不妊治療の費用と料金

 料金は名古屋駅前クリニック、勝川クリニック共通になります。

人工授精 料金表

※料金は全て税抜表示です。

人工授精 18,000円
  ※各種検査、診察料、薬剤などを除く
    各種検査等の料金表はこちら

体外受精・顕微授精 料金表

・体外受精・顕微授精は、卵巣刺激方法、採卵方法、採卵個数、受精方法等が個々に異なる為、同様に個々に料金が異なります。
・体外受精・顕微授精には各種検査が必要です。各種検査の料金表はこちら
 また、卵巣刺激製剤や注射手技料等は別途必要です。卵巣刺激製剤や注射手技料等の料金表はこちら
・お支払いにはクレジットカード(VISA、Master Card、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、UFJ Card、NICOS、MUFG Card、DC Card、DISCOVER、J-Debit)が使用できます。詳細はこちら
・料金は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
・料金は全て税抜表示です。

体外受精(クロミフェン採卵・全凍結)

※胚移植料金は含まれておりません。
※料金は全て税抜表示です。

体外受精
(クロミフェン採卵・全凍結)
222,000円~
  ※詳細は下記内訳をご参照の事

内訳

内容 金額・備考等
卵巣刺激 約30,000円
  ※刺激方法により料金が異なります
採卵 約127,000円  (採卵、麻酔、培養基本料、再診料、薬等含む)
  ※使用する注射、薬により異なります
授精操作等 65,000円~  (精液処理、授精操作、前核期1本凍結を含む)
  ※採卵個数、受精方法により料金が異なります。詳しくはこちら
その他料金
無麻酔の場合20,000円減額
凍結精子使用の場合15,000円加算
前核期凍結保存追加10,000円加算(追加一本毎に)
胚盤胞凍結保存がある場合20,000円加算(1本目)
10,000円加算(2本目以降1本毎に)

体外受精(クロミフェン採卵・全凍結)のモデルケース
 クロミフェン採卵・全凍結で採卵数2個の場合
 卵巣刺激料 約30,000円 + 採卵 約127,000円 + 授精操作等 70,000円 = 合計 約227,000円
※モデルケースはあくまでも一例にすぎませんのでお気を付けください。
※モデルケースの費用は、税抜価格での概算表示です。
  概算ですので金額が前後する場合がございます。御了承ください。

体外受精(全凍結)

※胚移植料金は含まれておりません。
※料金は全て税抜表示です。

体外受精
(全凍結)
322,000円~
  ※詳細は下記内訳をご参照の事

内訳

内容 金額・備考等
卵巣刺激 約150,000~200,000円
  ※刺激方法により料金が異なります
採卵 シリンジ方法(※2) 約127,000円  (採卵、麻酔、培養基本料、再診料、薬等含む)
ポンプ方法(※3) 約170,000円  (採卵、麻酔、培養基本料、再診料、薬等含む)
  ※使用する注射、薬により異なります
  ※2 シリンジ方法:卵胞数が少ない、あるいはフラッシュを必要とする場合。
  ※3 ポンプ方法:卵胞数が多い場合。
授精操作等 45,000円~  (精液処理、授精操作を含む)
  ※採卵個数、受精方法により料金が異なります。詳しくはこちら
その他料金
凍結精子使用の場合15,000円加算
前核期凍結保存がある場合50,000円加算(1本目)
10,000円加算(2本目以降1本毎に)
胚盤胞凍結保存がある場合50,000円加算(1本目)
10,000円加算(2本目以降1本毎に)

体外受精(全凍結)のモデルケース
全凍結で採卵数10個(成熟卵10個)の場合
   卵巣刺激料 約150,000円 + 採卵(ポンプ) 約170,000円 + 授精操作等 90,000円 +
   前核期凍結1本 50,000円 + 胚盤胞凍結2本 30,000円
                                       = 合計 約490,000円
※モデルケースはあくまでも一例にすぎませんのでお気を付けください。
※モデルケースの費用は、税抜価格での概算表示です。
  概算ですので金額が前後する場合がございます。御了承ください。

凍結胚融解胚移植

※料金は全て税抜表示です。

凍結胚融解胚移植 128,295円~
  ※詳細は下記内訳をご参照の事

内訳

内容 金額・備考等
内膜調整 約20,000円(診察料、薬等を含む)
  ※薬により料金が異なります
胚移植 108,295円(前核期胚融解D3移植の場合)
118,295円(前核期胚融解D5移植の場合)
98,295円(胚盤胞融解胚移植の場合※)
     ※2本融解する場合は20,000円追加
薬追加分 約10,000円

凍結胚融解胚移植のモデルケース
前核期胚融解胚移植(3日目)の場合 約138,295円
前核期胚融解胚移植(5日目)の場合 約148,295円
胚盤胞融解胚移植の場合        約128,295円

※モデルケースはあくまでも一例にすぎませんのでお気を付けください。
※モデルケースの費用は、税抜価格での概算表示です。
  概算ですので金額が前後する場合がございます。御了承ください。


精子凍結保存

※料金は全て税抜表示です。

凍結手技料 5,000円
凍結保存料(1年) 30,000円(1ケーンあたり※)
※精子や卵子は「ストロー」と呼ばれる容器で凍結され、その後「ケーン」と呼ばれる保管専用容器にて保存されます。1つのケーンで最大10本のストローが保存できます。

治療等のリスク、副作用等に関する事項

①卵巣刺激に伴う卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発生
成熟した卵子を多く採取するために排卵誘発剤の投与により卵胞が過剰に発育し、黄体期に卵巣腫大、腹水貯留等によりさまざまな病状を呈する症候群です。胃痛・腹部の圧迫感・不快感から始まり、進行すると悪心・嘔吐、下痢、乏尿、呼吸困難、血液濃縮による血栓症が起こることもあります。この症状は、卵巣の反応性が良く卵胞がたくさんできた(卵子がたくさん採取された)場合や妊娠された時に強い症状を呈することがあります。

②治療に使用する薬剤等によるアレルギー、嘔吐等の副作用の発生
当院では採卵中の痛みを除去するために全身麻酔(静脈麻酔)を行います。麻酔に対するアレルギー・嘔吐などの身体症状が出る場合があります。
また排卵誘発剤のためのホルモン注射や内服薬、その他薬剤によるアレルギー(アナフィラキシーショック)が起こる場合もあります。

③採卵後の腹痛や炎症
採卵操作では、卵巣内の卵胞に針を穿刺するため、膣内だけでなく卵巣穿刺部より腹腔内へ出血する可能性があり、腹痛の原因となることがあります。通常は、痛み止めを使用するほどの痛みはなく、安静の必要性はありませんが、個人により強い症状が出ることもあります。

④多胎の発生
移植胚の数を増やすことは、多胎(双子・三つ子以上)の発生頻度を高くさせます。多胎妊娠での問題点は、胎児数が増加するほど妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症、流産、早産、低出生体重児、周産期死亡、後遺障害などの増加です。

⑤先天異常、遺伝的リスク
現在までのところ、胎児異常の発生率や出生児の発育は、自然妊娠と変わらないと報告されています。

⑥卵子が採取できない、受精しない、分割しない、また治療した全ての方が妊娠するわけではありません。

費用・料金に関する注意事項

料金は全て税抜表示です。
・保険点数、薬価改正により変更する事があります。
・費用は、保険と自費があり、検査回数や目的などで保険か自費かが異なります。



人工授精・体外受精・顕微授精の料金表
凍結胚融解胚移植の料金表
精子凍結保存の料金
不妊治療の各種検査料金表(女性)
不妊治療の各種検査料金表(男性)
調節卵巣刺激の料金表
体外受精(クロミフェン採卵・全凍結)の授精操作等の料金表
体外受精(全凍結)の授精操作等の料金表

               
ページトップ