不妊症・不妊治療について

ステップ4 不妊治療の方法について

不妊症の治療

不妊の治療方法はいくつもあり、不妊の原因によって治療内容も変わってきます。
ここでは代表的な治療方法を紹介させていただきます。

タイミング法

タイミング法 一般的に最初に用いられる治療方法になります。
粘液(おりもの)の状態や卵胞の大きさ、血中値などから排卵日を正確に把握し、その日に夫婦生活を営んでもらう事で自然妊娠を目指す方法です。
また、排卵がない場合や、排卵の状態がよくない場合には、卵胞の発育と排卵をうながすよう、排卵誘発剤を併用する方法もあります。

人工授精

人工授精は、人の手を介して男性の精液を女性の子宮内に注入する方法となります。

人工授精は名前からも人為的に妊娠させる印象がありますが、実際は、人の手を介して手助けを行う方法の中で、最も自然な方法なのです。

人工授精は、次のような方が対象になります。

  ・ヒューナー(フーナー)テストが良くない場合
  ・夫婦生活を排卵日に行ってもなかなか妊娠しない場合
  ・精子に不妊の原因があると考えられる場合など

体外受精

体外受精 体外受精とは、文字どおり体の外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法です。

体外受精は、以前は高度な不妊治療でしたが、最近では一般的な治療方法の一つになってきています。体外受精の一種が顕微授精です。

体外受精は、次のような方が対象になります。

  ・一定期間人工授精を行ったが妊娠しない場合
  ・精子に不妊症の原因があると考えられる場合
  ・不妊症の原因が卵管の閉塞が原因の場合など

顕微授精

顕微授精とは、体外受精と同じように体外で受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法ですが、受精の方法に違いがあります。

体外受精では、あくまでも精子の力に頼って受精をさせますが、顕微授精はガラス管等を使って精子を卵子に注入させ受精させます。
体外受精よりもより人工的に人の手を介した方法となります。

顕微授精は、次のような方が対象になります。

  ・体外受精でも授精しない・しにくい場合
  ・精子の運動性不良・奇形精子の割合が高い場合
  ・受精障害をひきおこすと考えられる抗精子抗体が存在する場合など
顕微授精

不妊の悩み


次は不妊症ってどういうこと?

               
ページトップ

               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報
待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ