培養研究部 医療情報処理のお仕事紹介

培養研究部 医療情報処理 紹介

データの面から患者さまの治療に貢献する

培養研究部 医療情報処理のお仕事紹介1

患者さまの治療記録はほぼシステム化されデータで管理されています。
医療情報処理はデータの面から患者さまの治療に貢献する役目を担っています。

培養業務の現場に立つ

培養研究部 医療情報処理のお仕事紹介2 医療情報処理は普段培養室で業務をおこなっています。培養室には不妊治療の中心になる卵子や精子が日々扱われ、患者さまから採取された卵子が受精しているか、受精卵がどのように成長しているかということを胚培養士が観察しています。そして、胚培養士が評価した内容をシステムに入力をしています(上記写真参照 左側:胚培養士、右側:医療情報処理スタッフ)。
また、受精操作や人工授精に使用する精子処理も胚培養士が検査をおこない、医療情報処理が所見をシステムに入力しています。
培養研究部 医療情報処理のお仕事紹介2 現場では安心安全な医療をおこなうために患者氏名の確認が重要になります。培養室では作業を始める前に二人のスタッフで患者氏名の確認をおこなっており、患者氏名の確認も重要な業務になります(上記写真参照 左側:胚培養士、右側:医療情報処理スタッフ)。
またその他の業務として受精卵の凍結に使用する容器に識別番号の記載やバーコードラベルの発行をおこない準備をしたり、精子処理に使用する培養液の準備もおこないます。

患者さまへ報告

採卵(卵巣から卵子を回収する)後や移植(受精卵を子宮に戻す)の際は医師やコーディネーターが患者さまに結果を説明し、報告書を渡しています。患者さまに渡される報告書を作成しています。

データで示す

毎日入力される治療記録を集計し、データを出しています。データには定期的に出しているものやその都度出しているものなど様々なものがあります(当院HP「治療実績」)。
定期的に出しているデータとして受精率や妊娠率があります。定期的にデータを出すことで治療技術が常に一定の水準を維持できているか確認する指標になっています。もし成績が下がるようなことがあれば原因を追究し、改善していきます。
その都度出しているものには学会発表や各種申請書類に記載するデータがあります。学会は国内だけでなく、海外でも発表されます。医療情報処理が出したデータを医師や胚培養士がまとめ発表し、賞を得たこともあります。

凍結管理

当院では全胚凍結(受精卵をすべて凍結し、子宮内膜を整えてから移植する)をおこなっています。そのため培養室では多くの患者さまの受精卵や精子を凍結保存しています。
凍結保存している受精卵や精子は一年ごとに保存期限を更新しており、更新に関する手続きを医療情報処理でおこなっています。

医療情報処理に求められること

患者さまの治療記録を正確に入力する必要があります。間違えて入力すればそれが患者さまの記録として残り、出したデータも違うものになります。
医療情報処理のスタッフは大学や前職などで経験のあるスタッフはいません。不妊治療の知識も入職して一から学んでいます。
記録を正確に残すことと、必要なデータを的確に出すことが求められています。
また、医療情報処理は患者さまと直接接する機会がほとんどありませんが、データの先に患者さまがいることを忘れてはいけません。

医療情報処理の今後

以前は治療記録を紙で管理していましたが、現在はほぼシステム化されています。そのため扱えるデータの量も種類も大幅に増えています。
今まで出せなかったデータが出せるようになったため、どのようにデータを出し、治療に還元できるようにしていくかが今後の課題になります。

~医療情報処理の一日~

8:15

◎胚培養士が観察した受精の有無や培養中の受精卵の成長具合をシステムに入力。
◎受精卵を凍結保存するための容器の準備(識別用の番号記載やバーコードシール貼り付け等)。
◎胚を移植する(戻す)患者さまに提出する報告書の作成。


10:00

◎当日使用する精子処理の準備や胚培養士が検査した所見をカルテに記載やシステムに入力。
◎患者さまの氏名の確認等、胚培養士と共に安全に確実に作業を進めていく。


12:00~

◎受精卵の培養がすべて終わった患者さまに提出する報告書の作成。
◎受精率や妊娠率など毎月の報告の集計。
◎各種資料に使用するデータの作成
 ・学会発表
 ・市町村や所属学会等に出す申請書
 ・HP等
◎凍結保存している受精卵や精子の保存期限の管理。
◎治療データを蓄積しているシステムの管理(要望の整理やシステム会社との連絡等)。