不妊治療の用語集

アンタゴニスト法(調節卵巣刺激法)

アンタゴニスト法とは、調節卵巣刺激方法の一つです。
 ショート法やロング法と違って点鼻薬を使わず、月経3日目からFSH製剤やHMG製剤を注射し、卵胞がある程度発育してきたらGnGHアンタゴニストを注射する事で、採卵のタイミングを調節する方法です。
 アンタゴニスト法は日本に導入されてまだ4年ほどの新しい方法ですが、浅田レディースクリニックでは、薬剤を個人輸入し、10年前より使用していました。
 GnRHアンタゴニストは、多嚢胞性卵巣症候群や、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こしやすい方にも使いやすいという、メリットがあります。

お知らせのカテゴリ

               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 浅田義正書籍 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報
待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ