行われるようになってから、不妊治療はずいぶん変わってきました。新たな治療が出てきたために、それまで見えなかった原因が見えてきたり、また障害がクリアできるようになりました。
 体外受精で卵子をとってきて精子をふりかけると、受精障害が分かります。卵が元気かどうかもある程度判断できます。
 顕微授精では受精障害もクリアできます。ピックアップ障害も受精障害も、原因は依然不明ですが、障害はクリアし、受精は成立して、自然妊娠と同様に、ちゃんと健康な赤ちゃんが生まれてく育っています。
 つまり原因はわからなくても障害はクリアできるようになったわけです。
そういう意味では、本気で子供を望んでいる人、結果がほしい人には、とても良い時代になっています。

不妊治療のステップアップ治療


次は検査でわかること、わからないこと

               
ページトップ

               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報
待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ